アメノチハレ

都志見隆の果てしない日々の日常

お題

2017年08月19日 | Tsushimi Takashi
まるで梅雨の時期のような8月

ちょうどお盆で帰省する時期の広島は
到底クーラーなしでは過ごせないほどの酷暑だろうと
しっかり心構えしていたにもかかわらず
確かに日中の気温は高いが
午前中などは見事に涼しい風が吹くのである。

今年は両親ともに夏風邪に見舞われて
体調を崩しながらも、なんとかご先祖のもとに
出向くことができた。



さて、今回のお題は「お題」。

日々の細かなことから、
人生の大きな流れの中においても
いつも何かのお題が与えられている。

人生は選択の連続だという言葉があるように
時には自らお題を設け はたまた
時には人からお題を与えられ
それが日々生きるためのエネルギーに
なっていると思う。

僕の仕事といえば、
発注をいただいて曲を書くというのが
ほとんどの場合だが
たまに、苦手なものや え〜っ。。というような
無理難題をリクエストされるものもある。

得意なものやこれまでのような匂いのするものは
それはそれでまた難しさもあるのだが
実は無理難題や一見面倒臭く感じるお題の方が
結果的にいい作品になる場合が多い。

言わば、そのようなお題こそが
新作へのヒントであり 自らの経験値を
積み重ねてゆく事にもつながる。

こちらの持論で片付ける前に まずは正面から
その無理難題に当たってみるというのも
この歳になってみると 案外居心地がいい。

繰り返すがそこに
大事なヒントが隠れていたりするのだから。

P.S
コメント楽しく拝見しています。
ありがとうございます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暑中お見舞い申し上げます | トップ | ラジオ深夜便9/9出演回 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
グランドピアノ (ayumi)
2017-08-21 20:42:56
都志見先生、こんばんは。

先日、ある機会を頂き、作曲家の井上武士さんが愛用されていた、グランドピアノを直接見ることが出来ました。

そのピアノの説明には、皆さんに触っていただけるようにと記されており、しかしさすがの私も(笑)ふたを開けポロロンと弾くようなシチュエーションでは全くなかったため、そっとピアノと椅子に触れさせて頂きました。

その時、手のひらに私なりに想いを込めさせて頂き、私はその場所からしばらくの間、離れられませんでした。離れたくありませんでした。。。

小さい頃から誰もが耳にした楽曲、うみ、チューリップなどなど。。

・・・私は、あえてジャンルというくくりをするなら、ジャンルをこえてそれこそムード歌謡、演歌、童謡、ポップス、歌謡曲。。それをこえて人々の耳にのこる、そんな曲を作る。

と、あらためて強く強く感じた一日でした。

今は(少し世間的には早い?ですが)クリスマスソング作成中です。メロディーは、四半世紀前に作ったものですが。
クリスマスに向けてがんばるぞー

長文大変失礼いたしました( ;∀;)

2017.8.21
横澤亜由美



いつも楽しみにして、読ませて頂いております。 (会津の平ちゃん)
2017-08-25 22:28:53
都志見隆様、お久し振りにコメントさせて頂きます~。
無理難題な注文の方が、後からやはり何かそれまでに無かった、自分の新しい面が引き出されたりして、反って良い作品が造られたりされるものなのでしょうね~。

私等は、職業は違えど・・・
面倒くさいとか、ちょっと嫌だなとか感じる仕事に向かうと、直ぐに遣ってしまった方が、後々はスッキリして一日を終えられるなと思い行動してしまいます。

6月にshifo さんのアルバムを買いまして、毎日の様に聴いております~、🎵オキナワのともだち、凄く素敵な作品なので、早くからカラオケで配信されないかな~って思っております!

益々の活躍をいつも祈っております~(^^)

隠れ都志見ファンより。
大好きな曲 (❤️nippara❤️)
2017-09-18 05:30:16
初めまして!nipparaと申します。広島市東区牛田出身で現在は徳島に在住しております。
工藤静香、中森明菜.....ファンの主人の影響で
都志見さんの曲を知るようになりました。

昨日も工藤静香さんの【あじさい】を久しぶりに聴き、私の中の不動1位の曲‼️と認識しました。

また、この曲の作成について、どのように発想されたか等、伺えたら幸いです❤️

コメントを投稿

Tsushimi Takashi」カテゴリの最新記事