アメノチハレ

都志見隆の果てしない日々の日常

あの〜やっぱり

2017年02月28日 | Tsushimi Takashi
よく行く船宿のおかみさんに
今年は恵方巻き食べたんですかって訊いたら
「あれは西の方の習慣でしょ?
こっち方じゃあ食べないよ。
とにかくこの時期だけ異常に高すぎるしね〜」って。

西の方にそんな習慣があったなんて
僕自身も知らなかった。

普段から巻き寿司や助六が好きでよく食べているので
我が家も最近は特に食べたりしなくなった。

時間は容赦無くすぎて明日からもう三月。



         

さて 最近ラジオなどに呼んでいただくことも増えたのだが
なぜだか収録の時よりも実際のオンエアーを聴くのは
特に恥ずかしさを覚える。

写真を見て自分の顔はこんな風なんだと改めて思うように
自分の声や喋り方も同様に
明らかに自分がイメージしているそれとは違うのだ。

先日オンエアされたものがradikoで一週間ほどの期間内で
再聴できるというので
恐る恐る聴いて見た。

決められた時間内でのトーク
「え〜あの〜やっぱり〜」が非常に多い。
おそらく え〜あの〜と間合いをとって
話す内容や言葉を組み立てているのだろうけど
喋ってる総量から、全ての「あの〜やっぱり〜」を取り除いたら
リスナーにとってどんなに聴きやすいことだろう。
無駄が多いのである。

収録では編集してもらえるが、生放送ではそのまま裸のtalkである。
喋り方に対して普段からの意識や訓練の必要性を痛感した。

隣の友人は30もの魚を釣るのに
その真横で釣ってる僕に魚はなかなか食いつかない時がある。
船長曰く
「何か無駄な動きが多いんだよ」

作曲もまた然り
今の時流がどうであれ
極力音数を減らした無駄な言葉を詰め込ませない作品の仕上がりに
意識を集中したいものである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元気 | トップ | カモメが翔んだ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む