アメノチハレ

都志見隆の果てしない日々の日常

元気

2017年01月31日 | Tsushimi Takashi
門前仲町と言えばこれまで女房の実家のご先祖のお墓参りに行く程度だったが
今年も明けてお誘いをいただき久々にまた門仲で飲んだ。

もうかれこれ25年になると聞いて改めて驚く。
前川清さんに書いた「男と女の破片」がリリースされたのが1991年
その当時のメーカーのスタッフの方達や
お世話になっている社長さんたちが集まった。


-辰巳新道-

最後に会ったのが25年前って。
久しぶりって言葉もちがうし、ご無沙汰ってのもなんとなく当てはまらない
四半世紀という時間を経てまたこうして訪れる出会いの妙。

当時のレコーディングの話とか作品をとりまく宣伝や営業の裏話とか
制作のこと以外で今はじめて耳にする話も多い。
「男と女の破片」という作品は実はレコーディングを2度した。
一度目に録ったものよりテンポをあげて、キーを1音あげて録音したものが
いわゆる最終形となったのだ。もちろんアレンジも質感もちがう。
曲が売れたら、そんな話も制作秘話となる。

僕の両親と同じような世代の名物社長達が
プロダクション当時の苦労話や裏話をなつかしそうに話す。
作品だって歌手だって、売れて世の中に知られてこそ
それに携わる多くの人達が幸せになるのだ。
曲を売るため タレントを守る為に奔走した数々の武勇伝は
現代ではギリギリの内容も多いかも知れないが
エネルギーはむしろそんなところから発生する。
まさに元気な時代だった。

元気というのはイコール健全ということではない。
人間だって、健康だけど元気がない人 
身体は病んでいながら
それでも元気な方は沢山いるのだ。
鉾先は違えど、
わるさも元気の一部である。

そんな方たちの中にいると、
もう少しで60歳になろうとする自分など
結局まだまだヒヨッコなのよねと潔く納得できてしまう。

僕などはもっと元気にならねばならんと思うわけである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  The Mary Tyler Moore Show  | トップ | あの〜やっぱり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む