アメノチハレ

都志見隆の果てしない日々の日常

おめでとう!

2016年09月27日 | Tsushimi Takashi
この年齢になるとそれなりに予期せぬ訃報も少なからず届く。
一方では、結婚や出産といった吉報も多い。
もちろん同世代の友人達のその息子や娘達の話だが。

相手の応えを急がない時 そして急がせたくない時は
ほとんどがメールやメッセージなどのSNSを使ってやり取りしているので
そんな相手からたまに夜遅く電話が鳴ると一瞬ビクッと構えてしまう。

最初に頭に過るのは、やはり誰かに不幸があったとかそういう事だが
おそるおそる電話に出て相手の第一声のトーンを確認
ホッと胸をなでおろした。

広島時代から一緒に歩んで来た友人の息子が結婚するので
是非ビデオレターを撮ってほしいという内容だった。

もちろん My Presserよ!

と快く引き受けたのはいいのだが
いざとなってみれば
やれ、髪型はどうしよう 着るものはどうしよう どこで撮影しよう
BGMは何がいい 下書きをしようか など
一本のコメント録りの前に やらなければならない事が多すぎである。
というか 物事をそういう風に感じて捉えてしまう言わば性分なのだろう。

だから疲れる。

サッとiPhoneをセットして、お祝いの言葉を述べて それっを送ればいいだけなのに。

何度も台詞を噛みながら七転八倒したあげく、何度目かでとりあえず完了。

あれほどメッセージはコンパクトにと言われていたのに
終わってみればまだ長い。

案の定長くなったから、適当なところで切って使ってくれとメッセージを添え
ええい!と送信ボタンを押した。

朝起きたら、友人からメッセージが入っていた。

長いのではないか、内容的にどうか、だいぶ年取ったねと言われるのではないか
ニヤケていたのではないか という僕自身の懸念材料は吹っ飛んだ。

「ありがとう。昔の事もいろいろ思い出して涙が出そうになった。
息子もきっと喜ぶと思うよ。落ち着いたら飲みに行こう」と あった。

彼も僕も18歳 広島から音楽やるためにお互いに東京を目指してから40年が経った。
自分達自身のために選んだ音楽という職業で
いつしか人に喜んでもらえることに心から喜びを感じれるそんな歳になった。

息子が生まれた!と友人の下丸子のアパートに会いにいってから30年
のちに娘さんも授かって彼女ももう20代半ば。

あの時志した音楽の道で二人の子供を立派に育てて来た。

凄い事じゃないか。息子の結婚はもちろんだが
そんな親になった君をもっと讃えたい。

本当に本当に おめでとう!                





コメント
この記事をはてなブックマークに追加