アメノチハレ

都志見隆の果てしない日々の日常

旅先から

2017年03月27日 | Tsushimi Takashi
最近は割とマメにスポーツクラブで汗を流している。
今のところ長続きしていると言っていい。

今はランニングマシーンにテレビもついていて
なかなかいいねえ飽きないねえとつぶやいたら
友人が、「そんなのもうだいぶ前からあるよ」と。。

バイクのペダルを漕ぎながらメール打ってる人もいる。

ピアノに向かって ない頭をひねっているよりも
スポーツクラブで曲をスケッチする方がアイデアが出そうだが。

作曲はできるだけ予定調和を裏切りたい。 
ある意味 流れに逆らってみたりすることでバランスがとれれば
むしろそんな楽曲がもっといい。

汗といっしょに先入観や固定観念をながして
仕事場で石のように固まった頭をリフレッシュ出来れば
スポーツクラブでの役割としては上出来である。

そして運動の後は代謝が上がりビール🍺もウマいし腹が減る。
今年の目標はシェイプアップだと年頭に立てたばかりだ。
毎回運動したあとはハラヘリの現実と年間目標のシェイプアップの狭間で
どう折り合いをつけるか考える。
マシンのスピードを時速6kmから9kmに上げながら
最近世間を騒がせている森友学園関係の参議院での証人喚問をほぼ見終わり
その日の昼食は早々にビールと担々麺と決めた。


「備瀬のフクギ並木」-沖縄-

そんなランニングの最中にメールが入る。
家族でハワイのマウイ島に旅行している友人からだった。
ハレアカラ山3050mからの夕暮れから星空へ変わる眺望は
息を呑むほど素晴らしく
人生観が変わりそうだとメッセージがあった。

沖縄からは友人のアーティストShifoが数枚の写真とメッセージをくれた。
新しくリリースする楽曲のプロモーションから帰京するという内容だった。
沖縄での移動中 リリース予定の楽曲の仮ミックスを聴いていると
リバーブのウエット感が邪魔で もっと乾いた音のほうが合うとわかったとあった。
出来上がりがとても楽しみである。

彼女の送ってくれた-備瀬のフクギ並木-の写真が好きだから
無断で僕のブログに掲載する予定だと帰宅後に返事を書いた。

ウエイトトレーニングモドキをひと通りやったあとシャワーを浴びて
体重計に乗った。

               
 
体重マイナス5キロへの旅は想像以上に長い道のりになりそうである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加