Studio ORANGE's

スタジオブログ

思惑

2017-04-30 | Weblog
ゴールデンウィーク最初の日は友達のバレエの発表会を観にはるばる千葉県柏市まで…最近亡くなった友達を巡っていろんなことがあるんだな〜と思った。団体って思惑を巡って人が集まる場合が多いのだとも思った。バレエを通しての仲間なんだけどそれだけでは語れないものが多々。それに翻弄されてしまうと心や体が病んで行ってしまうのではないかと…多分、最初は純粋にバレエをやっていたはずが思わぬ方向に転じてしまうのだとも思った。世渡り上手が得をする?と…でも内容はどうなんだろうか?損得って何が基準なんだろうか…色んな世界を持つことで自分を客観視できるのだと思うけどついつい世間が狭くなってしまうのも世の常。自分を省みるチャンスが訪れる事に感謝せねば!と思った。画像はムーミンを観に行ったオーチャードホールのロビーから…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新緑

2017-04-28 | Weblog
新緑が目に優しい季節^ ^短期講座に続いて週一のロシア語講座。やはり復習も兼ねて…と言うのが身になる感じ。ゴールデンウィークはお休みなので家での自習が必要と…まとめて沢山やるよりは1日一回短い時間でも発音をする時間があった方が身になると…バレエも同じだと思った。まとめて沢山やるよりバレエに触れる時間を作ることが上達の近道だと思う。語学とダンスは近いと思う。頭で考えるだけでなく体を使って実行することが身になるのだと思う。週一回の授業だけど自分で時間を作ることでその一回が変わってくる。でも足を運ぶことも大事だ。英語もバレエを通して勉強したので体で覚えているのだと思う。何かを習得したことのある人なら時常識的に効率の良い方法がわかるはずだと思うけどそれがなかなか理解してもらえない今日この頃。悩みのタネだ!
スイカのカクテル🍸🍉を作ってもらった、美味しいけどvodkaカクテルだと翌日になって実感。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フィンランド国立バレエ団

2017-04-25 | Weblog
ムーミンのバレエで宣伝していたフィンランド国立バレエ団の公演を観にオーチャードへ!日本人は本当にムーミンが好きなのだろう…凄い人!普段はバレエなんて見ないような人も沢山来ていて一部はバレエコンサート、白鳥の湖、ドンキなどなど誰でも聞いたことがあるバレエ曲、そしてオリジナルの作品。シェエラザードはちょっと???な感じだったがとにかくテクニックがしっかりしたダンサーを揃えていて見応え充分。そして二部はムーミン、ムーミンは可愛いけど、まあ子供向けに作られたもののリメイクということで誰でもわかるストーリーとコールドバレエが盛り上げていた。ムーミンで踊るってやはり限界あるよね。でもムーミンのパドドゥとかユニークなアイディアが楽しかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モチヤ

2017-04-23 | Weblog
よくモチヤと言うけど…この一週間でそんな職人さん達に2度遭遇!最初は家具職人さん達、到底無理かと思われた巨大な机をなんと10分くらいで二階から運び出してくれた!素人だったら数時間かかって家中傷だらけになっていたことだろう。そして二件目は偶然出会った木こりさん達。流しの植木屋さん?かと思いきや多分、秩父辺りの寄木なんだとかで庭に数十年植えられている山の木をいとも簡単に枝を落としてくれた!それも2時間くらいの間に…その日は曇り➕雨だったのであまりよくわからなかったが翌日の今日、日差しが眩しい!びっくり!木には刈り込みの時期があるんだろうに…とにかく脱帽な一週間だった。でも都会で寄木に出会うチャンスってあまりないだろうに…ラッキーな一週間だった。^ ^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

A Hero of our time

2017-04-20 | Weblog
初めてLiveヴューイングへ!ちゃんとインターバルまであって劇場さながら、と言うか劇場よりいいかも…ロシアの小説家レールモントフの七つの小節からの三つをバレエにしてあるペチョーリンと言う男が全てを失っていく様なんだけどすごくわかりやすかった。ちょっとオネーギンみたいな感じだがやはりロシアの小説はロシア人に任せた方がいいのかな?と思った。オネーギンはバレエになっていてよく上演されてるけどイマイチ解釈が良く理解できないと思っていたがこのペチョーリンに関してはすごく納得が行った。と言うかロシア文学ってこんな感じなんだと思った。いわゆるヒーローではなく愚かな男を題材にしていわゆる悲劇では終わらないところが他の国にはない感じだ。憂鬱?とでも言うのだろうか?ダンサーも素晴らしい!三部構成の作品一作ごとにペチョーリンが変わる。でも違和感ないのだ。所謂古典バレエよりこう言う作品の方が私は良いと思った。心理描写も凄い。Liveヴューイングならではの解説があるからかもしれないが…歌、楽器がそれぞれのペチョーリンの心情を表しているところも好感が持てた。夜遅くなるのが難点だけど見るに値すると思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新歓ライブin駒場キャンパス

2017-04-17 | Weblog
東大のダンスサークルFreeDのライブを観に駒場東大前まで…東大内もかなり新しい建物が建って到着まで結構時間がかかったがライブが始まってみるとそんな苦労?は吹っ飛び。青春真っ只中の彼らのダンスに💃あっという間の時間が経過。メンバーもかなりいるし何と言っても男子が多いのが圧巻だった!世のダンス教室が羨むほどの男子学生がこのサークルでダンスを踊っている。東大も変わったなぁと感心。中学生からスタジオに来ていた生徒も可愛いと言うか青春が炸裂していた^ ^しかしもう三年って…早いなぁ。でもバレエが役に立っていて良かった。何と言ってもバレー部ではなくダンスサークルなのが何より満足。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イースター

2017-04-16 | Weblog
ようやくイースターを迎えることができた。今年はイースターが遅い…というか受難週そして友達の洗礼、イースター礼拝とかなり盛りだくさんだったこの一週間。友達の教会では以前の生徒に遭遇、今年は大学受験だそうで…だけどなんでスタジオの子供生徒はバレー部に入るのだろうか?大会で以前の生徒同士対戦する事もよくあるそう…私はバレエを教えてるつもりがバレーを教えていたのだろうか…複雑な心境だけどみんな成長していることは嬉しい。多分親の希望でバレエを習って自分の意思でバレー部に入るのかもね。団体競技って大変だと思うけどみんなキャプテンになったりしてるのだ。凄い!子供にとっての10年って激動だと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

異文化

2017-04-14 | Weblog
異文化と言うけど人間生まれた時が異文化との遭遇なんじゃないかな…そしてその異文化に落ち着くか他の異文化にもトライしていくか?その差なのではないかと思う。自信がなくなったり落ち込んだりすることで更なる異文化と出会えなくなっていくように思う。私は生まれた時の異文化、そしてキリスト教教育と言う異文化、バレエと言う異文化、英語と少なくとも20歳になるまでにこれだけの遭遇があった。小さな異文化交流はあったけどそれはあくまでも小さな…に終わっている気がする。最近、ロシア語と言う異文化に遭遇して久しぶりの異文化な気がする。人生がじぷしーのような放浪の旅になんだとしたら同じところにずっといる事ほどロスはないのでは?と思えてきた。原点ともなる高校生の頃、ミュージカル部の写真。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トラウマ?と過去

2017-04-13 | Weblog
人間生きていく過程でトラウマは避けられないと最近思う。仕方ないことなのかもしれないけどそのトラウマが見解を狭くしている事は確かだ。昔に戻れたら?と思う人ってそんなにいないんじゃないかと思う。自分もその一人。何回も同じような経験はしたくないし若気のいたり?と言うのもあると思う。今回、家の整理中に更に亡くなった友達の写真探しがプラスされて色々と発掘したのだがこんなことでもなかったら過去の写真なんて見なかっただろうと思う。でもたまに過去は振り返った方がいいのかな?と思えてきた。
10代の頃のバレエ団のツアーの時の写真が出できた!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真展〜モアナと伝説の海

2017-04-10 | Weblog
原宿、竹下通りなんて一体何年ぶりだろう…でもお目当は靴屋さんダイアナのカフェで展示されてる写真を観に…コンテクラスに参加されてるミキさんの写真はすごく洗練されていてカフェにピッタリだった。写真とその加工?がセンスを一層際立たせていた感じ。そして先週に続き新宿ゴジラのtohocinémaへ…しかしお目当の映画は完売?らしく二番目に観たかったモアナを…コレが感動した!太平洋の神話?みたいな感じでフィジーからハワイ?なんだと思うけど神話と歴史を感じた映画だった。日本やギリシャに神話があるように太平洋にも神話があるんだな〜と思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加