Studio ORANGE's

スタジオブログ

猫とカラス

2017-03-31 | Weblog
以前、ベランダのプランターの中にウィンナーソーゼジが数個隠されていた事があった。一瞬、誰かのいたずら?と思ったが多分、犯人はカラス!なぜならその日は可燃ゴミの日だった、そしてゴミ置場が荒らされていたのも目撃。で、四月以降ベランダの改修工事があるという事でプランターを別の場所に移した。そしてまたウィンナーを発見!やはり可燃ゴミの日だった…しつこくカラスがプランターを追いかけて来たのだろうか?
そして春になったので植木鉢を外に出した、が、この寒さ…植木の様子を見てみるとなんと猫の寝床になっていた!見ても平気、逃げない。植木鉢に水をやるのをやめて猫を寝かせておいた。しかし、動物って良く変化をすぐには察知して上手く利用するものだと…感心してしまった。逞しいのだろうな…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安堵

2017-03-29 | Weblog
昨年9月に亡くなった母の納骨式が無事終了。ある意味、葬儀後より疲れが出た感じ…ほっとひと息だ。
葬儀と違って屋外なので前日までの悪天候に悩まされたが快晴、春らしい陽気のなか納骨式が出来て本当に良かった。今週はもうゆっくりと過ごすしかないかんじ。温泉にでも行きたいけどそこまでの猶予もなく仕事の合間にぼーっとする?しかない。
普段あまりお墓で人に会うことはないのだけど悪天候の中の晴れ間だったせいかお墓掃除をする人たちが多く、隣のお墓のご婦人と会話するとができ、その家は霊南坂教会の方と…でそのお隣が大河ドラマ八重の桜の八重のご主人、新島襄氏の後の同志社大学学長の小崎家と…墓友?が出来た感じだ。そんな事もあって安堵したのかも…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪?

2017-03-27 | Weblog
すっかり寒くなってしまった?今更雪❄️って…冬よりずっと寒い気がする。と言うか寒い!
昨日は久々に大相撲千秋楽に熱狂してしまった。特に稀勢の里を応援していたわけでもないけど絶望的な状態から優勝を勝ち取るって🏆本当にすごいと思ったしまさか!に白熱した。照ノ富士は気魄負けしたのだろうな…稀勢の里の今までの苦労と経験が勝利を導き出したのだと思った。偶然ではなく実力の差なのだろう。
栄光の次には慢心?が来るものだ。怪我と言うアクシデントが無心になることに集中させてくれたのかも…苦境を幸運に変えるのはやはり経験なのかもしれない。
三月は意外に長くて、この先もあるわけだけどショックな事もあったしそれを払拭させてくれるような事もあったし、何事も落ち込んでいる暇はないのだとそんな感じだ。しかし、寒い!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どこもかしこも…

2017-03-24 | Weblog
どのチャンネルも森友学園の話題でうんざりして来た。籠池さんはかなり個性的な人物だと思うけど政治家ってやはりくせ者だと思う。クリーンな政治家?っているのかもしれないけど閣僚にはなっていないだろうし、多分野党だ。だいたいtwitterで反論?あまりにレベルが低すぎだと思う。みんな土俵の外で野次飛ばしてる感じなんだろう、土俵に一度は上がらないとね。
最近、久しぶりに首が音を立てて整った感じだ。ターンアウトを失って首もちゃんとした位置になかったのだろう…でも首だけ戻すのは無理だとも思う。問題は根底から…が鉄則なのだと思う。バレエの講習会は完璧に自分の健康の為なんだと思った。まず自分が元気でないと説得力もないしね^ ^ どっちにしろ一朝一夕というわけには行かないのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-03-23 | Weblog
三寒四温、と言ってももう冬には戻らないそんな時期。卒業、入学シーズンな今、春眠暁を覚えず…ともいう。ようやく母の納骨を迎えるのだがなんだか長かったようなあっという間だったような…なんとも言えない感じだ。でも最近、子供の頃の母のイメージが蘇って来た。私は多分母親に対して片思い?な愛情だったのかもな…と最近思う。その気持ちが私の根底にあるから今の自分があるのだと思う。父親とは良く喧嘩してたけど母と喧嘩?をしたことがあったかな…一方的に怒ったり怒られたりしたことはあっても何かに関しては意見の違いで揉めたことがあったのだろうか?だから今もどういう人だったのか良くわからない。母の友達の言う母と私が目の当たりにしている母とではなんだかピンと来ない感じなのだ。だがひどく影響を受けていた事は確かだと最近思う。自分の意思?だと思っていたことがそうでなかった!と気づいたり。果たして今度は自分はどうしたかったのだろうか?と思ったり、今更、試行錯誤な感じだ。どっちにしろ私は自分が思った事しか出来ないのでそれほど悩んだりはしないけど…近くにいる人はなかなか全容を理解できないのかもね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地下鉄サリン事件から早22年!

2017-03-20 | Weblog
22年前の今日、恵比寿で公演のリハーサルをしていた。帰りに日比谷線が止まっていると…ふーん?みたいな感じで家に帰ってテレビを観てびっくりした。いつも大きな事件が起こる時はこんな感じだと思った。その時は全容が見えないのだが次第に何が起こったのか、どれだけ被害が出ているのかわかってくる。知らないから平気で生活しているようなものだ。たまに、あなたはこんな人じゃなかったはず!とかどうして意見を変えたのか?とか言われることがあるけど大体最初から私のことを理解していたわけではないと…まず思う。人間って自分の予測に反するとまず拒否する場合が多いのかと…神様まで自分の理解の中に存在させてしまうと…ここまで行くと誰でも疑問を持つがこと人、友達や家族に関してはどうなんだろう?人間だって誰かの手中に収まるような小さな存在ではないのではないかと思う。予想をうわまったサリン事件、まさかあの変な人たちにそんなことができるとは?思っていなかった盲点なんじゃないかな?人を自分の物差しで測ってはいけないのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

友達の訃報

2017-03-19 | Weblog
今朝、友達からメールが…知ってるかもしれないけど…から始まりバレエ団時代からの友達が今月初めに亡くなったと。彼女はバレエ団時代からの数少ない友達だった。だいたいその団体を辞めると言うことはその時の友達や仲間を失うという事。その彼女も私と同じころバレエ団を離れていた。そんなことから一緒にレッスン行ったり情報交換していた友達だったのだが十年以上前に乳がんになり、治療も上手くいき仕事にも復帰していたのだが…再発を重ねて、病気のことを知られたくないと言う意向から最近は付き合いも無くなっていた。昨年は私も喪中の為年賀状のやり取りがなかったので尚更疎遠になってしまった。知ったのがだいぶ経ってからなのでどうするとも出来ず…仲の良かった友達に連絡するくらいしか出来ないのだが、みんな知らなかった。とかくバレエ団時代の仲間は若くして亡くなる人、多し…親の意思?でバレエをやってたり…みんなストレス多かったのだろうと今、思う。こちらから見れば才能もあるし条件も良いし親のサポートも半端じゃないし、羨ましい限りだったけど本人にして見ればストレスだったのかもしれないと今は思う。特に地方からバレエのために上京して1人東京暮らし、自分の意思だったらまだしも親の意向だとしたら…そうして東京に出てきて親の目を盗んで?遊びまくってバレエから遠ざかって行く仲間も多かったな。確かに自分の意思じゃなくてバレエ団で切磋琢磨して行く事は考えてみたら拷問に近いかも…そんな中、彼女は真面目にバレエと向かい合っていたのだが…寂しい気持ちになる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

杏の花

2017-03-18 | Weblog
スタジオの窓を見たら杏の花が咲いている!最初は小さかった木が今では二階にも達するくらい成長している^ ^10年の歳月を感じる。
このところブレバレエに体験に来てくれる子供達で賑わっているのだが今の子供達、足が大きい!どんなに背が高くなるのだろうか?と…バレエを始める理由はまちまちだけどやはり他の運動と並行して行うのは難しいと思う。体を使う=筋肉がつく、訳でどの筋肉をどう使うか?がそれぞれ違うのだから…バレエの体づくりをしていて他の筋肉も育ててしまうと結果、バレエはできなくなるし別の運動の筋肉もつきにくいのかも?特にバレエはインナーマッスルと言うかターンアウトして内側を使わなくてはならないので外側に筋肉がつけば必然的に内側の筋肉は落ちてしまう。特殊な筋肉を使うものだと認識していないと努力も水の泡になってしまう。人間は地球上で重力に支えられ筋肉を使って動いていることを忘れてはいけないと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜+寒気

2017-03-15 | Weblog
昨日新宿駅+御苑前で桜🌸が咲いてるのを発見!と思ったらこの寒さ❄️桜の開花と共に寒気がやってくるのは何故なのだろうか?ともかくロシア語短期講座も昨日で終わり…と言うか私は今日は参加できないので残念ながら昨日で終了。でも楽しかったし為になった。やはり行かなければわからなかったことがたくさんあったし間違えなければ覚えないことがたくさんあった。日本人は間違えることに臆病なんだと思う、以前ロンドンでの英語クラスは各国の人たちだったので日本では考えられないような英語クラスだったが今もかなり為になっていると実感する。あのクラスに行ってなければ今の自分はないと思う。日本にいた頃も語学学校に通っていたがあまり為になっているとは思えない。無難な感じだったのだと思う。誰も発言しないし、できなくなるとこなくなる?的な感じ。多分、勉強ってそんなものなのだろうと今思う。やはり自分の為になっているのはできないわからないから始まっているように思う。できることだけやっても何も生まれないと…勿論余りにできなければ嫌になってしまうと思うけど努力ができる範囲のできなさ加減がベストだと思う。語学の上達にはやはり辞書を引くことから始まるのだとも再認識。スマホじゃダメなのだ👎
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頭の体操

2017-03-13 | Weblog
以前からいつか行こうと思っていたロシア語講座。やっと参加!やさしいロシア語と言うクラスなんだけど全くやさしくない^^五感と頭フル稼動な二時間半だった!しかも宿題まででて…帰りに本屋さんに飛び込み辞書を買った!あまりにボキャブラリーが無いのだと思った。ロシアに行って英語が通じないのが納得できる。多分、日本語から入った方がいいのかと…どっちにしろ、読めない書けない喋れない。頭の体操だと思うしかない感じ。でも語学ってボケ防止にはいいんじゃ無いかと思った。違う言語だといつも使っていない脳を使う気がする。でも語学学校に行くのってロンドン以来だ!かれこれ30年以上は前だ。なんだか懐かしい!語学を習いにくる人ってどちらかと言うと思考に柔軟性がある人が多いように思う。だって幼児に?戻って勉強するわけだから…
短期講座が終わったら是非続けたいものだ。年に一度のロシア語ヒアリングでは先に進めないからね…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加