Studio ORANGE's

スタジオブログ

場当たり

2014-08-30 | Weblog
昨日は劇場での場当たり稽古。いつもながら短時間に詰め込むので集中的に疲れる…しかし明日は本番。そんなこともいっていられない(^^;;
ジュニアクラスのバリエーションも2度目となるがどうなのだろう…やはり態度が成長の邪魔しているように思うが…踊りのテクニックは上達しても舞台のマナーが伴わないと意味ないのだが…
ここまで来たら自分たちで考えてもらうしかないと思う。
そして昨日は蒲田のアプリコまで知り合いの発表会を観に…シンデレラ全幕。大人の生徒さんが頑張っていた!すごいな~感心している場合じゃ無いけど…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Dog S Girl's side

2014-08-29 | Weblog
岸野組の若手女優さんご出演の芝居を観て来た。中目黒の劇場…以前一度行った事がある。しかし、中目黒に行くには渋谷から東横線に乗らねば(^^;;と少し憂鬱だった。しかし今は明治神宮前で副都心線に乗り換えると言う技があったのだ!凄く早い!しかも渋谷を通らなくていいので快適!
芝居は犬の世界の話。最初は縄張り争いとか他愛もない感じだった。色んな犬が出て来てダンスシーンもふんだん。こんな感じで最後まで行くのかな?と思っていたら…その犬達は捨て犬、人間の為に生まれて人間の身勝手で捨てられ…そこは放射能で汚染されて人間が住めない地域。得体の知れない生物が蔓延る自然が破壊された場所…そして最後は野犬狩りと言う結末。泣けた…予期せぬラストだったので観客は不意を付かれたのでは?小劇場の魅力って時代を風刺して行くにはもってこいなんだと思った。シェークスピアとかだと腰が引ける観客もこれなら気軽に観れる。それが小劇場の魅力なんだと思った。そして夜、サル番組で宮沢りえと野田秀樹が対談していた。野田秀樹だってもう大御所だ。幾多の困難を乗り越えて今も挑戦中ってパワフルだ。アイドルだった宮沢りえも大女優になっているし…時代の流れと言うか日々の努力と言うか…カワラコジキとは言わせない勢いだ。
それで思い出したが凄く前、20年以上は前に沖縄で劇団と仕事をした事があった。素人劇団でがんばっていたのだけどそのメンバーは何処かでどうせ役者なんて…と言う考え方が強かった。その人たちと今は全く付き合いがないのでよくわからないけど…バレエでもどうせこんなことやったって…と言う言葉をたまに聞く。この言葉によって自分の成長や上達を阻止しているのだと今思う。言葉って怖いのだ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

spy?

2014-08-27 | Weblog
FacebookがCIAによって監視されている?と言う話題を友達としていた…一個人の情報なんてどうってことない…とか思うがどうでもいいこと故にガックリくることも多い。丁度一年前の骨髄バンクの打ち上げにみんなが???になる人物が闖入した事があったのは記憶にも新しい。偶然にしても…出来過ぎだとは思っていたがそれっきり…しかし、一番考えられるのは情報提供していた人物が居たと言うこと。それに関してはここ数年不審な事が起こって居たのでその一環なのかもしれないと思った。現在スタジオでその話もしないし蒸し返してもなんなのでこの場を借りて説明しようかと…本人もたまにみてるかもしれないしね。私の不注意といってしまえばそれまでだけど…本当にくだらない情報提供者が居たことは事実。それに気づいて居たけどまあくだらないと思っていた…しかし不気味で私個人としてはなるべく接しないようにはして居たのだが…昨年末、ちょっと自分の許容範囲を超えていると思い釘を刺したところあっと言う間に消えて行った。それ自体不思議な話…と思っていた、なぜならもう10年以上の付き合いになるからだったが…それだけに信じがたい気がして居た。でも今にしてみればさっと消えた事には訳があるのだろう。多分その人はそうやって人生、仕事渡り歩いているのだろう…本人にとっては処世術なのかもしれないがいい気分がしないことだけは確かだ。それにバレテいる。
よく言葉の暴力と言う単語を耳にする。暴力は暴力でも傷が体に残ったり形が掴めないのがこの言葉の暴力だ。人ごとのように思っていたが意外と暴力より身近なのかもしれない。いわゆる中傷の事だ。被害者にも加害者にもなりたく無いと思うが…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝顔

2014-08-24 | Weblog
ある朝ふとプランターから生えている朝顔発見!去年の種がプランターに入っていたのだろう…しかし唐突な咲き方。でも朝顔って何気にしぶとい。
残暑厳しい中笑えてしまった!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Zoo

2014-08-16 | Weblog
一体何十年ぶりなのだろうか…上野動物園!
お盆で焼肉屋さんも予約が困難なため早めに焼肉食べてから上野動物園へ!
夜八時まで開演しているので夜行性動物園見れるかな?と思ったが設備がないので真っ暗。パンダ🐼とカワウソ、アリクイ位?しかも雨で…みんなパンダ、ゴリラ、カワウソのぬいぐるみ買って満足みたいだから良かったが…シンガポール動物園の印象が強過ぎて期待し過ぎたので…夜の動物園はイマイチな気がした。
ともかく今頃はパリだろう…
この二週間位。ドイツで踊っている片岡君~ロシアワガノワバレエのスチョーピン先生そしてパリからの友達家族と異文化交流が盛んだった。思うのは欧米とひとかたまりにすると日本はかなりの異文化だ!その人たちを基準にするとえらく表情が無い気がする。これって欧米人からみたら?不気味なんじゃ無いだろうか?ともかく舞台芸術にとってはかなりのハンデで有ることは間違いない。小さい子供のクラスでは顔を動かすのも楽しそうだけどある年齢になると顔を動かすことが罪悪?軽蔑?みたいな感じになって…技術が上手くなっても顔が無表情だったら意味無いと思うが…
目は心の窓と言うけど顔は言語を超えた表現の道具なんじゃ無いだろうか?日本人からみてもなに考えているのかわからない人ってかなりヤバイと思う。
スチョーピン先生曰く、人生は楽しむために有るのですから…同感だ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

可愛いお友達

2014-08-14 | Weblog
先週からパリで暮らしている友達が子供達を連れて東京に来ている。
震災の年に来るはずだったのでかなり久しぶり。子供もかなり大きくなっていた!生活的には色々変化ぎあったみたいだけど元気な家族で楽しそう!
しかし、お盆で東京はどこも人が殺到している!イカセンターもやっと予約して行ったら台風の影響でイカが釣れなかったそう(^^;;数匹しか泳いでいなかった。そんな事にもめげず、最終日の今日は上野動物園➕大久保焼肉ツアーに行く予定。どうなることやら…
でも上の女の子、沢尻エリカより可愛いよね
先週の演技講習会のあと、スタジオに戻ると確かにみんな表情ないかも…表情も筋肉だから使わないとね!下手すると顔を動かすことが苦痛?みたいな感じすらあるのはなぜ?なのだろう。特に思春期?の子たち。多分体も動かしたくないのかも…スチヨョーピン先生曰く顔のトレーニングは舞台だけじゃなく心を開いて楽しい人生を送る支えになる…と言ってたが確かにそうなのかも…いくら日本の文化のせいと言ったってバレエとか舞台に携わることやっているのだから表情が人より豊かで当たり前なのだと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休み終了

2014-08-09 | Weblog
昨日でアクチョールワークショップも終わり。最終日は宿題の先生の代わりに教えるから始まり俳句か短歌を題材に即興そして作品クラスはジゼル一幕とバヤデルのニキヤとガムザッティそしてほうきに乗った魔女ババガヤと盛りだくさんだった。頭と体を酷使した4日間だった。ここまで酷使すると色々見えてくるものがある。スチョーピン先生はフィギュアスケートの振り付けもされているとかでロシア選手の表現力の高さが頷ける。そして洞察の深さや他文化などに対する興味も半端じゃないのだと痛感。現代の日本人、想像力や好奇心にあまりにかけているのではないかと思った。特に芸術を志しているならまず自国の文化をよく理解する必要性があると思う。先生曰く
、日本の子供は日本の事を知らなさすぎ…大人が教えてあげないと…確かに。親が興味を持っていないものを子供にやれと言ったって無理だ!子供クラスを教えていると???な事に暫し遭遇する。子供に責任ないのだとはわかっていても腹が立つことが多々。でもねぇお母さんに文句言っても…とか思うがどうしたものだか…家庭内で起きていることを子供は外で表現しているのだとしたら…自分が親だったらぞっとする。でもそんなところなのだろう…バレエ以前に情操教育とか家庭環境整えないと…
昨年末にグループアラベスクでモナリザの役をやった時、スチョーピン先生ワークショップのおかげ…と思った。極端な感情を使い分けて表現していると不思議と切り替えがスムーズになってくる。面白い体験だ!
さて夏休みも昨日で終わり。今日からまたLesson開始だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アクチョール講習会後編

2014-08-08 | Weblog
日々、年々?難易度が増しているこの講習会。最終日の今日は宿題やら課題が沢山出た!まず今までの内容を今度は先生に変わって指導する…役割分担された。ジェスチャーと走るエクササイズの二つ。ジェスチャーはバレエのマイム…何しようか…走る方は色んなパターンを想定してみるか…そして何より難題なのが俳句や短歌をテーマに即興!プーシキンやトルストイに対抗できるか?!な感じ。シェークスピアとかでもいいと言われても浮かんでくるのがリチャード三世とかテンペストじゃなぁ…素朴に石川啄木か小林一茶で行こうかと思っている。
これは全て基礎クラスの宿題。作品クラスは昨日はなんとジゼル!昨年もやったところなのでどうにか思い出したが…今夜はバヤデールのニキヤ対ガムザッティとババガヤそして昨日のジゼルと全部やるんだそう…盛りだくさんだ。頭と体の酷使な今週でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アクチョールワークショップ

2014-08-07 | Weblog
今週火曜日から参加しているワガノワアカデミーのアクチョールの講習会。一日目はまずまずの出たしだったが2日目の昨夜から始まったババヤガと言う魔女の踊りが超難しい!バレエ学校の高学年男子達が踊るほうきを持ったこのダンス!まさかここでやるとは!一日目のバヤデルがひどく楽に思えてきた。
ババヤガの後にバヤデルやったらかなり楽勝なのではないかと思える。
この講習会、対極の物を瞬時にやらせる。でも意外にそれが効果を生むのだと昨夜身を持って実感。猛暑も吹き飛ぶ過酷さに笑えてくる
バレエと言うのは本当に作られたもの…自然にできる人なんていないと今更ながらに痛感。その中でドラマを作って行くって正に歌舞伎の世界だと思う。人間が作った様式美だ。そして日本の物ではない…こうして一年に一度は講習会に参加して切磋琢磨しないとバレエ離れしたLessonになってしまうという危機感。
先週はヨーロッパで活躍中の片岡さんの公演観たりワークショップ受けたり今週は地続きだけどロシアの先生。こういった出会いの場があるだけでも凄い気がする。というわけで今夜も続きを頑張ります!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リンバー&キャラクターダンス

2014-08-04 | Weblog
今年の講習会の第二弾終了。公演の翌日だったけど楽しい講習会でした。リンバーは昨年から地道に受講して…だいぶ成果が出てきたように思います。やはりあのくらいやらないと体は変わらない。
そしてキャラクターダンスも昨日で少しわかった?気がしました。ちょうど月末にルースカヤを皆で踊るので役立てられると良いです。
しかし、思うのは国民性なのか生徒達は消極的?に思えます。守りに入っていると言うか…これは子供達にも言えることでスタジオ内だと当たり前なのかもしれないけど外部に出た時にいつも痛感。でもこればかりは私にはどうにもできないのですよね。他の先生達も感じていると思うけど…その人の能力がいくらあってもこの消極的な態度では能力がないのと同じ?気すらします。関西に行っていつも感じるのは積極性?なのですよね。積極性がないとダメだよね。守るほどのものがあるのかどうか分からないけど損な事だけは確か。多分ダンスだけの問題ではないのだと思いますが…
昨日はセラピー犬も来ました!本当に大人しい。人間大好きなんだそうで…褒められるのが嬉しい事がセラピードッグに大事な要素だそう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加