Studio ORANGE's

スタジオブログ

春爛漫

2014-03-29 | Weblog
こんなに温かい日が続くとコートを来て震えていた事がまるで嘘のようだ…喉元過ぎれば…ってやつかな?
しかしこの一年間激動の日々だったと今にして思う。出会いと言うか再会が多い一年間。小学一年生からの友達に何人も会った!ある人なんかお孫さんが生まれたとか…小学生時代に同じ誕生日の人がいたが、何組もそういう巡り合わせがあってそれは驚きにはならないけどなんと同じびょういん、分娩室で同じ日に出産したと言う友達2人に会った!特に仲がいいわけではなく本当に偶然なのだとか。そして私もその彼女達も小学生の頃の髪型に戻っている(^^;;なんかあれから何十年たっても中身と外見が小学生って…スタジオに来てる生徒が何人か小学生になるのだけどまだまだ赤ちゃん?っぽい気がする。こんな時代からの付き合いなんだと思うと気が遠くなりそう!でも私、幼稚園時代の先生からも声かけられた位だから本当にそのままなのかも…
しかしみんな生き方はそれぞれで…それがまた楽しい所。しかし学校教育って大事だと思う。私たちの価値観ってこの時代に育ったもので、みんながある程度同じ価値観を持っていると言うことは家庭ではなく学校教育の賜物だと思う。しかし精神を病んでいると言う仲間も数人。そういう人達って意外と言うよりさもありなん、な感じだ。一人っ子が多いかな…人に揉まれて育っている人にはあまり縁がないのかも…人との距離が遠い東京はうつ病患者多いの納得行くかも…
そんな友達の1人の撮影した桜!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スタジオアプロン発表会

2014-03-26 | Weblog
2014年4月19日(土)武蔵野市民文化会館大ホールにて第16回スタジオアプロン発表会にジュニアクラスから3名が参加します!是非応援にいらしてくださいね!チラシがスタジオに届きました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真

2014-03-24 | Weblog
グループアラベスクの写真が手元に届いた。あれからもう3か月!今考えると楽しい舞台だった。モナリザとダビデ像、盗賊たち。。。そしてアプロンの大谷先生と。。。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春分の日

2014-03-22 | Weblog
昨日は春分の日、しかし風が強かった!
朝からスタジオアプロンのスタッフ下見に3人の子供生徒を連れて西新宿まで…Lessonから参加させてもらった。アプロンは大人が中心のバレエスタジオ、レッスンを見ていると圧巻だ。最初は腰が引けていた子供達だができないなりに参加してそのことでバリエーションの方はいつもに近い形で踊ることが出来たと思う。やはり上手くやってやろうとか気負いが消えたのが良かったのだと思う。他の人たちはどう考えたって実力が上なのだから…大人も参加すれば良かったのだと思う。レッスンを見させてもらって色々な発見があり凄く有意義なリハーサルだった。
そして夕方から女子会?というか小学生~高校までともに過ごした友達とのプチ同窓会。別々の人生を歩んできて語る事は尽きない…
なんだかパワーUPした一日でした。

なんと建物が取り壊されて富士山が一望できるようになっていました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地下鉄サリン事件

2014-03-20 | Weblog
早、19年!19年前の今日、恵比寿でグループアラベスクのリハーサル中だった。日比谷線が大変なことになっている…位しかわからずに何事もないように帰宅してTVをみたらどんどん被害が拡大されて行ったのを覚えている。
私は今まで運良く災害や事件の横を素通りしている気がする。でも本当に身近で起こっている事なので背筋が寒くなる思いをすること多々。
本当なら今年もロシアに研修に行こうと思っていたところだがプーチン政権があんなことになってしまった今。研修旅行自体がキャンセルされてしまった事を幸いに思う。今から3年前にサンクトペテルブルクに行った時、丁度プーチン政権の始まりだった。最初から色々な反発があり現地のニュースで騒がれていた。それからロシアバレエ界にもプーチンの影響かとんでもない人事や事件が勃発!そして昨日ニュースで見た赤の広場の映像はまるで北朝鮮だった。厄介な事だと思う。世界を巻き込んでの事件にならなければいいけど…普通、オリンピック開催直後の国は設備も整い観光客にとっては良いスポットになるはずなんだけど…誰も行かれない感じ。せっかく開かれたロシアになったのに…これじゃ逆戻りだ。
スタジオエアコンのクリーニング中、大変だ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10th Anniversary!

2014-03-15 | Weblog
今日でスタジオオープンから10年!なんだかあっという間だった気がする。今年は3回の舞台(アプロン発表会、骨髄バンク、スタジオパフォーマンス)2月の骨髄バンクを入れると4回!なかなかのハードスケジュールだ。オープン当初は年に一回のスタジオパフォーマンスのみだったがだいぶ進化したものだと今にして思う。大体これから3回の舞台に挑戦する小学生たちは1歳~ゼロ歳だったのだと思うと月日の流れを思い知らされる。10年後が楽しみ?だ。今、小学校では2分の一成人式?なるものを開催するらしい。子供が少なくなってきている現代らしい催しだと思う。
子供生徒に年齢を聞かれると、先生は100歳だから。。。と冗談で言っているけどそのうち冗談ではなくなってしまうのではないだろうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思い出

2014-03-12 | Weblog
東北の思い出は中学の修学旅行。まだ新幹線がなかったから大変な道程だった!しかも東北なんて子供にはシブすぎて…今だったらまだしも…夜行寝台車で帰ってきたこと、梅酒を飲んで怒られたこと、大浴場の思い出くらいしかない(^^;;でも友達は添乗員さんの事やお弁当で食中毒になったこと…色々と違うおもいでがあるものだ。みんなの記憶を集めると一つの思い出になるのかな?
ともかく、東北の復興支援と言っても訪れるくらいしかできないのでまた訪ねてみたいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう3年

2014-03-10 | Weblog
明日で震災から早3年!三年前の3月11日は確か金曜日だった。丁度発表会へ向けてリハーサルをしていた頃だ。
ここ一週間ほど、震災に関する番組も多く、被災地の復興が大幅に遅れている様子がよくわかる。3年経って変わらない現状にはいら立ちや焦りがあって当たり前だと思う。励ましや募金の為のコンサートがいくらあっても住宅を支給することはできない。住宅や生活環境が不安定なままコンサートなんてみても。。。と思う。がれきの処理や住宅の供給は地方自治体でも困難、国が総力をもって行わないと何年経っても変わらないと思う。一体どうなんだろう?と思う今日この頃。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014-03-08 | Weblog
昨日のにわか雪には焦った!😱またまた雪かきするのかと思うと恐怖だ!
4月のアプロン発表会の準備も着々と進みチラシのチェック、衣装の到着そしてスタッフ下見の予定も進んでいる。アプロンは生徒さんたちが作業を分担して発表会を運営している。バレエってレッスン以外の雑用が多い。舞台に辿り着くまでの道のりはかなり長い。昔、バレエ団のペーペーだった頃リハーサル時の音だしとかさせられた。これはかなり大変な作業だけど音楽と振り付けを理解しないとできないしその人のセンスが出るのだと言われた。教えるのもそんな作業の一部からの始まりだったかも…まあ教えるのが一番責任重大だけど…子供の頃からそうやって育って行くことが自分も成長させられるしバレエの技術も上達していくのだと今思う。最近、とある先生に言われた事は、センスは教えられない。と…確かにセンスは環境とか自分で身につけて行くものだと思う。スタジオの中で習得できるものではない。今のような便利なハイテク時代でも体を作る、センスを磨くと言うのはアナログな世界だと思う。逆に便利が邪魔してセンスが育たない気もする。日々汗をかいてちょっとずつたまに後戻りして育って行くのが芸術なのだろう。自分が何十年もかけて培ってきた物を一言で教えるのは無理だけど舞台で表現する事はできるのではないかと?思ったりする。大人からのバレエなんて昔は無かった。バレエってものは趣味でやるものではなかったのだと思う。上達しないから…みたいな前提でなかったのだと思う。肉体的にだと思っていたけど最近思うのは精神的に難しいのだと思う。硬くなった体をほぐすより硬くなったあたまを柔軟にすることは至難の技なのだと思う。でも不可能ではないと思う。だか短期間で舞台に出るにしたってバレエであることに変わりはない、間違っていれば必ず怪我をする。そしてお客様になってしまうと…お客様って言うのは努力しないもので…必然的に上達出来ない。→他の店?スタジオに行けばもっと良いサービスと効果が得られる?と言う考えに取り憑かれ…もうこれは止められません😅とにかくお客になったらおしまいなのです。これは今も昔も同じ。お客様に努力を求めるサービスってないですものね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加