Studio ORANGE's

スタジオブログ

EONNAGATA

2011-11-18 | Weblog
バレエダンサーシルビーギエムの新境地と言うか新たな世界観。実在した騎士エオンを3人が演じていく、ダンスと言うより芝居だと思った。照明と舞台装置が新鮮で、いったいどーなっているのかな?と思わせる演出がすごいと思った。シンプルだけどとにかく不思議なのだ。そしてギエムのアスリートぶりにもつくづく感動。あんなことは普通できないスーパーバレリーナと言われていたのが良くわかる。彼女は単なるバレリーナではないのだと思った。ギエムの基礎は体操で培われているのだなぁ~と・・・時代はフランス革命時、フランスとイギリスの関係性が肌身に感じられた。
ロンドンで語学学校に行った時、ある先生が歴史オタクのようで毎日第一次世界大戦の授業だった事がある。最初はえ~世界史が生で勉強できる!とか思ったが余りの武器オタクについていけなかったのを思い出した。彼らにとってはフランス革命もウォータールーの戦いも世界史ではなく歴史なのだと痛感した。そんなヨーロッパな作品だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小川さん発表会

2011-11-14 | Weblog
昨日はレッスン後保土ヶ谷まで小川麻子舞踊研究所発表会へ一部は子供達中心の物語仕立て、二部は大人の作品でぐっと小川麻子ワールドへ!暖かい発表会だった。帰りは新宿まで戻りみんなで西安料理を堪能中華は大人数に限る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高尾山

2011-11-11 | Weblog
紅葉を観に高尾山へハイキング小学校の遠足で一緒に行った友達と、なんだか懐かしい紅葉は始まったばかりだからそれほど混雑していない。発表会の前に台風が通過したのは忘れもしないが高尾山がここまで被害を受けていたのは知らなかったまだいくつかのハイキングコースが閉鎖されていて、思ったコースを通れなかったのだ。その上大木が道をふさいでいる箇所がいくつかあって斜面には何本もの木が倒れたままあの頃は発表会の事しか考えていなかったけど酷い被害だったんだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The Prince of the Pagoda

2011-11-05 | Weblog
文化の日は子供クラスの生徒とお母さん達と新国立劇場へビントレーの新作バレエ「パゴダの王子」を観に行ってきた。もともとタイが舞台の話を日本に変えて継母の魔法でトカゲにされ国を追放されてしまった王子と妹のお姫さまの物語。決して子供向けではないのだけど子供達は盛り上がっていたカーテンコールでブラボーと叫んでいたほど・・・振付のビントレーさんにも聞こえたはず、なんせ2列前に座っていたのだから
しかし・・・発表会や舞台が終わって毎回陥るのが燃え尽き症候群?と言うか反動から来る気の緩み?去年もこの時期怒ったのを思い出した。舞台ってやはり特別な空間なのだと思う。一時でもスポットライトを浴び、拍手をもらうなんて日常ではないことなのだから・・・だが終わったあとが問題なのだと思う。この経験をいかに次回につなげていくか・・・改善していくか・・・それを繰り返して本当の舞台人になれるのだと思う。体の条件も大事だけど性格の方がもっと重要になってくる。バレエって難しい・・・

ロビーで他の教室のお友達と・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

November

2011-11-01 | Weblog
11月に突入今年もあと2カ月となってしまいました。
11月は存在感がないからあっと言う間に12月になり忘年会に追われ今年も終わって行くのでしょう・・・考えてみればいろいろあったなぁ・・・
画像は9月の発表会終了後ロビーでお客様達と・・・賑やかなお客様でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加