Studio ORANGE's

スタジオブログ

花冷え

2010-03-31 | Weblog
やはり今年も桜の開花とともに花冷えの季節到来室温がどんどん下がって行くのが恐ろしい。真冬より寒いのですから・・・
そんな中、青山墓地の桜散策、まだ満開とは言えないけど満開になったら通る事も困難になってしまうので仕方ない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真

2010-03-28 | Weblog
昨年12月のきゅりあんでのパキータの写真が出来てきました。あっと言う間にもう3月末ですね!さて今年の演目も考えねば!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春本番

2010-03-23 | Weblog
つい先日忘年会をしたと思ったらなんと今年もあと9カ月!びっくりです!
スタジオもなんと6周年を経過、7年目に突入そんなに長くやっているとは・・・
先日、オペラ座ジゼルを観てきた。なんといってもパリオペラ座で初演されたとあれば観ないわけにはいかないジゼルと言う話、おなじみのようで実はあまり良く理解されていないように思う。と言うのも私自身、昨年奈良でのワガノワバレエワークショップで演技クラスの先生がバチルドの登場の場面を指導していたのを見て目からうろこだったのだ。まずこの時代の階級性を理解しなくてはならないこと・・・村人と貴族では目を合わすことも出来ないほどの距離があるのだ。そんな中、バチルドと言う貴族女性は気さくな人で村人であるジゼルに気さくに話しかける・・・そんなことから悲劇が始まるのだけど。このバチルドと言う人がこの悲劇のキーパーソンともいえる。彼女の婚約者アルブレヒトはほんの遊び心からジゼルに近づき誘惑する。でも彼自身の生活を変えようとは思っていない、本当に一時の戯れのつもりだったのだ。まさに残酷な話だ。
オペラ座のジゼルからはその話が良く分かった。2幕のウィリーの場面にあれだけのウィリーがいるってことはジゼルのように悲劇の死を迎えた女性が多かったって事なのだろう
スタジオ前の沈丁花がいい香りな今日この頃
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月に歩けば

2010-03-15 | Weblog
ホワイトデーの昨日、コンテンポラリーダンスの小川圭子さん出演の芝居も観にスタジオの面々と新井薬師前まで・・・千秋楽の昨日、会場は満席。いつもながらに劇的な展開で涙を誘う展開。月に住む人と地球人の違いに意外な事実があった。信じられないような真実?とでも言おうか・・・
芝居後は総勢8人での大宴会だった
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

3月

2010-03-04 | Weblog
バンクーバーオリンピックも終わり早3月。ついこの前新年を迎えたと思っていたら・・・今年もあと10カ月になってしまったオリンピック白熱のフィギュアスケートの次は大相撲大阪場所?
散歩道も春の兆しが・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加