Studio ORANGE's

スタジオブログ

パリの炎

2017-06-16 | Weblog
パドドゥは発表会の定番だけど…初めて全幕を観た。日本初演。レミゼさながらの舞台進行、装置や展開もおしゃれだし、ダンスもたっぷり、見せ場だらけ^ ^でドラマティックな結末。客席が総立ちになるのもなんの不思議もない。オリジナルキャストのワシリエフが客演、彼はやはりボリショイのダンサーなんだと思う。ミラノ・スカラ座のロミジュリは観たことを後悔してしまったから…でもロシアのダンサーヨーロッパに出るとやはり体型と言うか崩れてしまうのは今も昔も同じなんだなぁと痛感。運動神経が良いからそれでもできてしまうのだろうけどクラシックバレエ?とは言い難い気もした。思わず初演のDVDを買ってしまった。研究に値すると思ったので…
でも楽しい公演だった!ボリショイバレエって今、とても良いと思う。沢山の新しいレパートリーがあってそれらが凄く良い。見頃なんだと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨空 | トップ | 先斗町の朝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL