Studio ORANGE's

スタジオブログ

デトックス

2017-12-13 | Weblog
最近、通い始めたエステ?サロンの先生に勧められたビフィズス菌、これはなかなかの優れもの。私に一番作用するのは朝起きた時に疲れがない!ともすると朝起きた時が一番の疲労感になりかねないのだが…朝だ!みたいな感じで1日が始まるのは嬉しい。なぜビフィズス菌がそんな風になるのかは長くなるので省略するが。ともかくデトックス、体も心も大事だと思う。体に一番良くないのが必要以上のストレスだ。私はあえて、無理に何かをしないと先に進まないような気がして行きてきたのだがそんなこともないんだな…と最近思う。努力って別にストレスじゃないしね。ストレスの原因のほとんどが対人関係だと思う。最初からストレスではなくある一線を超えるとストレス度が上がるのだと思う。だいたいストレスを感じる相手はその一線を理解していないように思う。もしくはその人にはその一線がないのかもしれない。だからどこに行っても人にストレスを与えて結果、除外されたり拒絶されたりするんじゃないかな。なのでこちらがそれほど機に病むこともなくNOと言った方がいいのだと思う。と言うかそう言わなければ止め処ないわけだからね。ダイヤモンド富士の画像!凄い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

師走なので

2017-12-11 | Weblog
なんだか師走になった途端…というか10日を過ぎたからかみんなあせっている。運転していて感じた。その瞬間事故現場目撃、自転車が曲がっていた!ほんとは新宿まで行こうと思っていたが一旦帰宅、新宿へは電車で…友達の旦那さんの浮世写真展、広重の風景を写真で撮ったのだ!これが凄い!昔の風景と今の風景を比べてみれるのも凄いし花火とか季節の花とか月とか作者の情熱が伝わってきた。広重➕首都高みたいのもなかなかいいと思った。江戸っていいな〜と思った瞬間だ。帰り小田急線急行ホームにあるカフェ?で一服。ロマンスカーオタクにはたまらない場所だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

統合失調症

2017-12-10 | Weblog
何年かに一度この病気になった人の話を聞く。ってことはそれほど奇異な病ではないのだと思う。多分、発症するのは十代、二十代のようだ。で、そこからが問題だ。治療をするかしないか…治療をすれば今はほとんど日常生活はできるのだと思うがしなければ大変だ!幻聴幻覚に悩まされて最終的に命を絶ったりすることになるのだろう。でも治療を受けると言うことはまず自分の自覚と家族の理解が必要だ。どちらが欠けても成立しないと思う。ではなんで発症するのか?多分、本来持っている資質➕事件なのだと思う。何かにひどく失望したり…それを機に発病してしまうのだろう。挫折しない人生なんてないのだが必要以上な感受性があるとその事柄の重みが人の数倍、数十倍のしかかってくるのではないだろうか?今日まで自分はとりあえず?元気に生きているけどそうかと言って無関係ではないのだと思う。ひどく否定的な人も見ているがそう言う人達の家族、もしくは自分が病気になったらどうなるのだろうか?隠し続けるのかな…それこそ辛いことだと思う。なんせ周りにそう言う話を聞くのだから…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Русский язык

2017-12-09 | Weblog
最近、個人レッスンになる頻度が上がっている!昨日は体験の男性がいたので良かった!でもその人すごいと思った。独学でロシア語勉強、途中途絶えたり何年もかかったりで…で突然入門から10ヶ月経ったクラスに参加してついてこれた!でもすぐに入学するようではなさそう…なんでも孫の育児を担当しているとかで…ともかく一人だと先に進めないのだ…他の人がついてこれなくなってもっとこなくなってしまう懸念があるので。で、復習の嵐。これは底力になるかも…先週末にカレンダーも買ったしvodkaも買ったし年末への備えは万全だ。私って石橋を叩いて渡るタイプなんだと最近思う。叩きすぎて割らないようにしないとね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブロガー?

2017-12-08 | Weblog
2日続けて投稿したバレエ教室転々?の話題、なぜかこの話題受けるようで回覧数が半端じゃない!こういった投稿を続けていけばブロガーになれるのかもしれない…それほど情熱もないが…
教えを始めて明らかに以前とは違ってきたことは目の前の生徒のレッスンや踊りを見ているとその人の日常まで見えてきてしまうことだ。レッスンしている方は無意識なんだろうけどこれがわかるようになってきてしまった!=自分だってそう思われていたのだ。どうせ、先生には分からないだろう、なんて思ってたことが丸見えだったのかと思うと若気の至り?な感じだ。これはいっしょにレッスンしている仲間には分からないのだ。視点が違う。ともかくこれがいいのか悪いのか?はともかく見えてしまうものを見ないようにすることはできないのでちゃんと目の前の事実を受け入れて行くしかないのだが。子供を見ていて親がわかる、みたいな感じだと思う。どんな家庭でどんな生活しているのか…幼稚園や保育園の先生達はなんとなくわかっているのと同じ。
で、バレエのレッスンは一方通行ではなくある意味コラボ、と言うか即興的な意味もあるので相手次第でレッスンが充実したりつまらなくなったりするものだと思う。スポーツクラブ慣れ?してる人は一方的にお客のつもりでレッスンに来てるのだと思うけどその態度がレッスンをつまらない時間を過ごすただの浪費?にしてるのではないだろうか?資質ではなく気持ちが限りなく反映されてしまう、そう思うとレッスンって怖いと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小田原

2017-12-05 | Weblog
再び小田原へ…今回初めて聞いたのは小田原のみかんの話🍊 海風を浴びて育ったみかんは甘くなると…今出回っているのは南で取れたみかん🍊 北で採れたみかんは熟成させて年明けに店頭に並ぶそう 南のみかんは保管できないけど北で採れたみかんは保存が効くそうな。みかんにも色々あるんだなぁと思った。
でもなぁ話を蒸し返すようだけどスタジオ転々とすると上達する?って本当にそう思ってる人頭おかしいと思う。以前も生徒から質問されたことあったけど…まさかねぇって感じで言ってる意味もイマイチ理解できなかった。
常識と非常識の段階ではなく言語道断?な感じだ。
お金と時間を使って自分を変にして行くって??いまいち理解ができない。バレエ以前の問題で精神科?に行った方がいいのかもしれない。
昔、発表会の際に振り付けが覚えられない人のサポートをしてあげて…と言ったことはあったけどバレエを教えろとは一度も言ってないし、ましてや自分も数年前まで初心者で数年後に人に意見するって?バレエって子供の頃から初めても最低10年かかるのだが…教えるためにはそこからまた勉強する必要がある。あまりに物事安易に考えていて私的にはカルチャーショックになる日々だ。どっちにしろ言う方も聞く方も同罪なんだと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

迷信?

2017-12-03 | Weblog
スタジオ大人バレエクラスで数年前から囁かれている?デマ?バレエはいろんなところに行った方が上達する?!ってこれ逆ですから…フランス語始めて中国語も始めてアラビア語習うのと同じでどれも身にならない?日本のバレエは免状なしで教えられるのでその先生がどんな経緯で教えているのか全く統一性もないし多分教えてる内容も違うと思います→生徒を見ていて思います。できていたこともできなくなり人を羨んでデマを流す…なんとも情けない。ともかくいろんなところに闇雲に行く人って傍目からわかります。自然と注意もしなくなり→いわゆるお客様状態に陥るのだと思います。デマを流す方もどうかと思うけど信じる人も同罪なんじゃないかと私は思います。何よりバレエに対する冒涜に思えます。
ロシア語学院の文化祭にカレンダーを買いに行き他にも沢山買ってしまった!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月

2017-12-01 | Weblog
今年もついに12月、しかもどんどん予定が詰まって行く!恐ろしい勢いで…
必要な時間を確保しておかないと自分の時間はなくなる。ロシア語を始めたのは意外に正解かも…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おごり

2017-11-29 | Weblog
なにかを奢ってもらうのはいいけど、単なる人のおごりは難だ。でもどんな世界も人が集まれば、なにかがうまくいけばおごりや権力争いは例外なく起こるもののようだ。いわゆる罪というやつなのだろう。バレエはうぬぼれやおごりが直に踊りに出てしまうものだと思う。普段から表現しているからなんでも表現されてしまうのだろう。こればかりは年齢、性別関係ないのだと思う。そのこと自体をなくすことはできないけど対処して行くことはできるのだと思う。これは人間社会の課題なんだろう…画像は砲台そばの砲台!なんだかすごい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

言葉

2017-11-28 | Weblog
言葉を学んでいると日常の中に突然聞こえてくる言葉がある。他国語だと余計にわかりやすいのだが日本語でも同じことだと思う。今までは気にも留めなかった単語が突然耳に飛び込んでくる!そんな感じだ。その言葉の数が増えていけば自然に理解度も上がるのだと思う。暗闇に突然微かな光が見えて辿って行くと明るい場所に辿り着く、そんな感じかな…
でもこの経験は言語だけでなくバレエもそうだと思う。バレエだけじゃないな…芝居でも音楽でも…訳がわからないままに反復しているといつしか何かがわかるようになるのだ。そのためには何事も続けなくてはならない。続けていてもっと深い闇に包まれてしまうこともあるけれどそこでやめなければまた光が見えてくるものだと思う。
クリスマスは暗闇の光なんだと最近思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加