love your color*滋賀・大津・湖西でオーラソーマ+数秘+禅タロット+パーソナルカラー=あなたの《色》発見!

あなたの色=パーソナル・クオリティを知り「本当の自分」を生きてみませんか?「カバラジュエリー」取り扱ってます。

もしかして、別のシーズンかも?「顔色が冴えない」タイプは要注意!

2017-02-13 | 似合う/似合わない
「わたし、肌が黄色いんですよ。」

自分からお申し出になるお客さまの多くが、実はそうじゃなかったというケースには「顔色が冴えない」という共通点があります。

ノーメイクだと頬の赤みがほとんどなく、唇の色(特に輪郭)も黒ずんでいたり、全体に「ヌーディカラー」なかた。ちょっと体調が優れなかったり寒いところにいたりすると、目の下のクマが目立って「お疲れ顔」になっちゃうタイプ。肌や髪が乾燥しやすく、トラブルがちな人も多いですね。鮮やかな色だと派手に見え、白っぽいパステルだと浮いてしまう……かといって「無難な」グレイやベージュといったベーシックカラーばかりだと、地味〜〜な印象に見られるのが悩み。

……これらの特徴に当てはまる「顔色冴えない族」のあなたは、おそらく「似合う色」を見つけるのに相当苦労されているか、自分には「華がない」と思い込んでいるのではないでしょうか。

だったら今こそ、その「苦労」とサヨナラするチャンスです!
そんなあなたにこそ知ってほしい、パーソナル=自分だけの「似合う」の法則があります。




本日、パーソナルカラー・コーチングをご利用くださったお客さま。日焼けの影響から、本来よりも肌のトーンが暗くなっているのに加え、血色もあまり良くないため、ノーメイクだと肌が黄色くくすんで見えて「お疲れ」な印象に。ご本人も「自分は『黄色い』と思うし、お店の人にもオレンジ系のチークを勧められる」とおっしゃっていました。……ところが。

実は「真逆」のタイプだったんですねー。

肌質と血行のコンディション、好んで着ておられるベージュ系のトップス、やや黄みがかったブラウンのヘアカラー。これらが影響しあって、本来の肌よりも「黄ぐすみ」しておられたのでした。

他にも「地味だと言われがち」「買った洋服が手持ちのものと合わない」「女性らしい、でも派手じゃない『華やかさ』が出せるようになりたい」といったお悩みをお持ちでした。コーチングではお客さまの「解決したいこと」の《答え》をすべて、後で見直してもわかるように、カラーパレットとコンサルシートにポイントを書き込んでお渡ししています。



もともとの肌色とお顔立ちに合う色のチークとリップを施すと、途端に生き生きとヘルシーに見えることに、ご本人がびっくり←それを見たわたし、にんまり

こんな風に「ベストとは言えないコンディション」のかたは、往々にしてご自身だけでなく「プロ」であるはずの美容部員さんや、時にはパーソナルカラーリストであっても「誤診断」のリスクが高くなります。このかたは「オータムに間違われやすいサマー」さんでしたが、このパターンとその逆(サマーに間違われやすいオータム)バージョンには、非常によく出会いますね。

「診断してもらったけど、なんだかピンと来ないというかた、あるいは「カラー診断をしているけど、微妙なタイプの判定に自信がないというかた、いずれもご相談に乗ります。せっかく春が近づいている今、悶々と悩んでいるのはもったいないですよ♡ こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせくださいね。

<脱・もやもや!
ジャンル:
ファッション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うちのロビンフッドがヤル気... | トップ | わたしを呼んでください!そ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

似合う/似合わない」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。