love your color*滋賀・大津・湖西でオーラソーマ+数秘+禅タロット+パーソナルカラー=あなたの《色》発見!

あなたの色=パーソナル・クオリティを知り「本当の自分」を生きてみませんか?「カバラジュエリー」取り扱ってます。

クイズ*この中に「イエローベース」は何色あるでしょう?

2017-03-09 | 色に関するヒトリゴト
というクイズを、昨夜Facebookの個人ページ[割とちょこちょこ小ネタ(色の話ばかりではないですが)を投下していますので、FBアカウントをお持ちのかたは、お気軽にフォローしてくださいね]に投稿したところ、結構な反響がありました。

ご覧になっているデバイスの特性によって「色の見え方」は結構変わるので、軽いお遊びのつもりでトライしてみてください。さーて、正解は……
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
じゃん!
こちらの「6色」でしたー。



おそらく「左下の2色」が難関だったと思います。FBでもこれらをイエローベースとカウントした人が多かったですねー。どんまい♡

ちなみに「左上の鮮やかなフューシャピンク」及び「右端の下から2番目のベビーピンク」はどのデバイスからも「青みがかって」見えるレベルかと思いますので、ココを外したかたは、今一度よーーく観察してみてくださいね。

なお実際には「色」だけでなく「質感(特にコスメは透け感やラメ、パールの入り具合など)もかなり重要です。アパレルアイテム(洋服や小物、アクセサリー)であれば「重量感」「カタチ」は時に色以上に印象を左右しますし、「面積比」「色の配置」によってもスタイリングの完成度が大きく変わります。

わたし自身もパーソナルカラーを習いたての頃、色にこだわりすぎてよく失敗したものです。しかも「こだわった」ハズの色も間違ってたりとかね(特にピンク・ベージュ・ブラウン・グリーン系は難易度高し

そういう意味でも「色だけ」を重視するのは結構リスキーなんです。と、カラーリストが言っちゃうわけですが

色はイメージ表現においてとても効果的な要素ですが、単独でアピールできる情報は限られます。色同士の組み合わせ方、その形やバランス、表現する素材の質感やボリューム……これらを「適切に」組み合わせて初めて「狙い通り」の効果が現れるんですよー。

・・・

PCCSが分かる人向けの、マニアックな補足(笑)

PI-1〜4がブルーベース、PI-5〜10がイエローベースです。ちなみに色相はPI-1〜4が24:RP、PI-5〜8が1:pR、PI-9が4:rO、PI-10が3:yR。

1:pRは「purplish Red:紫みの赤」なのに「イエローベース」なの!?と思われるかもしれませんが、赤ではなく「ピンク」として捉えた場合、Redに含まれる「わずかな黄み」が見え方に影響してきます。

同様に「ベージュ」や「ブラウン」も、色相だけではアンダートーン(ブルーベース/イエローベース)を判定は出来ないんですね。もっと言えば、物理的に「黄みを含まない」色も「イエローベースのシーズンカラー」として扱われていますし(例:スプリングのペリウィンクルやバイオレットなど)PCCSだと2:R(マンセルヒュー4R)と14:BG(同5BG)は明度・彩度によってアンダートーンの印象が変化する「特異な色相」です。ややこしいから、公に言う人は少ないと思いますが。

また、同じ色でも素材によって見え方が変わることもよくあります。なので厳密に物理量で「アンダートーン」を定義することは難しいのですが、だからこそ「色以外」の要素にもっと意識を向けることで、コーディネーションの幅は逆に広がる可能性があるんですよ。

一般的にPI-2・3・6・7の「アンダートーン」を見極めるのは難しいと思いますが、もしあなたが《パーソナルカラー診断をしたい》人なら、ココは頑張りどころです。頬や耳たぶ、唇といった「人が持つ赤み」はこれら4色よりもさらに明度・彩度が低いケースが多いため、より「微妙な違い」を見極めるスキルが要求されますからね。

パーソナルカラーを勉強中で、この辺りがニガテ……という人はとても多いので、焦らずコツコツ練習を積んでください。独学では今ひとつ自信が……というかたは個人レッスンも可能ですよー。こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせくださいね
ジャンル:
スキル
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3/15(水)わたし王国の国旗作... | トップ | 【セルフ人体実験】目元の色... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブルーなのにイエロー (古川)
2017-03-11 18:32:47
秋に診断をしていただきブルーベースだと言われ その時は、びっくりしたけど色々そのあと納得することもあり
この前メイクレッスンをうけて イエローですね っと言われ
なんだかなー ちょっと混乱しました
Re:ブルーなのにイエロー (studio-h-hirokamo)
2017-03-11 18:52:38
古川さん

コメントありがとうございます。
わたしたちの肌は「黄み」もあるので、パッと見には「イエローベース」に見えるかたも少なくありません。でも正反対のことを言われると、混乱してしまいますよね

もし本当にイエローベースであれば、サーモン系あるいはオレンジ系のリップやチークで血色よく、健康的に見えます。

そうではなく(特にしばらく時間が経つと)顔色が黄ぐすみして見え、メイクをしているのに発色が悪かったり、逆に色浮きして不自然に見えるようなら、ブルーベースの可能性が高いと言えるでしょう。

ご参考にしていただければ幸いです。もし診断結果に疑問をお持ちであれば、いつでも再診断いたしますので、遠慮なくおっしゃってくださいね。
Unknown (古川)
2017-03-11 20:34:35
納得しました
私 オレンジのリップ似合いません。
ご返信ありがとうございます (ひろかも)
2017-03-12 12:54:46
古川さん

ご納得いただけて、良かったです。
この春はオレンジ系のコスメが結構出てきていますが、引き続きローズ系も人気ですので、ご自身にフィットするお気に入りの色を探してみてくださいね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。