love your color*滋賀・大津・湖西でオーラソーマ+数秘+禅タロット+パーソナルカラー=あなたの《色》発見!

あなたの色=パーソナル・クオリティを知り「本当の自分」を生きてみませんか?「カバラジュエリー」取り扱ってます。

しくじり、という「リソース」を使ってみた。

2016-12-07 | ヨモヤマバナシ
テレ朝系列でやってる「しくじり先生 俺みたいになるな!!」が結構好きで、ちょくちょく見てます。まあ何というか、人生いろいろでんな(笑)

昔から「コミュニケーション・スキル」の一つとして《自慢話より「しくじった」話のほうが、人は興味を持って聞いてくれる》と言われていますもんね。わたし自身「自慢話」はあんまりしてないと思うんだけど(なんかむずがゆくなって、うまく話せない)、じゃあ「しくじり話」をよくするか?というと、それもあんまりしてないなーということに最近気づきました。

特に「カラー」に関することだと、しくじった話よりも「知っているとどれだけトクをするか&知らないとどれほどソンか」ってことを、つい力説しちゃう傾向があるんですよね。で、今書いてて思ったけど、これって人によっては「(ひろかもは)知ってるから得してます話」に聞こえてるかも……?だとしたら、ちょっと「上から」な感じでヤダよねー

でね、昨日試しに、非常勤で入っている短大の授業で「昔わたしが19だったのに、明らかに年上の子連れママさんから『おばさん』呼ばわりされて衝撃を受けた話」とか「駆け出しのグラフィックデザイナー時代、感覚だけでやってたら『何作っても似たような仕上がりで、しかも完成度が今イチ』でガッカリした話」とか他にもいくつか話したんですよ。多分、たっぷり10分以上しゃべってたと思います。

文字どおり「しくじり先生」を地でやったわけですが、普段全然わたしの話を聞かないでおしゃべりしたり、最前列でも机につっぷして居眠りしてるような子たちが、めっちゃ興味を持ってくれたんです!!あまりの反応の違いに、ちょっと先生、びびっちゃったよ……笑

その「後」でやってもらった演習は、いつもよりずっとスムーズに進行し、出来栄えも上々でした。

さらに今日、今度はまったく別のシチュエーションだったんですが、やっぱり同じように「わたしがしくじった時の話」をしてみました。で、昨日の授業もそうだったんだけど、しくじった「後」に「そこで何が起きたか/どう自分が変化したか」についても話したの。

当初は違う話をする予定だったのに、そっちは全然出来ないまま時間が遅くなってしまったんだけど、一連の「しくじり→変化」エピソードが友人の琴線に触れたようで「いい話を聞かせてもらってありがとうと、とっても喜んでもらえたのでした。

・・・

この二日間の出来事は、わたしに《しくじりとは「リソース」だ》という「事実」を、実感させてくれました。しかもかなり強力な、リソース(資源)。いっくらでもあるのに、なーんで今までもっと使ってこなかったのかしら!

別にエエカッコしたいわけじゃないのになー。確かにこの仕事を始めた当初は、精一杯背伸びして、時にハッタリかまして頑張ってましたが、今はむしろ「あんなこともこんなこともやらかしてきました。てへ」ってヘラヘラしてるくらいが、ちょうどいいのかもしれません。というか、そのほうが興味を持ってもらえて、結果として相手のお役に立てるなら、わたしいくらでも「しくじり先生」するわーー笑

そんな感じで、このブログでも時々「しくじり話」を書いてみたいと思います。よろしければおつきあいくださいな。
ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水筒だって「似合う色」で揃... | トップ | おわかりいただけるだろうか…… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ヨモヤマバナシ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。