脳卒中をやっつけろ!

脳卒中に関する専門医の本音トーク
 最新情報をやさしく解説します 

フローダイバーターは脳動脈瘤治療の最終兵器か?

2016年10月16日 | 学会/研究会
JSNET 2016の初日、11月24日の午前中、最初のプレナリーセッションとしてフローダイバーターを取り上げます。
大型・巨大脳動脈瘤に対してはこれまでハイフローバイパスなど、比較的大がかりな外科手術が行われて来ましたが、侵襲が大きいことが問題でした。これを解決するために開発されたフローダイバーターは欧米で盛んに使用されています。
本セッションではわが国における初期成績を報告すると共に、本機器が脳動脈瘤の最終兵器になり得るかどうかについて、世界で最も多い治療経験をお持ちの二人の海外ゲスト、Vitor M Pereira先生とPedro Lylyk先生をお迎えして徹底的にディスカッションします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エンボラス学会 | トップ | プレナリーシンポジウム2  »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なんともまあ (椋木)
2016-10-17 12:23:37
引きつけられるタイトルですね。
ちょっと専門外ですが、参加したくなってしまいます。こういうところにもセンスを感じます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。