脳卒中をやっつけろ!

脳卒中に関する専門医の本音トーク
 最新情報をやさしく解説します 

ESUS

2017年04月21日 | 脳梗塞
ESUSという診断名が最近よく使われています。日本語では「潜因性脳梗塞」といいます。
一体何のことかというと、さまざまな検査でも原因が分からない脳梗塞のことです。
そういう場合はどのようなお薬を内服してもらったら良いのか分からないわけです。
このため、以前に紹介した体内埋め込み心電図モニターなどを使って、脳梗塞を起こしやすい不整脈(心房細動)をとらえるのです。
正確な診断があってこそ、適切な治療ができるというわけです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春ですね | トップ | 会津 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
脳梗塞 (くろネコ)
2017-04-22 00:34:44
体内埋め込み心電図モニターですか…
脳梗塞も怖いですが、体内に埋め込むって何か怖いですね…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。