シニアICT土方の【IT公論】

<<【東北人魂】仙台遷都、福島東北オリンピックの実現へ。>>

「デザイナーとエンジニア」

2016-05-27 20:38:57 | 再録
http://blog.goo.ne.jp/strikegold/e/1ad204c07ad3cea5df4f7eb2c3375d71
デザイナーってのは(ホンモノは)「描ける」ヒトなわけね。

夢を。未来を。理想を。

それらを具現化して大衆の面前に知らしめることができる、特別な存在なわけだ。(ホンモノはね)

で、エンジニアってのはそれを「つくる」人間なんだな。(ホンモノはね)

たぶん「職人」も同義だな。


描くとかつくるとか、なーんもできねーくせに「描け」「つくれ」とあれやこれや指示するのがホワイトカラーってことかw

ま、哀れではあるが指示するのが仕事なんだな。でも何もできねーんだからもちょっと謙虚でいてほしいとは思うな。
最初から能力がない前提なんだから。だからホワイトカラーにおさまってるわけだろ。

あ。。「リーダシップ」か! ホワイトカラーの中でも選ばれた人間は、「リーダシップ」をもってるのか。。

そういうヤツがデザイナーもエンジニアも職人もいっしょくたに率いることができるのか。。

リーダシップをもってるか否かって、あんまよくわからんけど確かに「このヒトのいうことなら、聞いとこか」って思うヒトはいるんだよねえ。


リーダシップ論はまたどこかで考えるとして。。オレの大キライな「クリエイター」ね(嗤

ヤツらはどこに分類されるんだ? オレの私見ではデザイナーとはまた違うような気がするんだ。
ものすごくホワイトカラー寄りなんだ、存在が。
「指示したがり」にみえてしょーがないんだ、オレには。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エグゼクティブほどにルーティン

2016-05-24 20:09:54 | 再録
http://blog.goo.ne.jp/strikegold/e/fc87a8b020a696b1d663bd6b66192b9e
ルーティン「ワーク」(労働)じゃなくてね。健康的な肉体の維持のためにはルーティンワークはゼッタイ必要なわけ。

ジョグ、ウオーク、ストレッチ、ジム(のマシーン),etc。。。

全部ルーティンでしょ。日次とか週次とかの単調作業でしょすべて。

でもやるんだよ。健康促進のために。

これは、対価(健康)を得るための「労働」でなくてなんだというのだ?

あのさ労組問題となるとサヨクどもがぎゃーぎゃーと騒がしくなるんだが、自分の単調作業はどうなんだ?他人に押し付けられなければいいのか?対価が発生しなければいいのかよ。

まそれはいいや。労働がキライなヤツほど自分の健康のための労働はしてない。。よな?たぶん。だって労働そのものがキライなんだもん。であれば当然出世もままならないわね。
出世って会社組織の中だけの閉じた話じゃないよ。「世の中で」ってこと。

結局ヒニクなことにエグゼクティブとかね、人を動かす人たちの成功の要諦ってのは結局自身に課す単調のルーティンワークにかかっているというね。
ほとんどすべての作業やルーティンを、カネにまかせてまわりに丸投げしたところで、こればっかりは自分でやらにゃしょうがない。カネを積んでも最終的には他人とかキカイはアンタを健康にはしてくれない。自分でなるしかないんだよ。

つーかね。。
自分のことまでなんとかして他人に丸投げしようっていう姿勢がみえた時点でもはやその人物はオワコンというか。。いるよねそういうヤツって。

自分のことって自分でやらなきゃいけないんだよアタリマエだけど。ゲスなたとえでいえば貴族的生活をのぞんで誰かに身体を洗ってもらう生活を望み、それを実現させたならばその人間はオレは人間としてはオワリだと思うぞ。君はどう思う?

そのあたりが真のエグゼクティブになれるかどうかのリトマス試験紙になる。つまり。。「引き受ける」度量を測れるわけよ、そういうところでね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[重要]齋藤一人さん

2016-05-23 20:07:50 | 再録
http://blog.goo.ne.jp/strikegold/e/c0622dd3d19b55c87ba5e20b157910fa
はい、え〜、斎藤一人です。
(略)
「行動の星」っていうんだけど、行動する前にやってもらいたいことがあるのね。
それが、自分に向かって「そのままでいいんだよ」って、1日何回か言ってもらいたいのね。

なんでかっていうと、え〜、たとえば人間って、あの〜何でも逃げちゃうタイプとかね、頑固な人とか、いっぱいいるんだよね。
その人の性質っていうのがあって。
ただ、そういうのってのは、頑固じゃなきゃ生きられない何かがあったんだよね。
前世からず〜っと何代もこう生きてる間に、逃げ型っていうひとってのは、つい逃げちゃうようなクセってのがあったんだよね。
だけど、それはほんとにそう逃げなかったら命に関わるようなことがあったから逃げたんだと思うんだよね。
みんな弱気の人って、強気になれない何か訳があるんだよね。

それを、「自分のどこが悪い」「どこが悪い」「悪いから直そう」っていうカタチになると、悪い芽を植えて育ててくと、悪いものがなっちゃうんだよね
それよりも、そうなったのは仕方がないから、「そのままでいいんだよ、がんばったな」「よく生きてきたね」とか、「よくがんばったね」っていうふうにして、やっぱり自分を褒めてあげて、肯定してあげないと、これからが始まらないんだよね。
で、これからそれを、自分を「このままでいんだよ」って、自分に何回も言えるようになると、人にも言えるようになるんだよね。
一旦まず認めてあげないとダメだよねってことを言いたいのね。

それから自分は、たとえば私は仕事をしてるんだけど、あの〜これから何か仕事をしようって人はたとえば、ラーメン屋さんでも何でもいいんだよ。
たとえばの話なんだけどなんかお金の話しちゃって、全然話が違う人はゴメンねただ分かりやすいから、するのね

たとえば、「貯金通帳に、1000万円欲しいんだ」って思ったとするよね。
そうすると、まず必要なことは、「1000万円、絶対貯められるんだ」っていう確信を持たないとダメなんだよね。
自分に確信がないとだからやれないんだよな、これ1億円でも同じなんだよ
で、そうなったとき、貯金通帳が1000万円あることをホントに思い描けますか!?

で、思い描いたとしたら、その次に1000万円貯まるような行動をとらなくちゃいけないんだよね
たとえば「働かないでお金が欲しい」って言ったって無理なんだよね

この星はそういう風にできてないんだよね。

1000万円貯めるんだとしたら、たとえば自分は日本そば屋やろうと思ったら下積み行って…とかってのがあるように
1000万円って、ビルホテルでいうと10階建てのビルだとするじゃない。

そうすると、一番最初、1階から造っていくと思うけど、そうじゃなくて、基礎から造っていかなきゃなんないんだよね
穴、掘らなきゃなんないこともあるんだよね。

だから、ラーメン屋ひとつやるにしたって、下積みみたい基礎みたいのがいるんだよね。

わかるかな!?
これが1億円っていうたとえば、それが100階建てのビルだと、たとえ話でするとね。
ホントに下の方も、うんと深く掘らなきゃならないから、上に大きい建物建てようと思ったら、ホントに深いもの掘らなきゃなんないだよね。
で、行動しないとダメなんだよね
「自分は、たとえば、1000万円欲しいけど何やっていいかわかんないんだ」としたら、それはその時点で貯金箱買ってきて、1日100円でもいいから貯金する。
お給料なんか1万円でもいいから貯金して、実際に行動に移しているとだんだんだんだん考えが浮かんで来るんだよね
で、目的に向かって行くことが楽しいことで、

この星は行動しないと何もできない星なんだよね。

よく「こういうことがあって」なんか、こう、不労所得みたいのがあったとかって人もいるんだろうけど、私は不労所得のもらい方を、研究してるわけじゃないし、納税日本一になったときだって不労所得でなったわけじゃないんだよね
私は一所懸命働いてやったから、働いてやる方法しか知らないし教えられないんだよね。
「運良くこういうの、財産をもらいました」とかっていうのは、そういう人に聞いてもらいたいの。
きっとでも、その人はその人なりの"何か"をしてるはずなんだよね。

だけど、私がやってんのは、事業家だから事業としてのやり方しか教えられないんだよね。

だから、絶対成功する
スパゲティ屋やろうが、絶対成功する
で、成功するって信じてるから行動できる

それから、行動すると同時にたとえば、逆上がりだって1回じゃ出来ないんだよね
何回も何回も練習して逆上がりだってできるのと同じように、何回も失敗しても、絶対に成功する、っていう確信があるから、

これじゃダメだってことがわかった、成功に一歩近づいた、これじゃダメだっつうことわかった、成功に近づいた

改良して改良して改良してやるのは、絶対成功すると信じてるからなんだよね。

ツイてるだってそうだよ。「自分はツイてる人間なんだ」と思うから、行動出来るんだよね、

だから確信する
成功してるとこ、ホントに思い描く
そして、行動する

いいかい!?


前に山があって、「この山がどうしても邪魔だ」っていうんだったら、毎日考えてるより、スコップ持ってきて、少しでも、山、削りな
で、本気になって削ってるうちに、いろんなアイデアが出てくるし智恵も出てくるの
だから、行動を伴わないような願い事は、願いじゃないんだよ

思わずやりたくなっちゃってホントにやる、っていうここはそういう星なんだってことわかってもらいたいの。

で、この話ねあの、100回聞いてください。100回聞けば、絶対わかるから。

はい、以上です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「5分後行動」批判

2016-05-22 20:06:14 | 再録
http://blog.goo.ne.jp/strikegold/e/089647126601b64e382c0c57f51d30a8
あまりにあたりまえのことなんだけどね、何時に出発する、と決めて、準備して、だいたい5分前に出発できる人間(安定して)が時間を守れるわけ。

もっとブレイクダウンして言うと、商談が9時半からどこそこであります、と。
時間の関係で家から直出します。で、かなり重要な商談です。相手も重役だしこっちも本部長つれてく、と。だから8:30に行く会社の近くのスタバで本部長と待ち合わせてカンタンな打合せします、と。

こういうシーンだと、気をつけなければならないポイントがムゲンに出てくるよね。

ポイントが「ムゲン」にあると思えないようじゃまずダメだね。

たとえば本部長8:30到着はクリティカルパスだから。モーニングコールしてあげるとかさ。たとえイヤがられても、だよ。重要な商談なのであればそこまでしなきゃ。

つまりね、巻き込んでいくわけ。とあるミッションを遂行するためにね。


あ、、話がそれた。
で自分の話だけど、8:30に●●駅前のスタバ待ち合わせであれば、8:00には自分はそこに入っていなければならない。と、思えないようじゃダメですよ。
だってその30分でメールチェックするでしょ。状況が変わってるかもしれない。朝は電車混んでるから電車や駅のホームではメールチェックできないからね。否、みることはできるかもしれないけど返信できないから。

8:00の●●駅のスタバに入るためには、ま駅探とかでルート調べると思うんだけど7:50に駅着で検索するわね、当然。

で、7:00に家を出発すれば間に合うっていうのであれば、6:55に準備完了。で起きるの何時、云々かんぬん。。

もっと前からの話すると、その前の日までに資料そろえておかないといけないとか、本部長のスケジュールおさえるとか、まあいろいろある。

いやいや、ビジネスの話をしたかったんじゃないんだ。。

とにかくね、こういうのをきちっきちっと、実現させていくことのできる人間は、いわゆる「夢」や目標といったものを実現させる能力が高いよね。当然!

ルーズなヤツは「夢」も目標も実現できねえよ。そんなの当り前じゃん。

とことんルーズなヤツは苦笑するっきゃないんだけど、いわゆる「5分後行動」するヤツいるじゃん?ビジネスマンで。

こういう輩が、サイテーなのね。高い確率で人を待たせるヤツ。
こういう輩って、人を巻き込んでいくことができない。から、「夢」も目標も実現できない。なぜなら、信頼が発生しないから。以上、みたいな。


あのさあ、どんな人間にもチャンスはくるわけ。近くまで、ね。
それをつかみとれるかどうか。いわゆる5分後行動のヤツは、チャンスをぱっととりにいこうとしても「5分後」だからさ、すでに誰かにとられてしまってるに決まってんだろ!って話よ。

おせーんだよすべてが、ってこと。

5分前行動している人はぱっとつかもうとしたときに、まだ誰もきてなかったりするわけ。ラッキー、みたいな。

んでさ、5分後行動のヤツは、10分前(5分+5分)にすでに誰かがチャンスをぱっととっていっちゃてるから、気づきすらしないってこともある。
わかりますか?

最後に、これがいちばん大事かもしれないんだけど
5分後行動のヤツってさ、ぱっととりにいこうとするとすでに取られちゃってるから、「もうちょっとだったのに!」「頑張ってるのに!」って言い出すわけ。

ここ、猛省必要なんだよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

死ぬ気で二番煎じ

2016-05-20 20:05:31 | 再録
http://blog.goo.ne.jp/strikegold/e/26c49d6331484a815e92abb42d2d6037
業界トップランナー以外のね、いわゆる大企業ってさ、ただ単に「死ぬ気で二番煎じを狙ってる」だけだから。そういうビジネスモデルだから。だから嫌いなのよ。

トップ起業やベンチャーが何か画期的な商品開発したり、何か革新的なスキームでやってたりするとすぐ二番煎じ会社の社長が「なんでウチはやっとらん!すぐやれ!!」って要はマネしろってことじゃんよ(嗤

「ウチ」がやってるわけねーだろ!やってたらアンタの起業はトップランナーだっちゅーの。
二番煎じ作戦が末端までしみついてる会社なのに「なんでウチはやっとらん!」はキツいだろ。そういってるアンタが二番煎じなんだから。

そういう企業体質なんだから。そういうふうに社員を育ててんだから。二番煎じを狙えって教育しといて何か画期的な商品生みだせとか、おかしくね?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

闘う気概

2016-05-17 20:45:27 | IT土方(若いヒトたちに伝えたいコト)
http://blog.goo.ne.jp/strikegold/e/77c33e84996b91baa1ac752c3b83b7b7
(20121229)
できる限り自由に仕事できる環境をゲットするため、闘う気概を持つこと。

自由、とは「楽」ではない。ビジネスにおける自由状態とは、自身がもっとも生産性が上がる状態であって、それ以外の状態は「不自由」。
カンタンにいえば、睡眠不足とか二日酔いとか風邪とか。そういうのも「不自由」状態。

ガンガン、バリバリ仕事している状態を、まわりにみせつければ、そして、バリバリ仕事「できない」状態との格差をみせつければ、周りはだんだんと お膳立てしてくれるようになる。
なぜなら、ビジネスだから。アナタにはガンガンバリバリ仕事してくれないと困るんだから。

ただし、厳しい側面もあって、今話したのは環境の話であって、自分が生産性を上げるためにはまず自己節制が必要なのだ。
それが大前提であって、自己節制してもどうしても生産性が上がらない障壁が、環境にあることが明白であれば、闘える。そうでなければ、何かを訴え ても返す刀で「自助努力でなんとかしろ」といわれる。

その「自己節制」それを一過性でなく、ずっと維持するためにどうするか? ということを延々と書いてきたつもりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[重要]矛盾の話

2016-05-16 20:44:19 | IT土方(業界体質を小声で批判してみる)
http://blog.goo.ne.jp/strikegold/e/a610fec49c3043baae230b275cb4358a
世界に冠たる発明とかさ、そういうのって、最初は「凡人」どもに小馬鹿にされる確率は「100%」なわけさ。

でね、バカな役人とかアホな企業の経営層とかがね、そういう最初の荒唐無稽なアイディアの段階でつかまえとけ!とげきを飛ばす。

そういうヤツらって口ではいくらでも独創的なアイディアは大歓迎だ、どころか革新的破壊的アイディアまでウエルカムってポーズするよね。

。。バカだなあ、と。。オマエらホントに革命的なアイディア眼前に見せつけられたらどうすんの? 力いっぱい拒否するに決まってんだろ?

そしてね、そういう「凡人」どもが、「いいね!」と称賛する「独創的な」アイディアなんて凡人が賞賛してる時点で120%独創的じゃないんだっての!

しょせん、その程度なんだってことに、気づかないかね?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実行しないと「何も」起こりません。

2016-05-15 20:43:30 | 引用
経営で利益を生むのは社内業務ではなく、移動時間でも考える時間でもありません。利益を生む可能性があるのはお客様と会っている時間かプロモーションをしている時間だけです。これらを【大量】に実行しないとたいていの場合「何も」起こりません。具体的には営業活動、販促活動、広告活動、PR活動をしないと、たいていの場合「何も」起こりません。「良いモノを作れば自然に売れる」そうかもしれません。でも、そうでないかもしれません。今でも私にはよく分かりません。分からないからといって【待って】いてもたいていの場合「何も」起こりません。そのことを私は長い時間をかけて理解しました。酒井とし夫
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

深夜残業と生産性

2016-05-13 20:41:26 | IT土方(下層に棲息するヒトたち)
http://blog.goo.ne.jp/strikegold/e/ba88d80217e6571e59447752c74af574
かーなーり誤解を招く表現するけどね、IT業界ってけっこう学歴関係なくて実力主義なとこがあるからそれは素晴らしいと思うんだけど、その理由って深夜残業にあるのでは?と。つまりね、才能とかセンスじゃないんだね。ブルドーザーのような深夜残業で成果上げてるから、「生産性」ってあんま関係ないのね。実力主義って能力主義じゃなくって「実力」には体力と忍耐力も含まれてるから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まとめてやるか都度やるか

2016-05-10 20:03:07 | 成功法則・カネ持ちになるには
まとめてやるか都度やるかっていう議論があると思ってるのね。

仕事とかね、家事とかでもそうだし。。

俺もたまにそれ、考えるんだけど。さっき、なんか結論出たなw

まとめてやったほうがいい。ただしギリギリじゃなく。

ってことだ。

なんかさーみんな、まとめてやるって夏休みの宿題ひきずってね?

すっげー余裕があるときに、まとめてやる、でいいじゃん。

仕事ができるビジネスマンって結局そうしてんじゃね?寸暇をねらって。


一般ピープルの行動が、もうホントヤバいよ!ってとこではじめて重い腰を上げて「まとめてやる」だから、その行動を回避すれば一歩先をいけるよ。仕事でもプライベートでも。

そういう、一歩先をいってる庶民を俺は「新庶民」と定義している。


*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

重要:荘子雑篇

2016-05-09 19:58:22 | 再録
http://ameblo.jp/stevengerrardjp/entry-11992429094.html
http://www4.tokai.or.jp/kyuguan/17_27soujihtml.html
荘子雑篇(1)
今吾日計之而不足、歳計之而有餘
庚桑楚(こうそうそ)篇

老子の弟子に庚桑楚という者がいて、老子の教えの一部を体得したので、北方の畏塁(あいらい)と言う山里に居を定めた。彼は召し使う者の中で、知恵を働かすような男には暇をだし、つんと澄ました気取り屋の女は遠ざけて近寄せず、醜い顔・形の者と一緒に住み、こつこつと骨惜しみしない者を召し使って暮らしていた。
こうして三年ほどたった時、畏塁の里がたいそうな豊作になった。そこで里の人々は互いに語り合った「あの庚桑楚と言う人がこの里にやってきたばかりの頃は、全く変わった人だと驚いたものだ。日々は何も大したことはやってないようだが、一年間の仕事を見ると、驚くべき成果を挙げている。おそらく聖人に近い人だろう。皆でこの里の主君としてあがめようでないか」。
庚桑楚はこれを聞くと、南向きに座ったまま浮かぬ顔をしているので、弟子たちは不思議に思いそのわけをたずねた。庚桑楚はそれに対し「お前たちはどうしてわしのことを不思議がるのか。天地自然にあっては、春になって陽気が良くなると草という草が全て芽を出し、秋になると万物は実を結ぶ。このように春と秋とは皆自然の道を得て気を生じ、大道が行われるのである。『至徳の聖人は小さな室にひっそりと隠れ住み、人々は勝手気ままに振舞って、至人だなど思いもしない』ということを聞いているが、それが本当の至人だ。ところが今、この里のつまらぬ者たちはこせこせと、わしを賢人の仲間に祭り上げようとしている。これではわしは人の目標たる人物になってしまう。老子の道を学びながら、自分はその老子の言にそむく事になるので、浮かぬ顔をするのだ」。
弟子が言った「そうではありません。小さな溝では大きな魚は身を翻す事はできませんが、小魚は自由に泳ぎまわることができます。低い小さな丘では大きな野獣は身を隠す事が出来ませんが、ずる賢い狐にとっては住みよい場所です。それに賢者を尊敬し、有能な者に位を授け、善行と利得とを大切にすることは昔の堯、舜の時からすでにそうなっています。それゆえ、この里の民はこうして先生の恩徳に報いようとするもので、これは当然のことです。どうぞお聞き届けください」。
庚桑楚は答えた「お前たち、近寄ってよく聞くが良い。車を口にくわえる事のできる怪獣でさえ、仲間と別れて一人で山を下れば、わなにかかってしまうし、船を飲むほどの大魚でも、跳ね上がって陸に上がれば、小さな蟻に食われてしまう。それゆえ、鳥や獣はより高い所に好んで住み、魚やすっぽんはより深い所に好んで住む。だから人間でも生命身体を全うする至徳の人になると、より深遠な人目につかぬ場所にその身を隠すのだ。
それに堯と舜の事をあげたが、このような者は少しもほめるに値しない。彼らはその智弁で何をしたかといえば、わざわざ庭の垣根を壊して雑草を増やしたに過ぎない。あるいは髪の毛を一本一本そろえて櫛を入れたり、米を一粒ずつ数えて炊くといったわずらわしいやり方で、こそこそと事に処してきた者である。果たしてそのようなことがどれほどこの世を救い得たというのだ。彼らのしたように賢人を選んで用いれば、人々は誰もが選ばれようと争いあうことになる。知恵のある者を抜き出して高い地位につければ、誰もが悪賢くなって騙しあうようになる。つまり、このようなやり方では決して世の人々を幸福には出来ないのだ。
このやり方は人々を自分の利益のために努めるようにさせるだけで、ひいてはこの利益のために、子であっても親を殺すものが現れ、臣下であっても主君を殺すものが現れ、昼間にものを盗んだり、家の垣根を破って侵入するようなことが起きる。大乱の本は堯、舜の時代に生じたのである。やがてこれは千代も後の世に及ぶだろうが、その折にはおそらく人と人が食い合うようになるだろう」。、
この話を聞いていた南栄趣(なんえいしゅ・庚桑の門人)は恐れかしこまり、威儀を正して尋ねた「私はすでに年長者ですが、どのように学問をすれば、そのお言葉に従えるようになれるでしょう」。(注・南栄趣の趣は本当は走扁に朱ですが、字典に無いため読みの同じ趣を暫定的に当てました。なお南栄は姓で趣は名です)。
庚桑楚は答えた「お前の身体を全うし、生命を保全し、思慮をあくせくと働かせない。そのようにして三年を過ごせば、わしの言った境地になれるだろう」。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

単調労働でがっぽがっぽ儲けるためには

2016-05-08 19:51:58 | 再録
http://blog.goo.ne.jp/strikegold/e/adacc83dbfa0fae36694a75bfa692b38
単調労働でがっぽがっぽ儲けるためには。。って昔から考えてるんけど。
それがオレの理想の働く姿だからさ。

単調+職人的要素っての?
たとえば鰻を焼くとか。。(極端な例だが)ごはんを炊いて鰻を焼いてそれを丼に盛り付けるだけでがっぽがっぽ儲かるんだったら、一生焼いていたい。
でもそれで月給20万とかだったら、やりたくない。

理屈はカンタンなのね。儲けるためには自分が社長になればいいわけ。つまり、儲け総取りにすればいいのよ。カンタンでしょ?
世の中には中間搾取があるから、パンピーの給料が少なく抑えられてるわけだからね。

次に、売れなきゃダメなのよね。つくったそばから売れないとダメなの。「がっぽがっぽ」にはならんのよ。

別に季節もんでもいいんだよ。秋冬がっぽがっぽ儲けて死ぬほど働いて春は休んで夏は仕込み、とかね。そういう年次サイクルでもいい。

あ、あとね、生涯サイクルでもいい。何かの時流にのっちゃって、5年とか10年とかわきめもふらず死ぬほど働く。単調労働でがっぽがっぽ儲ける。
で、一生分稼ぐ。あとは、ゼッタイボランティアなぞしない。悠悠自適もしない。一生分稼いだら、あとはやとわれればいいわけ。時給850円とかで。
やりたいバイトすりゃいいのよ。で、やめたくなったらやめればいい。

いろんなしがらみがあるから、まったく知らない土地にいってバイトするのもいいね。出稼ぎみたいにね。
基本的に一生生活費には困らないわけだから、お気楽だよね。


で。。じゃあ儲かる単調作業ってなんだよゴルァ!ってことなんだがw
そもそも出せば必ず売れる商品ってなんだよって。

ってオレは15年ぐらい考え続けてるんだけどね。

ちと話変わるけど、たとえば、繁華街に出店すれば、出せば売れるが実現できるのかもしれんけど、オレは一方でゼッタイに死ぬまでヤ●ザとはかかわらないと誓ってるから。ビジネスでもプライベートでも。
だから車には乗らないの。車だとヤ●ザの車にこする可能性が高まるでしょ。早寝早起きしてるのもそれ。深夜に生きてると必ず(いつかは)ヤ●ザに遭遇する。

繁華街に出店すればヤ●ザとかかわらざるをえない。だから絶対に、こっそり儲けなければならない。郊外とか田舎とかで。あるいはネットで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20150330

2016-05-06 19:49:41 | 「社会人として!」といったようなコト
2015
社内会議室でさ、時間になってもどかない。外からノックされてはじめて動き出すノックするのを遠慮して外で待ってるとゼッタイどかない。っていう輩が管理職以上のうちでほとんどであればそういう会社の未来は、ない。とにもかくにもダメダメ。
03-30 17:09

とにかく何度も書いてんだけど、いわゆる「オトナ」にみえるリーマン、つまりけっこうな額のカネを動かしてるの背広組。そういうヒトたちをさらに上から動かす人間になればいいの。世の中のすべての経営層はそうなんだ。自らカネに手を染めていない。下にやらしてる。
03-30 17:44

「社長」とか経営層でなくとも、そうなればいいんだよ。カネを扱うのがうまいヤツらは日本にクサるほどいるんだ。つーか日本のホワイトカラーのほとんどはそういうヤツらで、ダブついてんだよ。もっと働いてもらう。「オトナ」だなあ、なんて羨望のまなざしでみなくていいの。
03-30 17:46

カネを動かしてっからってうらやましいってのがおかしい。だって億のカネ動かして自身は年収500万ぐらいだよ。それがうらやましい?カネを右から左に動かすのは実は「スキル」じゃないんだよ。ただの「作業」なんだ。
03-30 17:47
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サクシュだよサクシュ

2016-05-03 19:37:14 | 政治経済・世相
基本的にね、大企業が都心の一等地にでっけー本社ビル建ててさ、ふんぞりかえっていられる理由は、社員をサクシュしてるからに決まってんじゃない。

昔、支配層寄りのバカがなんかヒッシに喧伝してたけどさ、なんだっけ年収500万のリーマン抱えるのに1500万かかってんだから、リーマンは年収の3倍の売上がノルマ。甘ったれんな働けはコ゛ルァ!みたいな。

いくらかかってんのかなんて知ったこっちゃない。抱えるのがイヤなら手放せばいい。雇った側に責任がある。つーかもっとカネかけてもっと手厚く扱えば? そうしないと逃げちゃうよ?

その大企業のエース級なんてさ、スーパーサクシュされてっから、もはや年収の何倍の売上に貢献してるかわからんよね。エースは年収を倍にしてもいいぐらいだよ。そういう、会社にとって都合の悪いことはひた隠しにする。

まぁでも、その会社のネームバリューによってエースはその年収で概ね満足してその会社にとどまってるわけだから、まあうまくできてるっちゃできてるよな。



****
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「中抜け半休」

2016-05-02 19:34:49 | サラリーマン愛憎


リーマンの人とずーっと20年ぐらい仕事してきたんだが「中抜けしまーす」を理解してもらえないというか。。

ざっくり言うと午後一の会議がないときに朝の会議が終わり、一旦抜けて夕方帰ってくる。
勤務時間は午後半休のときと同じ感じ?

夕方ね、帰ってきたいんですよ。現場で何起こってるかわからんから。外でメールchkしてるだけじゃわからないことってあるじゃない。

プロマネに夕方から重要な仕事頼まれるかもしれないし。


でもリーマンって遠くに住んでる人間がほとんどだから、一旦会社を出たらもはや帰ってこれない。つーか帰ってきたくない。夕方や夜から上司に仕事頼まれたくねーよ、ってのがリーマン。俺らとは考え方が違うから。

役所への用事とか通院とかって実は、半休で十分でしょ。中抜け半休使うと、とってもいいんだよね。

もっとでっかい話すると中抜け半休の積極的な活用ってWLBのための重要な施策だと思うんだよな。
ただ、中抜け半休できるのってけっこう、職住が近接してるのが条件になってくんだよね。

リーマンの家は職場から「遠いのがあたりまえ」っていうフザけた常識が幅を利かせていた時代は終焉を迎えてはいるが、まだまだ家が遠いという事実は否めないからなあ。

この話いったん寝かせとこう。
**
コメント
この記事をはてなブックマークに追加