レンスト極北日記BS

常識の消滅と観念の再構築。

ようこそ…… レンストの世界へ……

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

recollection.仮面ライダークウガ

2012年01月11日 | メモリアルフレーバー
メモリアルフレーバー、第11回はクウガを振り返ります。
クウガは原点回帰というコトもあり、ドラマ性が非常に濃い、最後まで一人で戦う孤高のライダーとして描かれていました。
どこかの誰かの笑顔のために、自分が戦わなくてはならない…その優しさこそがヒーローの条件ですが、いつでも五代君は辛そうだった気がします。

レンストではクウガは警察と組んで戦うというデザインがよかったと思います。
パートナーである警察官の一条さんはカード化されませんでしたが(後姿は出たけど。)、レンスト世界ではクウガにはデカレンジャーやメタルヒーローといった味方がたくさん出来ました。
作中で孤独に戦い続けた彼の姿を知っていると、他のヒーローやロボと並び立って戦えるレンストはちょっと感動的だナーと感じますよ。

ではいきましょう。
A New Hero. A New Legend.
見ててください、俺の変身!

仮面ライダークウガ

それは“守る”ための力。だからこそ、猛き者ではなく、優しき者に力は宿る。
 ―アークル

自分の涙は仮面の裏側に隠し、心優しき戦士は起つ。全ては、誰かの笑顔のために。
 ―超変身

過去に会得した技には込めることのなかった感情が爆発した時、2000番目の技は完成した。
 ―仮面ライダークウガMF(マイティフォーム)

準備は整ったようだな。今度のゲームも俺からだ。
 ―ズ・バヅー・バ

これを見てください。やつらの大量殺人は、毎回明らかな法則性の下で行われているのです。
 ―ゲゲル

分かりました!とにかく奴らを追います!
 ―トライチェイサー

互いに通じ合う気持ちが背中を押し、戦士に果てしない勇気と力を与えた。
 ―共同戦線

自在に形を変えて守り、荒ぶる激流となりて攻める。青き姿の極意は、水の心にあり。
 ―仮面ライダークウガDF(ドラゴンフォーム)

警察官が銃を預けると言う意味―託された思いが、極限の集中力を更に鋭く研ぎ澄ました。
 ―仮面ライダークウガPF(ペガサスフォーム)

友との特訓で掴んだ勇気。恐れずに前へ進み続ける意思が、霊石の新たな力を解き放った。
 ―仮面ライダークウガTF(タイタンフォーム)

遥か昔に結ばれた絆は、戦士の復活と共に蘇った。
 ―トライゴウラム

溢れる力が戦いを求め、ルールすらも歪めてゆく。
 ―ズ・ザイン・ダ

殺戮を止めるために破壊が起きる。矛盾に軋む心を隠しその一撃は放たれる。
 ―仮面ライダークウガRM(ライジングマイティ)

笑顔がそれに飲まれる前に、闇を抜き去り前に出ろ。
 ―ビートチェイサー

青き水の竜は速く静かに流れ往き、雷の力を得て牙を生む。
 ―仮面ライダークウガRD(ライジングドラゴン)

信頼によって得た武器は新たなる力によって神雷の矢を放つ武器へと進化した。
 ―仮面ライダークウガRP(ライジングペガサス)

突き破れぬ壁に当たった時こそ己の心に問い掛けろ。立ち向かう勇気があるのかと。
 ―仮面ライダークウガRT(ライジングタイタン)

リントの戦士を狙うその理由(わけ)は“破壊のカリスマ”ゆえのプライドか。
 ―ゴ・ガドル・バ

強く、もっと強く。その果てに待つ闇を感じながらも、笑顔の為に。
 ―仮面ライダークウガAM(アメイジングマイティ)

誰より笑顔を愛した男の背中は、まるで泣いているようだった。
 ―仮面ライダークウガUF(アルティメットフォーム)

「もっと、もっと僕を笑顔に…」 燃え盛る炎は究極の闇をより濃く広げていく。
 ―ン・ダグバ・ゼバ

究極へと至る道は一つではない。ただ人の為に己を高め空と成し我を得よ。
 ―仮面ライダークウガUF(アルティメットフォーム)


話は変わりますが、某所で「オーズの映司は、最終決戦後の五代君にさらにベルトを渡した状態のようだ」と言われていました。
五代君は人を笑顔にするのが好きで、戦いの理由も人の笑顔が失われるのが悲しいから。
自分が蝕まれていきながらも、それでも戦い、乗り越え、究極の闇を打ち倒す。
心の強大なストレスを乗り越え、また旅に出ることで、失われた心を埋め戻していく…そういうラストに希望が持てるからこそ、クウガは救いがありました。
で、話は戻ると、映司はそういう「守りたいものが守れなかった」という強大なストレスを受けた後に戦いが始まったパターンです。
そうなるともう、自分よりも他人のためにとどこまでも無理をしてしまうわけで、結果的にプトティラに喰われそうになったりしてましたねぇ…。

さてカードです。
クウガは素晴らしいフレーバーが多く、特に力のこもった作品のように感じています。
原作のシーンを思い出させるようなもの、五大君の内面を掘り下げていくものなど、登場人物が少なかった分、濃い表現が出来たのかもしれませんね。
グロンギもいいキャラ多かったので、脅威のジャンパーや破壊のカリスマ以外にももっと出して欲しかったです。
ゴ・バダー・バとバイクのバギブソンとかね。ビートチェイサーのイラストにも載ってるし、同時収録してもよかったじゃん!
子供大量殺害のゴ・ジャラジ・ダなんかも「特徴:仮面ライダーを持たないSユニットを撃破したときに、相手のSユニットを1体ホールド」という、恐怖の連鎖みたいな効果で出すとか。

超変身デッキも、アークルの登場で一気に実用度が上がりました。
大量ドローからのアルティ降臨は完璧なコンボで、原作ファンにも大満足の強さでしたね。
XG5のキバの登場で、超変身ぷにるも構築しやすくなっていきました。あれ、なかなかのサイズになりますよね…。

クウガ関連では、ビークルがとにかく優秀でした。
緑はRCの基本色であり、低パワービークルは他に選択肢がないくらいにトライチェイサーとビートチェイサーが強かったです。
当のクウガはデッキ的にあまりそれらに乗らずに、徒歩で戦闘してましたけどねw

シクレのアルティのイラストは、個人的BEST3に入るカッコよさです。
あの効果は最終決戦の再現ですね…素晴らしすぎる。
心の迷いを振り払って究極の闇に撃ち勝ったクウガを追加条件にDA含まない点で表現、殺戮のゲームが完成しないと楽しくないダグバをDAのみで表現。二人の雪山での殴り合いを再現した効果で、究極に至れなかったほうが撃ち負けて先に倒れるんだ!

クウガは作品も好きなので、こういうときに語りやすくて楽しいですねーw
次回はまたメタルの続きを振り返ります。


アメイジングマイティキーック
ジャンル:
速報
キーワード
仮面ライダー ライジング アルティメット 守りたいもの プトティラ 失われた心 もっと強く デカレンジャー メタルヒーロー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 戦(や)りあう相手が見上げる程... | トップ | ベイベー、ジャンパーソンをやる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。