ひよりの音楽自己満足

自分の好きなアルバムやアーティストを紹介させていただきます。

TOO MUCH

2009-05-05 10:56:16 | 70's J-Rock
 先日のこと、いつものように中古CDも扱っている某CD店へ。そしていつものようにプログレのコーナーをチェックすると、このオレンジのジャケットが目についたものでふと手にとって。そしておもむろに値段をみたら、あらビックリ!5桁じゃん!安月給の自分には到底手が出ない金額。しかも全然知らないバンド名だし。で、家に帰ってから早速ネットでググってみたんですけど、全然わかんない。一度はあきらめたんですけど、某通販サイトを見たらなんとあったんです。しかも定価だし。そして説明をみるとなかなか興味深いもので即購入。
 <TOO MUCH>は、京都出身のヘヴィ・ブルーズ・ロックバンドだそうで、1971年にこのアルバム「TOO MUCH」を発表しただけのようです。バンドの詳しいことは全くわかりません。このアルバムにクレジットされているメンバーは、ヴォーカル<Joko Lashuさん>、ギター<オガワ・ツトムさん>、ドラムス<小林秀弥さん>、そしてベースはのちに<外道>に参加される<青木正行さん>の4名です。このアルバムのクレジットにはありませんが、ブルーズギタリストの<堀内良二さん>、そして<伊福規さん>という方も<TOO MUCH>に参加されていたようですね。
 アフロっぽいヘアーの方の顔半分のアップという強烈なインパクトのあるオレンジ色のジャケット。遠くを見つめているかのような目が印象深いっす。アルバム全7曲で最後には12分の大作が収録されています。さて、いったいどんなサウンドなのか・・・
 1曲目は「Grease It Out」。いきなりヘヴィなリフからめっちゃダイナミックにはじまり、そしてZEPのWhole Lotta Loveにクリソツの雰囲気に。間奏ではエモーショナルなギターソロが。どことなくオリエンタルな香りもするメロですね。ヴォーカルはやはりガイジンさんなのかな。ハスキーでパワフルでめちゃかっくいいっす。
 2曲目は「Love That Binds Me」。メロウなギターからはじまるスローテンポのブルーズ。ヴォーカルとギターが交互にブルージーなフレーズを。力強いヴォーカル、ナチュラルトーンのギター、いいですねぇ。間奏では綺麗な音色の力強いタッチのピアノソロ、そして泣きのギターソロが。ラストはドラマティックに盛り上がってFin。
 3曲目は「Love Is You」。パワフルなリフからミドルテンポではじまります。ヴァースはリフ・ヴォーカル・ユニゾンで、サビはテンポアップしてかっこよく。そしてボレロリズムのパワフルなリフのあと、軽快なリズムでエモーショナルなギターソロが。ギター2本のメロディアスなハモりもすっごいかっくいいっす。
 4曲目は「Reminiscence」。いきなりダイナミックなリフが。まるでCreamのWhite Roomのように。そしてスローテンポで哀愁ただようメロディがながれ、ブルージーなヴォーカルが。バックのオルガンがいい味だしてますね。間奏では情感たっぷりの泣きのギターソロが。ラストのギターソロではギター2本で。ひょっとしてもう一人ギタリストがいらしたのかな?クレジットではオガワさんだけだったけど。
 5曲目は「I Shall Be Release」。ゆったりとしたほのぼのするようなバラードソング。肩の力を抜いた感じのヴォーカル、そしてバックのアコースティックギターとピアノの音色、いい感じですねぇ。間奏ではおだやかで心地よい音色のギターソロが。ラストにピアノソロがちょこっと。ステキな曲です。
 6曲目は「Gonna Take You」。ヘヴィなギターリフからはじまって、ミドルテンポのパワフルなドラムとヴォーカルがはいって。シャッフルビートの力強いブルーズロックです。間奏ではエモーショナルなギターソロが。ダークさもあって初期Black Sabbathのような雰囲気を感じますね。
 7曲目は「Song For My Lady (Now I Found)」。アコースティックギターの哀愁を感じる美しい音色からゆったりとはじまり、そしてフルートの素朴で哀しげな音色が響いて、そしてうつむき加減のヴォーカルがはいって。そしてサビでもりあがって、バラード調に展開していきます。間奏まずはストリングスとピアノのドラマティックなフレーズが、そしてメロディアスなギターソロも。2ヴァースのあと、静かになってアコースティックギターの美しいサウンドのリフレインが響き、そしてそこにストリングが加わって盛り上げていきます。さらにピアノとフルートも加わってよりドラマティックに劇的に展開していきます。フルートのアグレッシブなソロも。それが徐々にフェードアウトしていき、一旦消えるもふたたびフェードインしてきてパワフルなドラムとともによりダイナミックに。ドラム叩きまくりでフェードアウトしていってFin。12分強のプログレ大作です。
 この時代のアルバムのなかではものすごいクォリティの高いアルバムですね。ピアノ・フルート・オーケストラも用いたハイレベルな作品です。ヴォーカルもパワフルでかっくいいし、力強いドラムもいい音してるし。アルバムが1枚しかないのはほんと残念です。 
 このアルバム、某CD店では超プレミアだったのに、何故某通販で定価がったのかというと・・・自分の買ったアルバムは2000年にドイツのレーベルから再発されたCDだったんです。日本の70年代のアルバムが他国で再発されるケースはたまにありますね。権利関係ってどうなってるのかな?でもでも自分のようなあまりお金をかけられない音楽ファンにとってはほんと助かります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 09.5.1 Over The Rainbow | トップ | ジュリエット »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
懐かしい (Olivia Little)
2010-05-05 20:22:37
初めまして、Olivia Little です。
昔のロックを探していてたどり着きました。
懐かしい! TOO MUCH は生演奏を何度か見ました。百貨店の屋上で演奏してたりしたんですよね。

モップス、フライングバード、ファーラウトとか、日本のハードロック聡明期でした。そのアルバムは、確か持ってきた記憶があります。
ありがとうございます (ひより)
2010-05-05 22:36:14
 Olivia Littleさん、はじめまして!ひよりと申します。
コメントを書いてくださってありがとうございます。すっごい嬉しいっす!
 おぉ!Oliviaさんは実際にライブをご覧になったことがあるんですか!なんて羨ましいことでしょう。当時はまだライブハウスなんてそうはなかったでしょうから、売れるまではどうしても百貨店の屋上とかでプロモーションライブをするしかなかったのでしょうね。
 モップス、ファーラウトは知ってますがフライングバードは知りませんでした。今度調べてみます。
Unknown (Olivia Little)
2010-05-06 12:28:27
はじめまして、ひより様。
TOO MUCH は、確か西武百貨店の屋上で聴いた記憶が・・・。今にして思うと、ほとんどビアガーデンみたいな感じです。渋谷が新宿と並んで、結構ロックの盛んな街でした。
あと、渋谷公会堂だったか、体育館みたいなところでいくつもバンドが出たライヴに行きました。
チューリップが東京で行ったライヴも見ましたが、昔の山手教会の下にあった「ジャンジャン」でした。「黄色い魔法の靴」がリリースされたばかりで、結構荒削りなチューリップでした。ブルースバンドっぽかったです。
ありがとうございます (ひより)
2010-05-06 22:31:11
 Oliviaさま、いらっしゃいませ。
コメントを書いてくださってありかとうございます。めっちゃ嬉しいっす!
 ジャンジャンって聞いたことあります。チューリップってニューミュージックのイメージしかなかったのですが、初期はブルーズっぽかったのですか。貴重なお話をありがとうございます。
フライングバード (Olivia Little)
2010-05-08 13:04:25
ライヴでフライングバードが演奏してた曲が、確か James Gang の「Walk Away」でした。いい曲だと思って探してて、シングル盤を見つけて、早速買ったことを覚えてます。
ありがとうございます (ひより)
2010-05-08 18:25:47
 Oliviaさま、いらっしゃいませ!
コメントを書いてくださってありがとうございます。とっても嬉しいっす!
 James Gangといえば、後にDEEP PURPLEに参加する天才ギタリスト故Tommy Bolin氏が在籍していたバンドですね。フライングバードがそういう曲を演奏していたとは。とても参考になります。教えてくださってありがとうございました。
 メンバーにつて (r)
2010-06-05 20:45:04
 お久しぶりです。TOOMUCHは、ボーカルがジョーさんに似ているかもしれません。
 10年ぐらい前に、HP上で、ボーカルの方、インタビューが公開されたことがありました。
 今も元気でどこかで、歌っておられることを望むばかりです。
 ギターの<オガワ・ツトムさん>は、フラワー
…加入前のジョー山中さんと活動してました。
 ドラムス<小林秀弥さん>は、このバンドの後、80年代前半は ジョー山中さんと活動してまし、その後、山口富士夫と活動してました。
ありがとうございます (ひより)
2010-06-05 21:46:21
 rさん、いらっしゃいませ。
こちらこそご無沙汰いたしております。
コメントを書いてくださってありがとうございました。
TOO MUCHは情報があまりないもので、こうしていろいろ教えていただけると助かります。
Too Muchのライブ音源です (tonehender)
2016-03-01 10:12:28
突然おじゃまいたします。
日本のロックバンド「Too Much」に関する検索をしていて、
こちらのサイトにたどり着きました。
実は私、1971年11月に日比谷野音で行われたロックフェスで、
1曲だけなのですが、Too Muchのライブを録音しておりました。
当時15歳でしたが、この曲がとても好きで、その後何回も聞き返したものです。
そのころ手に入れたToo Muchのアルバムには収録されていない曲で、
いったい何というタイトルの曲なのか、45年経った今でも謎のままです。
つい最近「断捨離」を兼ねて押入れを整理していて、何年ぶりかで
この録音テープを発見し、YouTubeにアップさせていただきました。
もしよろしかったら聴いていただけますか?
そしてこの曲に関する情報などご存知でしたら、教えていただけると幸いです。
なお、ステージまん前にかじりついて録音した音源なので、音は割れ気味、
PAから出ているジュニーさんのボーカルも小さめです。(残念)
ご了承ください。
TOO MUCH 日比谷野音 '71年11/3
https://youtu.be/ShFVRiAuCl4

同じ日に出演した、陳信輝グループ
https://youtu.be/A5g-S_cBB6s
Unknown (Unknown)
2016-03-01 21:44:49
tonehenderさま、はじめまして。ひよりと申します。
コメントを書いてくださってありがとうございます。そして超貴重な音源のことを教えてくださってありがとうございます。
残念ながら私もアルバム以外のことは全くわかりません。ですのでTOO MUCHさんのHPからお問い合わせされてみてはいかがでしょうか。
http://toomuch-music.com
それにしてもリアルタイムでTOO MUCHのライブを体験されたとは、めっちゃうらやましいっす。
日本の文化遺産? (tonehender)
2016-03-02 10:24:13
ひよりさま
さっそくコメントをいただき、ありがとうございます。tonehenderです。
Too Muchは確か’71年に、明治大学・生田キャンパスの学園祭にも出演し、
友人たちと観にいきました。
確か夕陽が沈む頃のステージで、私は8mmカメラで動画撮影していたのですが、
後年、そのフィルムは紛失してしまい、今となってはとても残念です。
また翌年には慶応大学の三田祭に出演した、村八分のライブをフルで録音していたのですが、
このテープも高校の友人に貸したまま、紛失してしまいました。
映画「Woodstock」、「イージーライダー」の公開、
そしてGrand Funk Railroad、Led Zeppelinの来日など、
あのころは、とにかくものすごく刺激的な時代でした。
それらに触発されて「世界」を目指した日本のバンドは、とても素晴らしかった。
「ロック」というのもが、まだまだ日本では正当に評価されてなく、
厳しい状況での活動を、余儀なくされていたはずです。
あの時代に日本のアーチストたちが残した作品は、
いま、もっともっと 広く知られるべきだし、
高く評価されるべき「日本の文化遺産」だと思いますねー。
★Too Muchサイトの情報、ありがとうございました。
ありがとうございます。 (ひより)
2016-03-02 18:27:28
 おぉ!tonehenderさま、いらっしゃいませ!コメントを書いてくださってありがとうございます。めっちゃ嬉しいっす!そして貴重なお話をありがとうございます。
 70年代初期といえば、私はまだ幼稚園児でしたので、完全に後追いでして、70年代初期の素晴らしいジャパニーズ・ロックを知ったのは21世紀になってからでした。あの当時に海外でちょうどブレイクし始めたZEPやDPやサバスなどに負けず劣らずのサウンドに日本にこれほどのバンドが存在していたことに本当に驚きました。しかしあの頃といえばロック=不良とみられ、ロックが全く浸透していなかったために商業的成功はのぞめなかったのでしょうね。そうそう、先月号のストレンジデイズという音楽雑誌にミッキーカーチス氏のインタビュー記事が載っていて、あの当時のことを語っておられますので、もし機会がありましたらご覧になってはいかがでしょうか。それにしてもリアルタイムで体験されていたこと、本当に羨ましいっす。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。