アラフォー女の後悔記

ボンヤリしてたらベストな時期を逃しちゃったこと。

どこかの悩める若い乙女の参考くらいになるかしら。


メチャクチャ楽しかった

2016-10-18 07:46:52 | 20代でやっといて良かった
ややブラックで働いていた頃、
蕁麻疹OLだった私は
蕁麻疹OLのまま転職を目指したもののあえなく玉砕し、
おきまりの英語の勉強という発想から
全て自分本位で自分勝手な準備を整えて留学をエンジョイしてるうちに
帰国したら変わっていたというオチで、夢見るアラサー女子になった。


見事に売れ時を逃し、独身のまま華麗に三十路を迎えることになる。

そのことで留学行ったことを後悔してるかっていうと
強がりではなく全く後悔してない。

前にもちらっと触れたように
私は三十路超えてからワーホリも行ってるんだけど
ワーホリはいらんかったと思うものの
20代でした留学は、確実に私の人生を良い意味で変えたから
行ってよかったなと思う。


留学前の仕事は嫌で仕方なくて
毎朝仕事に行くのが憂鬱だったけど
留学を終えて帰国した後の転職活動が
思いのほか上手くいって
特に帰国してからの最初の2年間は
5年付き合った彼氏と別れたこと以外は

人生バラ色ってこういうこと?

ってくらい、仕事もプライベートも
何もかも上手くいって楽しくて仕方なかった。

海外に出てハイになっていた状態のおかげでやたら社交的になり
帰国してからも新しい友達がどんどん出来て
いろんな人に出会って、いろんなことを学んで。


会いたい人が多すぎて
やりたいことが多すぎて
楽しすぎて1日24時間じゃ全然足りない!
と常に思っていた。


若いってこういうこと!
青春ってこういうこと!
と、若さとエネルギーに満ち溢れているのを
自分でも感じてたよ。

仕事は激務で帰宅が毎日深夜11時を回っていたけど
それでも毎週末のようにオールしてた

仕事も遊びも全力投球
いま同じことするのは絶対無理・・・、


とにかく三十路前に
よく働き、よく遊ぶ
を実践したのは、本当に良かったと思う。


若い頃にしかできない遊びというよりも
若い頃にするからこそ楽しいことって、あるよ。

年取ってから「人生いいことなかった」と陰気に管を巻くより
あの頃は楽しかったと、懐かしく思い出せることが多い方がいい。

ただ、上司とかから若い頃のやんちゃ自慢や無茶自慢を聞かされるのは
若者にとってはウザイものだから
キラキラした時代の思い出として
自分だけの胸に大切にしまっておいた方がいいけど、ね

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帰国したら変わっていた | トップ | 無差別メールしか来ない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。