Do you really dream of jumping sheep?
(ども 火星人です。株は、やってないお)
Martian Official Weblog



今さらですがテロの語源は、フランス革命時に革命政府が行った恐怖政治ですからね。政府の所業です。
恐怖政治を行なったロベちゃんたちは結局自らが断頭台の露と消えたわけですが、リヨンの大虐殺を行なったジョセフ・フーシェは、ロベちゃんに睨まれたところで逃げ出して地下に潜っていて、粛清の嵐からうまいこと逃れ、のちに政治家として復活して、長きに渡っていやらしい政治活動を続けたわけですが、
彼がやったことは、のちにエドガ―・フーバーが引き継ぎ、最近では北村滋内閣調査官が真似しています。
つまりですね、北村滋はアイヒマン的なジョセフ・フーシェなのです(キリッ

それはともかく、今回の恐怖政治は、ヤンキー義家。
ヤンキーと言うかチンピラですが。
ヤンキー義家副大臣
加計問題の内部告発者、処分の可能性 義家副大臣が示唆
一応日本にも公益通報者保護法という法律がありまして、基本的には守られることになっているはずですが、そういう感覚はないようです。
とにかく逆らう者は許さんという態度ですね。
見事にチンピラですね。
便宜を「びんせん」と読んだり、出自を「でじ」と読むだけのことはあります。
普通はこれだけでも外歩けないけどね。
公益通報者保護法という法自体が整備されていないので、通報者は非常に厳しいのですよね。
ま、要するに、権力を握ってしまえば不正はやりたい放題、告発者は処分と。
何とも美しいですね(棒

恐怖政治って、アベがやってることですからね。
じわじわ来てるだけです。
前川さんの件だってそうですからね。
メディアまで使って。

しかしここまで下品なことは、他の国なら大問題の大ニュースになるんですが、もうこの国は国家として終わろうとしているのでしょうね。
日本はもう終わっています。
そこそこの国家としてもだいたい終わりですね。
世界的には、とてもバカな国家の一つとみなされて、何かあってもバカ国家のバカ政権がバカなことやってるぐらいの感覚で扱われるのでしょうかね。


1975年ごろ
エルトン・ジョン
Elton John - Bennie & the Jets
ソウル・トレイン繋がりで。
初めて白人がソウルトレインに出た時の映像。
これとフィラデルフィア・フリーダム歌ったんですね。

Elton John - Candle in the wind
オリジナルの方。
ベニーとジェッツのB面だったんだけど、こっちも人気が出て両方A面みたいなことに。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« とりあえず今... 「中間報告」... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。