Do you really dream of jumping sheep?
(ども 火星人です。株は、やってないお)
Martian Official Weblog



ブロックで見えない東のツイートが流れて来たので見に行ってみたのです。
ツイートの一部。
「ぼくを批判するなら、こんなしょぼいツイート読むのではなく、本業で批判してほしいよ。いやマジで。」
いや、その本の2行程だけで圧倒的な突っ込みどころが4か所あったんだから、どうしようもないんだよ。
基本的にほめてもらったツイートは必死にRTしてますけどね、あれ。
上記のツイートも下のツイートなどを批判されて、ぶつぶついいだしたんだよね。
そんなに批判が嫌ならバカツイしなければいいのです。
これ。「ぼくは、政権交代可能な野党が消滅したいま、短期的にはどれだけ大衆動員を繰り返してもリベラルな政治が復活する可能性はなくなったので、10年後20年後を見据えてゆっくりと構え「市民」や「知識人」をゼロから育てていくしかないという考えです。これが非政治的に見えるのは承知しています。」
相変わらずバカでした。これに
<東さんが野党で出馬するフラグきたーヽ(*゚∀゚*)ノ>
という冗談的リプがついて、
「それは別の人の役割です。ぼくは知識人や市民を育てる役割です。」
東君は知識人や市民を育てるのだそうです。
安倍が政治やるのと同じぐらい酷いと思いますが、まあ、少しでも批判されるとブロックするからずっと勘違いするのでしょうね。

東の政治に関する認識はワイドショーレベルで、とても知性がある人間のそれではないわけです。
野党よりも自民党に政権を担当する能力が(まだ)あると思っているのは、ワイドショーなどの下品な番組で「野党だらしない」が植え付けられているからで、
東は安倍や記者クラブの政治部記者は一向に批判しませんね。
レイシストを批判しないで、カウンターだけ批判してましたね。
そのたびに批判されてはブロック。
どうやって知識人や市民を育てるんですかね。
ただ東のいうことをきく程度の家畜しか育たないだろうと思いますが。

この前は三浦瑠麗のバカ発言を擁護していましたが、「メタレベル」と言っていればそれで何とかなると思っている無敵の東君。
しかし考えてみると津田の引き立て役としては、まずまずかもしれないね。

しかし、それより酷かったのが安倍の記者会見。
見ないつもりだったんですよ。時間もったいない。
もちろん安倍の記者会見は日本語おかしいし、内容も酷いことはわかっているので最初から期待はしていませんでしたが、会見の会場に岩上安身氏と東京新聞の望月記者が行っていると知ったので、見てみることに。
バカ演説は流して、その後の記者の質問を見ていたら、まず幹事社の毎日新聞が無難な質問。アベが原稿を見ながら回答。
続いてこれも幹事社のTBSが質問。またも原稿読んで回答。ここまで出来レース。
次がロイターで一瞬「おっ」と思ったけど、予定調和。
その次がNHK(おいおい)。原稿読んで回答終わり。
続いて、日経かな。それとあともう1個。ずっと原稿読んで終わり。
そこで時間終了。
子供の発表会。いや、それより酷いですね。
国会はさっぱり放送しないで安倍のための茶番放送だけやる安倍チャンネルはすごいと思います。

ええとね、会見を見ていた5歳の子供が「あの人、同じことばっかり言ってるね」といったそうです。
5歳の子供は賢いですね。大人より。
東より賢いやんか。

それで、会見のあとのほうに「籠池が強制捜査」という速報が流れてこんな国策捜査を平然とやる地検とそれを速報で流す安倍チャンネルの気持ち悪さはすごいですね。
だって地検のガサ入れって普通は朝でしょ。どう考えても急ぎではないものを夕方入れるのは、あの番組で速報として打ちたいからですよね。

クロ現+は、加計学園について真面目にやっていたようですが、あれを見るのは意識が高い人だけでしょ。
「普通の日本人」は見ないんですよ。

まあ、そんな安倍のスピーチは今日も意味につながらないぶつ切れの美辞麗句が並ぶだけで、一向に魂がないのがすごかったですが、安倍ぐらい日本語を大事にしないやつはいないのに、アイコクシャは全然気にならないんですね。
それでね、東もそれが気にならないんだね。
哲学者って言葉が命でしょ。
いや、まずは思考が命なんだけど、それを何で表現するかっていうと、やはり言葉ですよね。
だからものすごく言葉は大事にすべきなのに、東は徹底的に雑。
哲学者を名乗らないのなら、そこらへんのただのバカ、自称リベラルの冷笑系として無視しますけどね。
いじめにあいたくないだけのキャラですからね。
本を書くのなら、「いじめなんかこわくない(如何にいじめに遭わないようにいまく生きてきたか)」とか書いたらいいんじゃないかな。
悪いのはいじめているやつではなくて、対応だと。
お前は何も対応しないのかと言われたら、「自分は『メタレベル』で考えている」と。
対応者側の教育をする係だと。
やっぱり、東みたいなのには「哲学」は最高に便利なツールなんだね。
なんでもメタレベルと言っておけばいいわけだから。
こういうバカのせいでいじめは増え続けるのですよ。

1975年ごろ
第3弾
Carpenters - Please Mr. Postman

Carpenters - Only Yesterday

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 「~に政治を... NHKに見る解離... »
 
コメント
 
 
 
「服従しないこと」 (りくにす)
2017-06-20 13:30:12
ここで吐露してもしょうがないのですが、ミヒャエル・エンデの『迷宮―鏡の中の鏡』がやばいです。幻想的な短編集ですが、あからさまなナチスネタや「文明砂漠」が登場して現代批判にもなっています。その中にある試験があって、受験者はその内容を知らされないまま一定時間を過ごすよう告げられます。青年は試験が済んだ後で課題は「服従しないこと」であるのを悟るのです。
指示を聞いて「やってらんないわ」と盗んだバイクか何かで行きたいところに行った奴が合格だったらしい。
今この本を読み返したくてたまらないのです。この課題が今すごく気になっております。「服従しない」ためにバイク盗んでもいいのかな、と(作中にはバイクは登場しませんが)。
もうすこし詳しくネタバレすると、青年は父親の指導を受けて夢の翼をはぐくみ、迷宮都市から脱出すべく修練を積んで最終試験に臨んだのですが、失敗すると本人より指導者に重い罰が下るというのです。
今が読み頃だと思うので、読める人はぜひ再読してみてください。

この国の住人は街から出ることのできない迷宮都市の住人並みになってしまったので、中から改善できる段階は過ぎたので脱出できる人は出たほうがいいと思ってしまいます。
この国の「自由」はいつから「摩擦を起こさないこと」になってしまったのでしょうか。

ところで記者会見のロイターは安倍政権の指名だったとか。会見は見る気力がなかったので消してしまいました。
 
 
 
出られる人は (stravinspy)
2017-06-22 23:26:15
出たほうがいいですよね。
それでなるべく外圧かけてほしい(笑)

しかし、その就職面説面白いですね。
老いた筒井康隆の昔の作品で「タック健在なりや」というやつが似てたような逆だったような。いやむしろ、より酷いかも。

ロイターとそのあとは指名でしたが、あのロイターの記者はお馴染みだったようですね。
「リンダ」って呼んでましたから。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。