Do you really dream of jumping sheep?
(ども 火星人です。株は、やってないお)
Martian Official Weblog



パノプティコンとは全展望監視システムのことだそうですが、面倒なので説明はwikipedia先生が。
wikipedia - パノプティコン
朝日にちょっと出て来ていましたが、ええとね、証人喚問の時に西田議員に安倍から電話がかかって来てどうのこうのと言う話でベンサムはあんまり関係なかったんですが。

ベンサムは「犯罪者を恒常的な監視下におけば、彼らに生産的労働習慣を身につけさせられる」と主張していた。
とあります。刑務所の監視システムです。
しかし、まあ、わかりやすいですよね。
看守側は全てを見ることが出来る。
収容者たちは看守やお互いのことが見えないと。
まあ、ベンサムの時代は、刑務所に収容された人たちの人権などはろくにないような時代で、ベンサムは少し人道的な事を考えていたのですが、こういう形ではないにしても、刑務所はだいたいこれに近い形してますよね。
真ん中に看守の居るところがあって放射状に収容者の房が広がっているようなのが。
当然、監視しやすくなっています。
さらに言うと、「彼らに生産的労働習慣を身につけさせられる」なんていうのも、ベンサムの時代にはかなり意味があった(しかもおそらくはなかなかに斬新だった)のであって、それはそもそも教育や職業訓練などが行き届いていなかったからですよね。

この素敵なシステム(笑)は刑務所での話ですが、今日本では通常の社会生活で、監視システムが完成しつつありますね。
つまり一般市民が刑務所の住人になることを意味するのですが、割と受け入れられているようですね、家畜民には。
牧場や鶏小屋みたいなところが好きな人たちは、まあ、そうでしょうね。
喜んで囚人になるようなものですが、そのように生きてきた人たちにはあまり違和感がないのかも知れません。
それよりも自分たちとは違う人たちの自由を奪うほうが楽しいのかもしれません。

当然、監視する側は「権力者」ということになるんですが、それは日本のような社会だとあまり大変ではないんですね。
前にも書きましたが「内側にいる(つもりの)人たち」が活躍しますから。
適当に「階級」を作っておけばそれで十分と。

1985年ごろ
Madness - Our House

Dexy's Midnight Runners - Come On Eileen

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ファシズムの... アベ政権は虐... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。