Do you really dream of jumping sheep?
(ども 火星人です。株は、やってないお)
Martian Official Weblog



いや、なんともすごかったですね。どこを見ても朝鮮中央テレビ。
この3年甘利じゃなくて3年余り、「うわ〜〜・・・・」(←ほぼため息に近い響きで。)っとなることが数えきれないぐらいありましたが、今朝のテレビにはこれ以上ないぐらい絶望しました。

北朝鮮がなんか飛ばしたんですね。
おそらく黒田バズーカが甘利に、じゃなくて余りにふがいないので、「こうやってぶっ放すんだよ」と偉大なる領導者キム・ジョンウン様が日本に撃ち方を指導してきたのだと思います。
あるいは、どこに飛んだかまったくわからないアベ・ジョンウン様の3本の矢とは違うのだということを示したかったのかもしれませんが、当のアベ・ジョンウン様は大はしゃぎ。
大雪や台風などで死者が出た時は天ぷら食ったりゴルフやってりしてるくせに、今日はちゃんとスピーチの準備までしていましたね。
だいたいね、北朝鮮はいつも通りのことをしただけなのに、何ですかあのテレビ局の対応は。
まるで戦争が始まったかと思っちゃうような騒ぎ方でしたね。
いきなり緊急番組ですよ。
で、いきなり専門家が登場しちゃうんですよ。準備いいですね。
そして、いきなりアベ・ジョンウン様が原稿棒読みですよ。準備いいですね。

「ニューヨークやワシントンが攻撃の対象になるんですから、これは大変なことですよ」なんてこと言ってるバカコメンテイタ―がいましたが、アメリカがその気になったら北朝鮮なんてひとひねりだろうに。
今のところ、コストパフォーマンスの問題でやらないだけですから。

いやしかし、くだらない政権とそれにひたすら媚びへつらうメディアのようすを見ると、本当に末期だと感じざるを得ないです。

なんか、周回軌道に乗ったという話ですね。
すごい北朝鮮の「ミサイル」はすごいミサイルですね(棒


ちなみに、言うまでもないと思いますが、日本以外の国は「人工衛星」(ロケット)と報じているよ、っと。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






こんな資料が。
スト
2000〜2008年の労働者1000人当たりのストライキおよびロックアウトの年間平均日数だそうです。

やると、迷惑とか言うんですよね、日本は。
デモごときであれですからね。

なぜかというと、他人事だから。
人が倒れて、電車が遅れると舌打ちする国ですからね。

そして、毎度言ってますけど労働組合のナショナルセンターが機能していないから。
これも同じで、自分たちが安泰なら他の労働者がどうなっていても関係ないんですよね、あれ。
特にどことは言いませんが、某連合あたり。
いや、連合とか言ってませんよ。

このところ、かなり体調が悪いのでサボります。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




風土病というか空気病と言うか。
ずばり「間違いを認めたら死んじゃう病」です。

たぶん間違いとか失敗に極端に厳しい風土が作り出した病ではないかと思いますが、まあ、間違いや失敗をしないための最善策は何もしないことです。

アメリカだと「失敗」を経験したものだけが良い経営者になれるぐらいのことを言う人がいますね。
だいたい、大成功した人が言っています。
まあ、嘘かも知れませんが。がはは
ほんとうは、カモがほしいだけかもしれません。
しかし、日本の場合、個人のレベルで事業に失敗すると夜逃げか首吊りなどと言われてますが、もう少し緩いほうがいいと思います。

いや、前から時々似たようなこと書いてますけど、アベ君の国会での答弁、とにかく間違いや失敗を認めませんよね。
日本の判断として過去に間違ったことすら認めませんよね。本当に病気だと思います。
日本どころか大日本帝国の判断に関しても間違いを認めないのはなんなんですかね。
自分が判断したわけでもないのだから、スパッと認めて今後に生かしていきたいとか言っちゃったほうがずっとすっきりしますけど。

国の間違いを認めたがらないというのは、国家と自分の分化が出来ていない人だと思うのですが(日本には多いですね)、大日本帝国と自己が一致しちゃう人ってなんか不思議なゲームでもやってるんでしょうかね。

最近の日本の話だと、イラク侵攻に関してはアメリカが間違いを認めているのに、日本だけ認めてないですよね。
当事者のアメリカが認めてるんだから、おまけに過ぎない日本は別に認めればいいと思うんですが、まあ、不思議なことですね。
まあ、おそらく間違いを認めたら死んじゃうんでしょうね。

おっと、なんかドル円が下がったと思ったら、見てるうちに少し戻してますが。


ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




いや、ただ体に例えた話ですが。

瀕死の「(日本)経済」くんを救急車に乗せようとしている安倍君、という風刺画がありまして、まあ、そこまでは何も問題ないのですが、救急車にはタイヤが付いていないという落ち。
2chだとね、
「誰か助けてあげて!経済くんが息してないのっ!!」
ってとこですが。

経済が体だとしたら、ゼニが血液になるんですかね。
そうすると、詰まってるところがあればカテーテルで治療してあげるといいのですが、アベノミクスはガンガン流れてるところを広げてるんですよね。
悪くないところを治療するのは、はっきり医療過誤です。
しかも、悪いところは治していない。

殺人事件の冤罪と同じですよね。違う人を捕まえて、真犯人は野放し。

2〜3日見ていると、為替との連動性は薄くはなったものの全く乖離しているわけではなくて、昨夜の為替と先物の動きを見たら相変わらずリスクオフ通貨の地位を保っているようですね。
まあ、本当にリスクオフ通貨になるのかということよりも、銭をいじっている人のマインドとしてそういうことになっているのかな。
なんですか、マイナス金利も、日銀に国債を売ったお金をそのまま日銀の当座預金に入れておいた場合のみマイナス金利になるとか。
それどのくらい効果あるんですかね。効果と言っても、そもそも何かいいことあるのかという疑問がありますけど。

では、ここで一曲。
Mind Games - John Lennon
選曲に深い意味はないです。

まあ、おそらく本体の目的である目くらましと一時的な株価上昇には役に立ったと思いますけどね。
あそこでマイナス金利の発表をやっていなかったら、もしかすると1000円違っていたかも知れないですよ。
金曜日は午後からやばそうだったし、他の市場もおそらく下げモードだったので、一巡して月曜日も上がる可能性は低かったように思いますし。
まあ、結局、下がって来てるから2〜300円程度かもしれないけど。

これ、2日の夜にほとんど書いたのですが、アップしそこなって、今日まで来てしまいました。
黒田君は、マイナス幅を大きくすることもあり得ると言っているようですね。ぶひー。
言った後に全く為替などに影響しなかったようですが。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




一桁の株価で低位株、糞株とバカにされてお悩みのあなた、非負制約をなくしてみてはどうでしょう。
株価もマイナスに出来るようにすればいいのです。
値幅が取れますよ。

いやいや、ちょっとマイナスになったって証拠金が必要になるだけですよ。
そんなことは、よくある風景じゃはないですか。

まあ、株主責任は無制限になりますし、倒産した場合、何がどうなるのかわかったものではありませんが、面白ければいいのです。
リスクは増えますが、ノーリスク・ノーリターンですよ。
ハイリスク・ノータリンです。

あ、証拠金はいらないですね。ナンピンすればいいのです。なんと、買ったらお金がもらえることに。
とすると、誰も売りませんね。
したがってマイナスはすぐに解消。
よかったよかった。

まあ、つまり全く意味がないかもしれないということですかね。

(この話はフィクションです)

いやあ、体調悪いんで、今日はこの辺で。

アイオワの予備選の結果があれですが。
民主党のは比例配分なんですね。
だと、半々になるからまあ、どっちが勝ったとかどうでもいいですね。
サンダース陣営に勢いがついたことは間違いないし。
若者の支持が圧倒的だそうで。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




絵に描いたようなあっせん収賄なのに逮捕されないとすると、法律自体が無意味ですよね。
こんな時のために作ったはずですよ。
あ、野党の議員を冤罪で逮捕させるのには使えるか。
そういうことになりますね。

そこでですよ。ヘイトスピーチ規制法の出番です。
今の政権下でこういう法律を作るのはいったい誰にとってプラスなのかということに再びなってくるわけです。
まあ、法律名は違うものになるでしょうが、とにかく超限定しないと悪用されますよ、間違いなく。

川崎でヘイトデモがあったようですが、ある人がその件で川崎の警察に電話で問い合わせをしたら、警察はしらばっくれたそうですよ。警察、警備出してるのに(笑)
「ヘイトスピーチ規制法」を作ったら、まあ、在特会界隈はビビってデモをやめるかもしれないけど、やめなかった場合、相変わらず警察が人種差別してるバカたちを警護しちゃうことが続くかもしれません。
抗議しても知らん顔。

日本が批准した国際人権規約にあるのだから早々に法律を作るべきというのは、まあ、そうですけど、「作ったからオッケー」で終わったりしたらマイナスですし。
国連に対するアリバイ作りのために作っただけで、適正に運用する気はなく、むしろ美味しく悪用しちゃいます的な。
「『悪用されるから作らないほうがいい』という人がいるが、今、実際に苦しんでいる人がいる以上、急がなければならない」という意見は、最もですが、それは苦しんでいる人たちが多少でも救われる場合ですよね。
誰も救われない上に悪用されるだけなら、ないほうがいいです。

「悪いことばかりする政権と何もしない政権のどちらがいいか」と同じだと思うんですけどね。

もちろん、悪用されないように慎重に法案を考えているとは思いますが。
日本の場合、法律以外の部分で非常にブラックですからね。

労働基準法は無意味で、なんの法的縛りのない報道が、実際には激しい自主規制をしているとか、結局、法治国家ではなく人治主義というかバカ治主義ですからね。
法律より「空気」のほうが優先されている国というか。


ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1月21日の首相動静(夜の分だけ)をまとめますと、以下のようになります。
6時55分、東京・大手町の読売新聞東京本社ビル。
渡辺恒雄・読売新聞グループ本社会長、
橋本五郎・読売新聞東京本社特別編集委員、
今井環・NHKエンタープライズ社長、
清原武彦・産経新聞相談役、
ジャーナリスト・後藤謙次氏、
芹川洋一・日本経済新聞論説委員長、
評論家・屋山太郎氏らと食事。

21日は週刊文春が甘利君の賄賂の記事をドーンと出した日です。
幕引きの仕方や、それに合わせたメディアでの対応を相談したのでしょうね。相談役もいるし(笑)
甘利君は嵌められたことにしようとか、最後の記者会見の演出などまでも話したのかも。
まあ、その場であまり具体的な話は出なかったとは思いますが。アベ君はバカだから。

その場にいたメンバーも朝日系と毎日系の所属以外はいますね。
あと、後藤謙次は4月から報ステのコメンテーターで週4回ぐらい出るそうです。
屋山太郎は、検索すれば、必死に甘利君を擁護しているというか文春を叩いているというか、まあ、見苦しい仲間であることがわかります。

もうすでにそういう国だとは分かっていてもこうまで露骨だとどん引きですが、これってつまり、今、日本は北朝鮮のような国なるべく邁進しているわけですよね。
つまり北朝鮮より40年遅れているわけです。

なんですか、毎日新聞が30日と31日で実施した世論調査によれば、内閣支持率は8ポイント上がって51%だそうです。うははは
いろいろと恥ずかしいですね、これ。
海外のメディアの人が見て「ああ。日本だなぁ(しみじみ)」って思うだろうね。

ちなみに読売は54%だそうです。

Bach - BWV 1006 - Hahn

Ysaye - Sonata No.2 - Hahn

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(続きです)
他の要素として、今回のマイナス金利で、リスクオフ通貨の代表であった「円」の立場が変わるかも、ってことですね。
アベ君になってからは、日本株ロングで円ショート(安倍トレードというらしい。)の外人さんがいっぱいいて、そんな中で、どこかでやばいことがあると、リスク回避として円を買い、ついでに日本株を売るということを繰り返して来たわけです。(ここでは逆安倍トレードと言っておきます)
ドル円が上がると日本株も上がる、ドル円が下がる(円高になる)と日本株も下がるということだったわけですね。
これはいつも言ってる話ですが。
それで、「円」がリスクオフ通貨である理由が、三菱なんちゃらかんちゃらジュゲム証券によれば、
「対外純資産国の通貨」
「経常収支黒字国の通貨」
「低金利・低インフレ国」
「非戦国の通貨」
だそうです。下の二つは安倍君が壊したくてしょうがない部分ですが、上の二つはまだありですかね。
ただ、(スイスフランはおいといて)今までおそらく最強のリスクオフ通貨であった円が、弱ったのは間違いないものと。
低インフレorデフレでは普通、金利に非負制約ってのがあるんですね。
景気があまりよくない場合、多くの場合、金利を下げておカネを回そうとしますが、それによってたいていは貨幣価値が下がりますね。
しかし、低インフレorデフレの国だと、すでに金利がゼロとかそれに近いわけで、それ以上は下げられないから、貨幣価値が下がるリスクが少ないってことなんでしょうかね。
それを黒田君が「マイナスにしちゃったぞ」とどや顔でやらかしたわけです。
ドルと比較してどちらが安全かとなった時に、「状況としてドルのほうが安全じゃね?」ってなることはかなり考えられるわけですね。

しかし、安倍トレード⇔逆安倍トレードが、そのリスク面だけで行われてきたわけでもなくて、
たとえば、こちらのサイトのやや下のほうですね。
FX初心者の外為入門
海外投資家参入による大きな影響
こんな感じでトレードされてきたということもあるので、ドル円と株価の関係が今までとはまったく異なるということにはならないでしょうが、
このトレードにしても、「円安=株高」というシンプルな図式があったからやり易かったのではないか(というか判断しやすかった?)と思うわけで、これがわかりにくくなったら、外人が結構離れる可能性がありますね。

何にしても今の水準あるいはそれ以上の円安は迷惑なのですが、アベ君は株が上がって喜んでるんだろうね。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ぶはは。
今月の日銀本店及び各支店は、「景気は緩やかに回復している」とコメントしていましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
黒田君だって18日には、いつも通り「景気は緩やかに回復している」って言ってましたよね。
その黒田君がいきなり面白バズーカをぶっ放しました。
過去2回の黒田バズーカは量的緩和でしたが、
今回はマイナス金利。
日銀の当座預金に市中の銀行がお金を預けているわけですが、これの金利を−0.1%にするという話でございますね。

そもそも当座預金について日銀は
当座預金の主な役割
このように説明しています。「日本銀行を知る・楽しむ」ってタイトルがなんだかいらっときますが(笑)

さて、その日銀の当座預金の残高ですが、
業態別の日銀当座預金残高(12月)
12月末では全部で253兆円になっております。
この金利がマイナスになるぞって言ってるんですね。
ちなみに14年の12月末は178兆だったんですね。
じゃぶじゃぶにしたら、市中に回らずにここに溜まったと。
市中の銀行のほうでは預けていると損することになりますから、まあ、引き出すと。
おそらくそれを貸し出せよってことなのだろうと一応は思いますが。

しかし、過去2回の量的緩和で何故景気が良くならなかったかと言うと、需要がなかったからです。
「カネは天下のまわりもの」なのですが、おカネをじゃぶじゃぶさせても、それがまわらなかったと。
本来需要があるところに行かないで、おカネがあまってるところに行ってるんだから、そこで止まっちゃって回らないんですよね。
で、今回は?やはり貸し出せと言っているのだとしたら、バカすぎますよね。
結局、同じでしょうし。
これに関しては、需要を作り出しやすい状態にするか、需要があるところにおカネを回すか、なんですけどね。

BBCは、「企業が必要としているのはお金ではなく投資機会であり、必要なのは金融政策でなく構造改革だ」という専門家の指摘を関係の記事に載せたそうですにゃ。
ちなみに、29日は日経平均上がってますけど、銀行はずどんと下がってます。
銀行にとってはきついのですね。
体力のない地銀を心配する声も出ています。

過去2回のじゃぶじゃぶ作戦でさっぱりだったのに、ここでうまくいくと思っているイケメンはなかなかいないと思うんですよね。
そうすると、結局のところ、おそらく目的は株価を上げることなんですよ。
だってアベ君が喜ぶじゃん。
ネトウヨレベルの脳味噌しかないアベ君は、「株高=好景気」とか「デフレは悪」といった残念な認識しかないんですよね。
それで、今年は日銀総裁の報酬も上がったし、アベ君が喜ぶバカをやったと。

消費者としてのわたくしたち一般市民にとっては、困るのはまた円安になることですね。
無駄に物価だけが上がってますます生活が苦しくなりますね。せっかく最近は上がらなくなってきたのに。
スーパーに行くとちょっと安くなったかな、って感じだったのですけど。

そこでなのですが、黒田君というのは、バカ殿を喜ばせるために国民を苦しめる役回りなのですかね。
まあ、黒田君も頭がおかしいので、もしかしたら物価が上がれば消費は伸びるぐらいに思っているかもしれませんけどね。
パンが値上がりしたからって、値上がりしたそのパンを買うとは限らないんですよ、普通の人は。
よりやすいモノを探したりします。

続きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨年12月の消費支出が発表されました。
しかし、その前にちょっともったいぶって、こちらをご覧いただきたいと思います。

消費支出推移

上のグラフは、13年10月から15年10月までの(月毎の)前年同月比の推移。(一応、太い方)
下は、14年10月から15年10月までの表になったもの。(上のほうの数字)

14年のグラフは実にわかBBりやすくなってますが、3月にボーンと上がったのは増税前だからですね。
その後、4月にドーンと下がったのは当然として、5月にはさらに下がって、それ以降も似たような動きなのですよ。
ドーンと下がってそれっきり。
この調子で、15年の2月まで行って3月はこれは仕方ないですね。

で、4月から回復するかと思いきや、変わらない。
前年比で上に行ったり下にいったりで、トータルでは下がり気味ですよね。
14年は4月からずっと下がりっぱなしで、それと比較しても15年はさらに下がり気味。

そこで、今回の。
消費支出 最近
11月の−2.9%からの12月が−4.4%。
すごい数字が出てますね。

爆買いで伸びてるはずの百貨店の売り上げも伸びてないんですよ、石原ノビテル君。

ちなみに
消費支出 日経
市場予想の中央値は2.4%減

ここで、そのほかの数字も見てみましょう。
鉱工業生産指数
12月の鉱工業生産指数1.4%低下
民間予測の中央値は0.3%低下


新設住宅着工
12月の新設住宅着工、前年比1.3%減
市場予想の中央値は0.5%増


予想が外れすぎです。いったい誰が予想しているのかと小1時間(ry
実際どうなのでしょうかね。
街で小学生に質問したほうが近い数字が出るんじゃないの?

などと、昨日は驚いていたら、マイナス金利だって。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ