Do you really dream of jumping sheep?
(ども 火星人です。株は、やってないお)
Martian Official Weblog



ストに突入した企業があったのです。
「川崎鶴見臨港バス」というところで(やっぱり川崎と横浜を走ってるらしい)、交渉決裂からのスト突入。
いや~、21世紀の家畜国家日本でストやるとはなかなかですね。

無かったんですよ。2001年から2008年まで、日本の労働者が一人当たり年間にストに費やした時間の平均はゼロだったのです。
その後ももちろんゼロでしょうね。まあ「川崎鶴見臨港バス」のストが入ったところで平均したら四捨五入でゼロになっちゃうんだろうけど。

それはそうと、当然のように上記のストに対して、日本の家畜さん達は「ストは迷惑」などと言うわけですが、「お前らは過労死するまでブラック企業ですり減ってろよ」としか。

ブラック企業がなぜ横行しているかと言うと、労使のバランスが壊れているからですよね。そんなことは当たり前な話なんですが。
そもそも今回のストは賃金の話ではなくて、「労働時間を何とかしろ」というストですからね。
会社のブラックな体質に"NO"と言っているわけですね。ところが、面白いことにブラック企業を非難しながらこのストに文句を言う人たちがいるわけです。
そういう人は実は誰かが苦しむのが好きなのではないですかね。
ブラック企業の経営者が叩かれたらいいなとか、ブラック企業で誰かが過労死になったりうつになったりしてほしいとか。

そういうおかしな人はともかく、とにかくデモやストが嫌いな人もいますね。別にアベ一味の政治屋さんでも経営者でもないのに。
韓国のパククネ辞めろデモはすごい人数になりましたが、日本のウヨ~ンな人たちは、北朝鮮が背後にいるとか言い出しましたね。テレビでも言っていた人が痛そうで、もう脳が壊れますね。
あれはストもやってるんですね。大規模なゼネスト。
日本ではもう考えられなくなっていますが。連合があれなんで。
韓国のあの人数で非暴力のデモはすごいですけどね。

フランスならパリは火の海になってますよ。
パリに行く途中の飛行機で「パリは燃えているか」なんて、ギャグを言う間もなくドゴール空港が閉鎖される事態なども起きることがあり得ます。あの国だと。
あの近辺の国だとストなんて普通ですしね。
日本には国内のストなんてニュースですら見たこともない人がかなりいるのではないですかね。
つまりですね、後進国なわけです。
まあ、家畜先進国とも言えますが。

あ、話は変わりますが、カジノの話。
成長戦略の目玉なんですってね。だははははは。
脱力しますね。面白うてやがて悲しき・・の世界ですね。
しきりに言われていますが、カジノの儲けは客が負けた分なんですよね。
それが成長産業になると思ってるんですかね。

だいたい日本にはギャンブルの類が大量にあって、飽和状態に近いですけどね。依存症の割合は世界一クラス。
公営ギャンブルっていろいろと管轄があるんですね。
おいらは農水省のあれは結構好きですが。おうまさんがかわいいので。
各省庁でそれぞれ利権をウマウマしたいんですね。
実にわかりやすいですね。


戻りますが、もし日本でこれからストが増えてきたらかなり面白いですね。
おそらく無理でしょうけど。アベ君のうちは。
明らかに逆の方向にいってますし、当の労働者に団体交渉権はなぜ「団体」なのか知らない(考えたこともない)人がたくさんいるように思いますし。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




流行語大賞にノミネートされた(大賞は取らなかったけど。)ということで、再びツイッターのおいらのTLにはずいぶんと出てきておりまして、今日はは違う「企画モノ」をやるはずだったけど後回し。
あ、GPIFの件はさらに後回し。めんどくさいんだなあ、あれ。

まずですね、「保育園落ちた日本死ね」に関するおいらの感想。
これは非常にすぐた文です。あ、もともとブログにおける文章の一部ですね。
読めばわかりますが、強い絶望と怒りを感じますよね。
普通人間の怒りの感情は表情や声などに出るわけで、映像や音声がない文字列だけで感情を噴出させているこの文(章)は、素晴らしいですね。
こういうのは大好きです。

「日本死ね」に対する批判(笑)の類について、「死ね」は駄目だとか汚い言葉だとかいうのがありますが、個人に対して「死ね」はいけないですよね。
あとは下品な日本国で流行っている「朝鮮人死ね」みたいなやつなども。
わたくしはネトウヨを拒絶しているので、ここを読んでいる人はお分かりかと思いますが、日本は生き物ではないので死んだりしません。たんなる比喩的な表現に過ぎませんし、趣味の悪い、誰かを傷つけるような比喩でもありません。
日本で生活していて仕事をするために子供を保育圓に入れたかったその人に「日本死ね」と言われて誰かが傷つきますかね。
「日本死ねは日本人死ねと同じだ」などと言ってる超おバカがいますが、脳の細胞が未分化なんですかね。その細胞はiPS細胞の実験に使ってもらったらいいと思います。

こういうものを言葉が汚いなどと言う人は、「臭いものには蓋」を実践している人ですよね。
しかしそれでも臭いは漏れるので蓋の上に乗っかって粗末な美辞麗句を並べたてる。「美しい国」「日本は素晴らしい」「日本すごい」
哀れに見えますが。
日本人の脳の構造が「大本営発表」向きなのでしょうね。

一方で、「大量の待機児童なんて一部の都会だけだし、イギリスの保育料は10万円、NYの真ん中の保育料は25万」などと言う人も。
問題は、賃金を含めた女性の労働環境で、これは世界的に見て日本が酷いことははっきり示されているのに、そこを一切改善することなく(かえって悪化させながら)、1億総括約筋だの女性SHINEなどと広告代理店だけ儲けさせているバカなやつらがおかしいわけですからね。
「女性SHINE」からの「日本死ね」になっているわけだし。

全然関係ないけど「SHINE」と言う映画がありましたね。

あれで出てきた曲。(演奏は違う人で)

Falla - Ritual Fire Dance
火祭りの踊り。ルビンシュタイン。古いです。

Rachmaninoff - Piano Concerto No.3
ラフマニノフの3番。ホロビッツ、ライナーです。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




実に頭の悪い法案が、実に頭の悪い方法で衆院の委員会で可決されました。
審議時間は6時間だそうです。
しかもその6時間のうち、自民党の谷川議員の質疑は、時間が余って般若心経を唱えたり地元長崎の五島列島の話もしたと。
もう意味がわかりませんね。明らかに議会として機能していません。
バカのサイコパスがトップになるとこうなります。
もしかしたら世界史に残るバカとして名を残すかもしれません。
まあ、バカ度や異常度ではものすごいんですが、小物感もすごいので名が残るかどうかは微妙。世界的に無視されて終わるかな。日本も。
(一応、アベ君の悪口言ってますが、これはアベ君の支持者がアホだなという確認です)
急いでいてなおかつ文句なしで全会一致になるような法案なら、審議時間はある程度短くても仕方ないですが、全然違いますからね。
今回は利権しかないでしょうね。
(建設会社は確実にもうかるよね)

さて、カジノ法案ですが一応表向きは、地域の経済の活性化が目的みたいなことになっていますね。
まあ、どうせネトウヨは「安倍さんすごい」レベルでしょう。
「これでパチンコが衰退する」とか言って喜んでいるおバカな皆様もいらっしゃいます。
一応言っておくけど、パチンコは警察利権だからね。

ではここで、アメリカのカジノ事情を見ていただきましょう。

経済に弱い日経ですが、以前、こんな記事書いてるんだ。
日経
カジノ落日のラスベガス、不動産開発で「賭け」

まあ、カジノで超有名ではありますが、今はショービジネスですからね。
ボクシングもすごい試合もよくやりますし、有名な歌手のものすごくおカネがかかったステージとか、すごいイリュージョンとか。
これはみんな知ってると思いますけど。脳が鎖国してる人はともかく。

タビジン
東海岸で最大規模カジノ・アトランティックシティの落日
「カジノには『落日』がよく似合う」ですかね。こっちも落日って。
アトランティックシティはカジノリゾートで街興しみたいなのをやったのですが、ここに来ての斜陽ぶりが目に付きます(笑)
トランプ・タージマハル・カジノリゾートは14年に閉鎖してますね。

日本では、どうせあちこちで「うちでもカジノリゾートで町興し」的な展開になるのでしょうけど、昔、リゾートでたくさんの町が(それこそことごとく)失敗したことを知らないのですかね。
バブルのころの話。
3セクでリゾートやって、地元に残ったのは多額の借金と草ボウボウの施設ですからね。
まあ当時は、ろくに交通アクセスにないところにいきなりリゾート作っちゃったという原因を一応上げることもできるんですが、今なら、アクセスあったって人集まらないでしょ。
まあ、別にカジノリゾートを作る義務はないから、各自治体の自己責任ではありますが。

斜陽自治体が斜陽産業に期待するこの惨状は、恐ろしい未来が待っていそうですね。
しかも、依存症が増え、破産者が増え、犯罪が増え、暴力団員も増えるでしょうね。

例によってあの維新の党は賛成してます。すっかり与党ぶりが板についていますね。
カジノ大好きだしね。
東京も舛添はカジノに反対だったけど、小池は当然乗るでしょうね。

ああ、それから休眠預金を活用(笑)する法案も通ったのかな。
預金が1万円以下は本人通知もしないってよ。
まあ、ネトウヨは「安倍さんがキャバクラ代に使ってくれてうれしい」のだろうけど。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2016年9月分までの財務諸表から一通り拾えたので出します。

まずは、半年前と1年前の分。
nenkinnichigin225163
これは1年前の構成率の順に並べています。(もちろん降順)

そして今回の分。
年金と日銀と225
12月1日の構成率の順に並べ替えました。

年金に関しては大きな問題があるのですが、
まずは、今回のデータの見方について。
もとのデータはお馴染み金融庁のEDINET。
EDINET
こちらの有価証券報告書と四半期報告書から、もっとも最近の大株主の状況から(保有割合が出ているもののみ)。

「年金」について。
年金は、GPIFが運用を任せている日本トラスティ・サービス信託銀行の「信託口」(信託口4などは入らない)の保有割合です。
ただし、今回はGPIFで古いデータながら、各企業の株式保有数を発表してきたのですが、これが全然合いません。
いくつか見たところ、合わなさが出鱈目なレベルのようなので、今日はそっちを無視して過去と同じように財務諸表からの数字を出しています。

「日銀」について。
日銀はETFという金融商品を買いまくりです。ETFは株式詰め合わせセットになっていて、おカネの運用の仕方が今一わからないお金持ちをカモにするための運用ツールですが、信託銀行などが売って、主に日銀が買っているものです。
ETF買いの経緯などについては今回は省くとして、表(ひょう)に出て来る日本マスター・トラスト信託銀行は、ETFを売っている(扱っている)中では日本の最大手で、日本のETFの7割を占めています。
一方、日銀は、この春の時点で日本のETFの52%を購入しています。カモの過半数を占めているわけです。
そして、詳しい中身は公表されていませんが、ここまでシェアがどちらもでかくなると、そのシェアの概算で各銘柄の保有割合を出しても、大きく外れないのではないかと。
詰め合わせセットですし。

マスタートラストは売ってる方の7割を占めていると。
日銀は春の時点で買ってる方の52%を占めていました。
そして、マスタートラストの保有分は表にあるようにわかっているので、そこから日銀の保有分を(平均的に持っていると仮定して)概算で出してみようということです。
春の時点で52%だったので、今ならもう少し伸びているだろうと思います。
おそらく53%は超えていると思いますが、手堅く52.5%にして、計算することにしました。
70:52.5は4:3なのです。(簡単だから)
ある銘柄のマスター・トラストの保有分が100万株だとすると、その中の日銀保有分は75万株ということにしようと。

と、このように計算すると、財務諸表ではマスター・トラストが1位になっている銘柄は大量にありますが、4分の3にしますから日銀が1位とは限らないことになります。
しかし、2位は大抵トラスティ・サービスなので、だいたいどちらかが筆頭株主になります。
そして、このやり方でカウントすると、225銘柄で筆頭株主になっているのは、
年金が109、日銀は37という具合になります。
近いうちに日本の主要企業はすべて国有化される模様ですね(笑)

3回分
一応、今回の並べ替えの順番で、去年からの3回分の表。

GPIF発表のものとあまりにも合わないので、そのあたりを考えてみたいとは思いますが、明日以降にします。

今日の日本すごい(笑)ですが、「水ヲ下サイ」に曲が付いていたのですね。
林光 -「原爆小景」 1.水ヲ下サイ

ラフマニノフの合唱曲。
Rachmaninoff - Bogoroditse Devo

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




実のところ今日は、GPIFと日銀の225株保有割合をやるはずで、もう集計は昨日で出来ていてあとは今日の分の(日経の)構成率をうちこむだけだったのが、アクシデントに見舞われて、予定のことが何もなされていないのであります。
明日には大丈夫でしょう。まあ最初が1年前の12月1日の集計だからちょうどいいかな。(ご都合主義)

それはともかく、トランプがツイッターで「アメリカの国旗を燃やすやつは国外追放か刑務所行きだ」などと抜かしてまた炎上。余計に国旗が燃えるだろね、こういうの。
twitter D.J.Trump
バカツイ。

先日アメリカのドラマの話にも出てきたけれど、あっちのドラマでも近頃は愛国心がちょっとうざいかなと思う程度はに出てきます。
しかしね、アメリカでドラマや映画を作る人たちの愛国心はあくまでもアメリカが「自由の国」であることが前提です。
自由のために命をかけることはあるけど、ただ何でもかんでも「お国のため」なんて日本式のアホなアイコクシンではないのです。
自分が所有するアメリカの国旗を燃やす自由があるからアメリカが好きなんだよね、彼らは。
国旗を燃やすことは「表現の自由」として認められていますね。

話は変わりますが、今年のではなくて昨年のノーベル文学賞を受賞したアレクシエービッチさんが東京で講演して、
「日本社会に抵抗の文化がないことを目の当たりにした」と言ったそうな。福島とか見てきたんですね。

国に殺されたっていいじゃない
家畜だもの 
(みつを)

国家権力の不当な行為に対して抵抗する権利はアメリカ人にはあるが、家畜ジャパンの意識にはないのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




依然としているんですね。しかもネトウヨでもないのに。
たぶんこれからネトウヨもしくは冷笑派としてやっていくのかとは思いますが。

「差別も多様な考え方の一つだ」とするなら「反差別」も確実に多様な考え方の一つになるので全く問題ないです。

今日はあれの集計中だし頭痛いし、この辺で。風邪ひいたかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ツイートしてたんですよ。
いや、それだけなんですけどね。
昔からアカウントはあったけど、ツイート全くしていなかったのでしないものと思っていたら、昨夜、TLに出てきまして。
ちょっとビビりました(笑)
最近、少しだけツイートしていたのですね。

アシモフとかA・C・クラークとかハインラインとかディックとかレムとかそういう人たちの本と同時期に読んでますけど、他は全員お亡くなりになっておりますから。

しかし、なかなか元気そうでなによりです。
カストロより3歳若いのですね。

すっかりミーハーになりますた。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




この前、「ネトウヨは無理」と書きましたけど、ガチなレイシストのネトウヨはもちろん、
「民主党の時より株もドル円も上がってるだろw」というようなことを言ってる残念な人たちにも、少なくともツイッターで説明する気にはならないですね。(というか物理的に無理ですけど、長すぎて)
ここでだって長くてうんざりするのに。昔、何回か書いてますけど疲れます。

まあそれはともかく、昨日の続きみたいな話。
おカネをジャブジャブにして円安にすると物価が上がります。
どうやら日銀のおっさんは、それでなんとかなると思っていたようですね。
アベ君はどうせ何も分かってなかっただろうけど。(考える力がない)
日銀のおじさんなどは、物価が上がると消費が増えて景気が良くなり賃金が上がって(予測1)、狙い通りになると思っていたのですかね。
あるいは、物価が上がるとなぜだか賃金が上がって消費が増えて景気が良くなるとか(予測2)。

予測1だとして、物価が上がると消費が増えると考えるのは、概ね一般市民が中流以上である場合でしょうかね。
物価が上昇しても、所得あるいは預貯金などから、その分を吸収する余裕があると。
物価が上がっても量的には同じように消費して全体の売り上げがアップして景気が良くなるなどと思ったのでしょうかね。
もしそうならば、日本の貧困率などを知らなかったのでしょうかね。
予測2だとすると、日本の素敵な企業に余力があってなおかつとても親切な経営者で溢れているということになるかと思いますが、そんなわけないですからね。

まあ、何にしてもおカネが回るようにしないとどうしようもないわけですよね。
クルーグマンにしたって、貧困や格差を解消しないで上手く行くなんて思ってないだろうね。

非正規増やして年金を博打に使っておいて、物価を上げたらどうにかなると思うのはちょっと脳がおかしい。

石橋湛山が「物価が上昇しリフレが実現するということは、労働者に購買力が創出されるということである。仮に、物価が上昇して、労貨が物価上昇分しか上がらなければ、労働者の状態は一人当たりで見て変わらない。しかしそういった場合、その分雇用が増えて失業が減っているから労働者総体としては購買力は上昇する」と言っているようですね。
しかし、彼の時代には、後に派遣会社(要するに口利き屋)などと言うものが大きく台頭してくるとは想像もしなかっただろうし、21世紀になってから貧困が拡大するとは思っていなかっただろうし、年金で博打をやるとは思っていなかっただろうね。
サミュエルソンと同じで、まさか、ほとんどの国民に対して明確に悪意をもった経済政策がとられるということは予想していなかっただろうということですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




浜田宏一教授とアベノミクス

ザ・日本語シリーズ第2弾です。
今回は「金(かね)は天下のまわりもの」と「金融」。

アベノミクスといいますと、とうの昔にオワコンになっている代物ですが(と言うか始まってもいないし最近きかないですね)、15日の日経で生みの親である浜田教授が間違いを認めたことについて、すでにあちこちに関連記事が出ています。
三橋も喜んで記事にしてますけど、こいつは批判しつつ14年の衆院選の時にはアベノミクスをヨイショしてたじゃねーか。と、まあそんな小さい話はおいといて、日本語の問題です。

bun-shun Web
〈私がかつて『デフレは(通貨供給量の少なさに起因する)マネタリーな現象だ』と主張していたのは事実で、学者として以前言っていたことと考えが変わったことは認めなければならない〉

日本にはなんだかよくわからないけど、マネタリーオタ(マネオタ)の類が多くて、おカネの総量を増やせば、経済が良くなるなどと思っているのが多いんですね。
こういう人は、経済とか金融の根本がわかっていないのに、なぜだかその分野の学者とか評論家とかやってるんですね。
普通の中1のほうが経済はわかると思いますよ。

以前と同じようなことを書きますが、
わたくし、毎月病院に行ってますが、それは循環器内科なのです。
循環器というのは体に血液を回す器官です。(器官なき身体ではなくてちゃんとわたくしにも器官があるのです)
「血液は体のまわりもの」なのです。
なぜ通っているかと言うと、その昔、血管が詰まって血液が回らなくなって死にかけたことがあるのです。
その時に病院がどういう治療をしたかと言うと、血管の詰まりを取り除いたのです。血液が回る(流れる)ようになってなんとか死なずに済んだわけです。
このような時に「(血液の)総量を増やせば血液は回る」とばかりに大量の輸血をしてドヤ顔するようなバカ医者は絶対にいませんよね。
ところがなぜか経済の分野にはそういうのがいるわけで。しかも日本ではそういうバカが多数派なわけですね。
さらには国の方針でやってしまうぐらいアホ。
ひどく「経済」に弱い国ですよね。
「回る」という言葉の意味がわからないんですかね、日本人は。

そして「金融」と言う言葉。「おカネを融通する」ということですね。
これも繰り返し言ってますけど、お金を「ある」ところから「ない」ところに回すのが金融です。
これを忘れて金融政策など成立しません。

そもそも経済とは人間の活動全般をさしていて、資本主義の国の場合、これをお金で回しているのですね。
それぞれからだと血液(まあ、ヘモグロビンですけどね)

「ない」ところがたくさんあってそれが続くと死んでしまいます。
「ない」ところにお金を回すと必然的に(流れが良くなって)消費が増えて経済が回ります。
(当たり前ですが)
大抵の国では再分配によってこれを実現していて、そのために経済が回っています。
税金を取った後に再分配して貧困率が上がる空前のバカ国家は日本だけなんですよ。

最近、GDPは上がったりする時もありますが、消費支出はというと相変わらずさっぱりです。
他の国と比べるとあまりに惨めですが、テレビでやらないから知らない人が多いでしょうかね。

まあ仕方ないと思います。
中国や韓国の悪口を言って惨めな優越感に浸り、アメリカ様を崇拝して、アベ君をマンセ―して、そんなふうにして一生を過ごしていくのが日本人にはお似合いなんですかね。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




ザ・日本語シリーズ第1弾です。

あのカストロが・・・。
もうずいぶん前から歴史上の人物だったので、死去とか言われても「あ・・・そうか」という感じでしたが、
各国の首脳はもちろん哀悼の意を表明しております。われらが(棒)アベ君も出してますが、その文がおかしいんですよ。

「<前略>日本政府を代表して、キューバ共和国政府および同国国民、ならびに御遺族の皆様に対し、ご冥福をお祈りします」
と、顔本にコメントを出しています。
Facebook - ahokainei

abe channel
こちらは安倍チャンネルの記事。

「ご冥福をお祈りします」の「冥福」ですけど、字を見ればわかるように「死後の幸福」と言う意味ですね。
当然、故人の冥福を祈るわけですね。
アベ君は、「キューバ共和国政府および同国国民、ならびに御遺族」に対して祈っているわけです。
「巨星堕ちたキューバ死ね」ってことですか?
なんにしても国民や遺族の冥福を祈っちゃいかんでしょ。

もちろん、アベ君は上記のような文すら作れませんから、誰かライターがやったことなんでしょうけどバカなサイコパスの下にはろくなライターも寄ってこないんでしょうね。
あ、これ昨夜のコメントなんですね。まだ直さないんだ・・
官邸には日本語が分かる人がいないということですね。

The Beatles - Revolution 1

Chopin - etude 0p10-12 - Argerich

T.Rex - Children Of The Revolution

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ