Do you really dream of jumping sheep?
(ども 火星人です。株は、やってないお)
Martian Official Weblog





だそうです。がはは
当時を思い出してみますか。

前夜はですね、出かけておりました。
某「○○ほ」とかいうメガバンにいる同級生が、里帰りして釣りに行って、ずいぶんと釣果があったようで、やたらとご機嫌になっていて、あんまりご機嫌でちょっとムカつくぐらいだったのですが、翌日、彼が東京に戻る途中でリーマンショックがドーン!!
あまりにご機嫌だったので、あまり気の毒には思わなかったというか、実はちょっとニヤニヤしていましたが、さらにその翌日は、そこの銀行がストップ安になって、もうひとつニヤニヤ。
と、全く個人的な話でしたが、どうみてもリーマン前夜とは違います。

アメリカは好指標が続いていて、もう一回利上げしますかね、という状態なわけですし、欧州もだいたいそこそこデス。
リーマンショックの当時は、前年の夏にサブプライムローン問題が噴出して、不動産バブルがはじけていたのですよね。
ここのブログでも新興不動産がどっかんどっかん潰れていくところをやっていたわけで。

ついでに、当時は滅茶苦茶な金融商品、特にCDSの問題というのが大変なことになっていたわけですね。
ほかのくにについて、そこまでひどい問題は現在ありません。
まあ、サブプライムローン的な問題はアメリカでは常に起こりえる可能性はあるわけですが、まだそれが怒っていませんからね。
にもかかわらず、日本の景気が悪いのは明らかに政策がおかしいからなわけで。

しかし、不思議なのは一応整合性をとろうとしたことです。
「リーマンショック級のことでもない限り消費税増税は行なう」と言った手前、リーマンショック級にしたかったのだと思うけど、どの道矛盾しまくっているわけだし、今さら、そこだけ整合性をとる必要はないわけですよね。

テレビでは、野党が増税に反対していることは伝えないで、アベ君のことばかり伝えているわけだから、これを何とかしない限り選挙では与党が勝つよね。
アベ君がどんなにバカでもどんなに異常でもどんなに悪人でも、そう伝えない限り、テレビが主な情報源になっている人には一切わからないわけですよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




アベ君のお手柄になっている国ニッポソ、怖いですね。

オバマは大統領に就任直後の2009年から、広島訪問を希望していたのを、日本の外務省が次時期尚早などといって、止めていたのですよね。
それが、今年で任期が終わるからもうここしかないというタイミングで来ただけで、アベ君は例によって何もしていないのですが、ネトウヨ的にはもちろん「安倍さんすごい」なわけですね。
メディアもその方向で行っているようで。
この国はどこまであほになっていくのか、恐ろしいですね。

オバマの演説は足りないところはあるものの、さすがに優秀なスピーチライターがいるねって感じ。
一方、アベ君は「もう出て来るなよ」というレベル。まあ、いつも通りですけど。
アベ君では、優秀なスピーチライターがついていても意味ないですしね。

ところで、サミットでアベ君が各国の首脳に示した「リーマンショック前」(棒)のあの資料ですが(コモディティがどうたらとかの)、誰が作成したのか誰も知らないようです。
外務省ではないと。まあ、ちがうでしょうね。外務省の人たち、バカすぎて経済無理だし。外交も無理なのに。
麻生君もどうやら事前には知らなかったっぽいです。あれをやる予定があったなら財務大臣としてあらかじめ根回ししていたはずなのにそれが無かったから、ということですが。
むしろ麻生君は事前に「増税は予定通り」とアメリカ様に報告していましたからね。
たしかに、財務省の可能性は低いですよね。増税したくてたまらないんだから。
石破君や谷垣君や稲田さんも知らないといっていましたね。
すると側近ですか。世耕とかの。
もう怪文書レベルになっておりますが。

ブログランキング・にほんブログ村へ




コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




アベノミクスのせいで。
アベ君は、サミットで必死になって「世界経済はリーマンショック前に似ているという考えを示した」だとか主張しているようです。
さらに「世界経済は大きなリスクに直面しているという認識については一致することが出来た」と会見で語ったようです。
アベ君の自己申告ですからね、これ。
アホメディアは垂れ流すと思いますが。
はっきりしているのはやばいのは日本だということです。
他の国ではなく。
リスク自体は常にあるし、調子に乗ってホイホイやるやつがいればいるほど、その後のリスクは高まります。
世界的にリスクはあるでしょうよ、そりゃある程度は。
そんなことはわかってますが、アベ君は他国の首脳に資料で説明したそうですね。まあ、説明能力はないと思うし、インチキ話をいくら説明しても他国の首脳は「知ったことではない」わけですが。
とにかく、リーマンショック前に似ているという説明をしたそうです。

しかし、このところのGDPの伸び率が7か国中で突出して低く、政府の借金がGDP比で7か国の中で突出して高い日本がそんなこと言っても。
しかも言ってるのが希代のバカですよ。
誰が聞くのかと。ネトウヨじゃあるまいし。

まあ、リーマンショック級の危機がない限り増税はすると言ってしまった手前、(誰かの脳内だけでも)リーマンショック級が来ていることにしてもらわないと困るんでしょうね。
「ほ〜。リーマンショック級か。なんかすごそうだな」
「なんだそれは。アメリカかどこかの新しい戦艦か」
「原子力潜水艦かもしれない。とにかくすごいらしい」

アベノミクス失敗ということにはどうしてもしたくないので、とにかく「世界の経済が〜〜」にしたいのでしょうね。
いつも他人のせい。
どうせメディアはアンダーコントロールてんだから、適当に支持しておけばいいじゃん。
ひるおびでは田崎寿寿司郎が、報ステも後藤謙次が必死に代弁してくれるんだし。

しかし、アベノミクスで「景気は穏やかに回復している」はずだったのに、急にリーマンショック級ですか。
原潜だとして、それはレッドオクトーバーよりすごいですかね。
ひょっとして、セントローレンス川に隠したレッドオクトーバーがベースとか。
あの映画では Crazy Ivan (イワンのバカ)が出てきたけど、
現実の日本も負けてないです。Crazy Abe がいますからね。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




夜になってかなりヤバいので、やすみま〜す。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




一昨年、大騒ぎになった小保方さんネタですが、最近、本人は少し元気になったようです。
瀬戸内寂聴さんと対談があったようですが、まあ、それはともかく、STAP細胞について、新しい話が。
ハーバード大学(もちろんアメリカのあの大学)が、STAP細胞の特許を世界中に出しまくって、20年間独占ということになっているようです。

日本のあれはなんだったのでしょうね。
そもそも、小保方さんのやり方で再現できなかったというだけのことで、STAP細胞がないということは言えないわけで、利権が特許を取り下げたのはいったい何だったのかって話になるわけですが、ここに来て小保方さんのやり方で再現で来ていたなんて言う話まで出てきて何が何だかわかりませんね。
でも、トリクルダウンはありませんよ。

そもそもの話をすれば、小保方さんの論文の話と小保方さんのやり方で再現が出来るのかという話と、(再現できない場合でも)STAP細胞があるのかないのかは別の話ですけども。

おいらはとち狂ったメディアのバッシングにどん引きだったのでスル―していましたが。


なんか今日は調子悪いんで、この辺で。




ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




もしもの話です。そんなことにならないといいですね。都民じゃないけど。
舛添が辞任するかどうかは微妙ですし。
バットマンのいないゴッサムシティはどんな都市かということですが、先日の沖縄の殺人事件で、また橋下がバカ発言していますした。
いろいろと連発していたのですが、その中でまた風俗に関して発言していましたね。
とにかく風俗が好きなようです。
カジノも好きでしたよね。

したがって、橋下都知事が誕生した場合、東京都はどんな都市になるかというと、世界的な売春と賭博の都市になるでしょうね。
どこに行っても歌舞伎町。
街にはホームレスがあふれて来るので、そういう人たちを福一のがれき処理の仕事に連れていくお仕事の人もたくさんでてくるでしょうね。
で、ピンハネで儲けると。

橋下ってば、過去にやていたことや発言を見ても反社勢力とは相性がよさそうですよね。(断言はしませんが)
そんな世界が日本の首都の将来の姿になりそうですね。

アベジョンウン政権だけでも酷いのに、
近未来のディストピア映画が本当にそのままの姿で迫って来ている気がします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先日、書き忘れてたんですよね。これ。
いや、もうたいしたことはないというかわかりきったことだと思いますが。

石原を批判すると、会見でそこの記者が叩かれるんですよ、石原に。
おそらく、アメリカやヨーロッパのメディアは、そんな場合、戦うんですけど、日本の記者クラブメディアの性なんでしょうね、簡単に委縮します。
まあ、万が一その記者自身は戦う気があった場合でも、会社は一切ないですからね。
ただおとなしくなります。

長年そんな状態が続いて、こんな国になりました。

今宵はもうひとつある予定です。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2014年の東京都知事選で、無所属(公明党都本部、自民党都連 推薦・新党改革 支援)で立候補した舛添要一氏が、メディアでは旬を迎えておりますが、わかりやすいですね、日本の大手メディアは。
殴り返してこない相手は延々と殴りつけるのが日本のメディアです。日本社会の体質でもありますが。

舛添なんて、もともとカネに汚いのは有名で、都知事選の最中にも、借金を政治資金で返したのではないかと言われて来ましたが、大手メディアはスル―でしたよね。
で、アベ・ジョンウン様の応援演説の甲斐もあって、見事当選。
「街頭演説では全く人が集まっていなかったのに、なんで?」という感想が多かったようですが。
出口調査では年配の人ほど舛添に投票していましたね。

ここに来て舛添祭りになっているのは、自民党と意見が合わなくなったからですね。
オリンピックの件とカジノの件あたりでしょうか。
自民が首を挿げ替えたいか、あるいは言うことをきかせたいということでしょう。

前任者の猪っちも、東電を叩いていたのがおそらく原因かと思われます。
(彼も、選挙の時は、無所属だけど、公明党、日本維新の会 支持・自民党 支援だったんですよね。)

もちろん、舛添も猪瀬もまあ、もちろんアウトはアウトなんですが、コソ泥レベルですよね。
公費を私に使っていたなら石原慎太郎にかなうものはいないでしょう。
これは書きだすときりがないレベルだと思いますが。
銀行作って大損失を出したのも(1000億ぐらい?)、彼でしたね。
でも、都民は4回も圧勝させています。あのレイシストを。

どうなんですかね。もしも舛添が辞めた場合、次がもっと屑になることについては疑いの余地はありません。
「自民が推薦する有名人」できまりでしょうからね。
ちがったら面白いとは思うものの。
さっそく下馬評には、橋下、東国原、片山さつきなどの名前が挙がっています。これでもかというぐらいひどいですが、東京にはお似合いさ。

橋下が知事になったら、東京はバットマンのいないゴッサムシティみたいになると言っていた人がいました。ははは
(わたくしも同じことを考えてました)

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




ツイッターの、逝かれたツイートの報告をする時の報告フォームですけど、
最初が
このツイートに興味がありません。
このツイートはスパムです。
攻撃的または迷惑なツイートです。

この3つなんですよね。
前からツイッターでは言ってますけど、普通、差別関係は入れるよね。
ツイッター社は差別と闘わないの?
人種差別や性差別の異常者がツイッター利用者のかなりの部分を占めているからとか?
だったら世も末ですね。実際、世も末ですけど。

それと、
「このツイートに興味がありません。」
これはおかしいよね。
興味がないんなら無視すればいいだけでしょ。
どうしたって報告することではないでしょ。
他人のつぶやきに興味がないからといって運営に報告するやつがいるかと。
変な話だよね。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




沖縄で起きた殺人事件ですが、どうやら沖縄県警の上層部は、表沙汰にしない方向ったようです。
なぜかというと、タイミングが悪いから。
表沙汰といっても、遺体が見つかったら、それは隠しようがないのですが、このニュースが表沙汰になった時点では遺体はまだ発見されていなかったですからね。
タイミングというのは、サミットとオバマが広島を訪れる前ということです。

どういうことかというと、真面目に捜査しないつもりだったということですね。
遺体が見つからなければ、行方不明者の話で済むわけで、そういう人はたくさんいるわけですから、警察はいちいち捜査しないと。
でも、県警の中でそれではまずいと思った人がいて、琉球新報にリークしたのだそうです。

表に出てから遺体発見→犯人逮捕まで、間がなかったのはおそらく県警はあらかじめ概要を把握していたのでしょうね。
でも、サミット前なので、スルーしていたのでしょうね。

県警の上層部は、アベ君に忖度していたということですね。
実に日本らしいです。

ところで、5月20日は第1回ニカイア会議が開催された日だそうです。
ニカイア信条

ジェームス・スチュアートの誕生日でもあるようなので、
Filibuster
「スミス都へ行く」(Mr. Smith Goes to Washington)から、フィリバスターの場面。

関係ないけど、Frankie Goes To Hollywoodの曲。
Two Tribes

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ