Do you really dream of jumping sheep?
(ども 火星人です。株は、やってないお)
Martian Official Weblog



前にも書いたと思うのですが、震災の時、津波が来ると言うので、生徒を高いところに避難させようとしていた教師に、地元の人(って、っまあ、みんな地元の人ですが。)が、ここまで来ないから大丈夫だと言っていた、という話がありましたが、まさにこういうのが正常性バイアスと言えるのではないかと思うのです。
自分だけならまだしも、他人の命ですからね。しかも、たくさんの小学生。
あのとんでもない揺れとあの震源地を考えると想像できないような津波が来てもおかしくないわけで、実際そうなりましたが、なぜか、そういうことを言う人が出てきてしまう。

正常性バイアスがかかることは、もちろんぼくもあります。
福島の件では、さすがに、日本でメルトダウンはないんじゃないかって最初は思ってましたから。
でも、他の人に(地元の人に)「大丈夫だ」とは言いませんけど。
基本的に悲観主義者です。だいたい悪い事を考えています。
でも、いわゆる「閾値」が高いw
アリ(蟻)の社会には居るようですよね。働きアリなのに働かないやつらが。
これは、通常は働かないけど、人手(アリ手?)がどうしても必要な時は働く、危機の時は働く、そういうアリがいるらしいですね。
それで、去年あたりからぼくがやばいとか日本終わったとか騒いでいるのは、ほんとうに危機だと思っているからです。

前フリはここまで。ツイッターの話です。
「安倍政権のやっていることもはや民主主義じゃない」とか、「日本をブラック企業化する気か」とか、「これからは戦場で日本人が死ぬ」とか、そういう話をしている人ですけど、まず、若い人がいない(非常に少ない)印象なのですよ。
大丈夫でしょ、的な発言をする人は、プロフや他の発言をみるとやはり若い印象ですね。

オバマがきましたね。安倍と記者会見やってました。
尖閣のことについてのオバマの発言。国賓として招いた理由は、あれを言ってもらいたかったからでしょうね。
おそらく、オバマは安倍のことはあまり相手にしたくないと思っているけれども、「これぐらいはやらないとね。TPPがあるし」ってな具合じゃないですかね。

テレビで繰り返し放送していましたが、明日もやるでしょうね。韓国の旅客船の事故とともに。あの事故の話をいつまでもやってますね。
尖閣でことが起きた時、アメリカが参戦するという保証は何もないのですが、なんか安保で安心な雰囲気が醸し出されていくのでしょう。
テレビさんは編集で何となくうまくいっているように見せるでしょうし。

あと、安倍っちの言い方がイタかったですね。彼のしゃべっているところの全部は見ていないのですが、中国に対して上から目線で何か言っていましたね。
横にオバマがいるからw
まるっきり虎の威を借る狐みたいでしたが、あれって、ネトウヨさんは喜ぶでしょう。

このごろは、毎日、日本がやばくなるニュースで驚いてますが、決定的な気がしました。
日本はアメリカの植民地として、日本の国民はその政府の奴隷として生きていくことになるのであった。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




脱原発について、ドイツを見習え、というのが的外れだと言うかなりおかしなブログを発見しました。川口マーン 惠美という名前の方のブログです。
なんというか、惣流・アスカ・ラングレーか、はたまた、アリス=紗良・オットみたいな。
ドイツの電気料金が高騰していて、ドイツ国内で反発が出ているという話です。
それは、他にも、朝日やハフポスの記事があるので、高騰していることは確認できます。
ただし、記事によって金額が違いますが。

脱原発などでドイツを見習えと言うのは、ぼくも書いたことがありますが、一つには「決断」の問題です。
あとは、脳味噌をちゃんと使うか。そりゃ何でもそうですが。
これも前に書いたと思いますが、ドイツが先にやるのだから、日本はそれを見ながら、うまくあとを追いかけていけば済むのです。
ドイツと全く同じことをする必要はないわけですよね。
ドイツの失敗に学べばいいし、うまく行ったところは、日本に合わせて採用していけばいいのです。
ドイツと日本の違いを把握して、その上で、政策を決めていけばいいのです。

日本は、今、原発が稼働していません。
それでも、この夏も電力は足りるようです。
節電して今の数字だと言う人もいるようですが、これから電気を今より余分に使いたい人いる?
消費税も上がっているのに。
家電は進化するので、消費電力は減ります。あるいは、同じ電力でより大きな効果を得られるようになります。
だから電力は足ります。

つまり今のところ、日本は、新しいエネルギーにシフトする絶好の機会なわけです。
原発を稼働させることは、間違いなく後世に残す負の遺産を増やすことになります。
それがわからないおバカはいないですよね。

現状、ドイツはうまく言っているとは言えません。
だから、何がうまくいっていないのかを見極めて、そこを直せばいいのです。
おそらく、風力や太陽光ででた電力の買い取りに関する問題でしょう。
それと、再生可能エネルギー導入支援。

買い取りに関しては、当然価格の調整も必要でしょう。
菅内閣の時に決めた買い取り価格は高すぎる気がします。徐々に安くしていくべきかと。
それから、供給が不安定であるという問題。
時間によって供給過多になると。ドイツの場合、それでも買い取らなければいけないらしいですが、日本ではどうするか。
あとは、ドイツの場合、2050年までに電力の80%を再生可能エネルギーで賄う計画のようですが、日本はそこまでやる必要がないと。
このままだとどうしたって、エネルギー後進国になるわけですが、10年後、20年後に誰が責任取る?

今、化石燃料を買っている費用がかなりかさんでいます。経産省の発表は嘘ですが、かさんでいるのは事実でしょう。
ちなみに、原油などの輸入量はあまり増えていません。費用がかさんでいるのは主に円安だからです。
原発稼働が日本経済にプラスになると本気で思っているイケメンはおそらくいないと思うのですが、そんなことがあったとしても、ほんとに、今、この時期だけわずかにお金がかからなくなるだけの話です。
城南信金というところの理事長が、ロイターのインタビューに答えた記事がありますね。
城南信金理事長
「では、その結果の間接原価はどうなのか。将来の廃炉費用や、使用済み核燃料の保管料や処理費用、工事費や人件費、地代がカウントされているのか。カウントされていない。われわれは今、時価会計で、将来に発生するキャッシュフローをすべて現在価値化し、負債計上している。原発にはそれが入っていない」
原発を持つ電力会社の実態はアルデプロであったww

あ、それで、、"ドイツ 脱原発"でぐぐると、最初に書いたおかしなブログと、それをリンク、あるいは転載したサイトがごそっと出てくるんです。
かなり不思議。だって、ただのブログなんですよ。細かい資料とかない。
朝日やハフポスの記事よりも上に。

アベ信者にとっては聖地のようなブログ?

追加です。
気が付きました。ぼくなんかのような取るに足らない一般人はドイツの脱原発に関する問題点を他山の石としてとらえて、そこから学習していけば良いと考えるけれど、あの太平洋戦争の信じられない失敗からですら何も学べなかった超イケメンの人たちには、そんなことは無理ですよね。
安倍式オートマトン(改悪型)だもんね。



ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




実は、さっき気が付きました。というか、自民党案に関しては、全部はまだ見ていません。とにかく一つ一つひどくって。ほとんど全部突っ込みたくなるわけですが。

第18条
 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。

これが今の憲法の18条。

そして、自民党案。
第18条(身体の拘束及び苦役からの自由)
1 何人も、その意に反すると否とにかかわらず、社会的又は経済的関係において身体を拘束されない。
2 何人も、犯罪による処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。

「何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。」が消えてるわけですね。
かわりに、「社会的又は経済的関係において身体を拘束されない。」というのが。
「社会的、経済的」の他に「〜的」ってのは何があるかと言いますと、ちょっと予想がつくかと思いますが、
これは、こちらのサイトに書いてますね。
自民党憲法草案の条文解説
14条を見ると、
「すべての国民は、<中略>政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」とあります。
「政治的」。
つまり政治的には身体を拘束され得るということです。
それって、まず思うのは「徴兵」ですよね。
一応、第2項に「苦役に服させられない。」とありますが、国を守ることが苦役であるとは、自民党の人が思うはずはないですよね。
つまり、徴兵できると。

ついでに言うと、政治犯という言葉も浮かんでしまいます。
社会的又は経済的関係において拘束されないのは、身体だけですし。思想・信条的にはあらゆる点で拘束されることが考えられるわけですね。
おそらく、いろいろと文句が言えなくなります。
もちろん政府批判とか。政府と仲の良い企業(含むブラック)の悪口も言えなくなるでしょう。
21条も変われば、そのままそういうことになりますよね。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨夜は戦場カメラマンの渡部陽一氏が、中国とベトナムの国境で、中国から脱出しようとした人物が発砲して、中国側とベトナム側合わせて7人死亡だって言ってたよ。
脱北者じゃなくて、脱中者が増えている模様、だったんですが、ぼくはよその国の話をしている場合じゃないんだ。
今日は、安倍政権ってとにかく国を崩壊させたいとしか思えない、というニュースだらけ。
まず、これ。
「残業代ゼロ」一般社員も 産業競争力会議が提言へ
政府の産業競争力会議(議長・安倍晋三首相)は、労働時間にかかわらず賃金が一定になる働き方を一般社員に広げることを検討する。
自民党にはワタミの前会長がいますからね。
たとえば、少し善意に解釈して、一定の仕事をこなせば、短い時間でも給料が定額もらえるって考えないでもないけど、そりゃ実質ノルマ制なわけだし、実際のところ、もしもそんな良心的な会社なら「じゃあ、今日は早く帰っていいよ」とかでもいいし、なにかしら融通利かせるでしょう。
対象として、年収が1千万円以上など高収入の社員のほか、高収入でなくても労働組合との合意で認められた社員を検討する。いずれも社員本人の同意を前提にするという。また、当初は従業員の過半数が入る労組がある企業に限り、新入社員などは対象から外す。
労働組合との合意って(笑)
簡単だよね。会社が会社に都合のいい組合作っちゃえば。
ブラック企業では社員個人は逆らえる立場にはないでしょう。
日本全国ワタミ化するんですね。わかります。
なんだか、昨夜の話の続きになってしまいました。

続きまして、
集団的自衛権、事後承認での行使を検討 安倍内閣
また、なんだこりゃ。
安倍内閣は、集団的自衛権行使について、国会の事前承認がない場合でも可能にする方向で調整に入った。事前を原則とするが、政府が「緊急」と判断すれば事後でも構わない、というもので、個別的自衛権と同じ仕組みだ。
海外に自衛隊を派遣していたら、なんか戦闘になっちゃいました。でそのまま戦争突入?
<政府が「緊急」と判断すれば事後でも構わない>
ようするに案でもありですよね。自作自演でも。あれ?なんだろう。張作霖という言葉が浮かんできた。

あとは、「高レベル放射性廃棄物」がイギリスから戻ってきちゃいました。また六ヶ所村に溜まってます。
みずほFGに新しい社外取締役が。第1次安倍内閣にいた人だって。やくざとの関係で問題になっったから、ガチのやくざと仲良くしておけば、問題にならないってことでオッケー?

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




家康に過ぎたるものが2つあり、みたいに行こうと思ったんだけど、うまくいかない。
内容で考えると語呂が悪いし、語呂で考えるとおかしなことになるし。

日本国憲法です。
世界最先端の平和憲法、ちゃんと守ろうとしてきたかということですね。

もちろん、今のようになんでも閣議で決めるのではどうにもならないけど。
ここに来る前にできることが本当はあったのに、怠ってきたのではないかと。

これは、言うまでもなく、ぼくがそんなことを言える立場ではないのですが、今、安倍政権が暴走しているのは、そのような暴走を止める策を講じてこなかったからではないのか、ということです。
もっと法整備が出来たのではないか、もっとシステムをきっちりしておけばよかったのではないかと。
まあ、後悔先に立たずというか、後悔、後を絶たず、というか。

当然、根本的な問題は、国民性だと思いますが、たとえばですね、総中流意識。
80年代、なんか景気が良くなっちゃってみんな浮かれてましたが、労働組合の人もそんな感じでしたね。
毎年、春闘でただベースアップと。
労働組合のナショナルセンター的なもの、いまだと「連合」ですか。
むかしは総評とか同盟とかあったっけ?
そういうところ。労働者の権利を守るのが本来の目的だと思うのですが、当時は、貧困層がほとんど意識されないような時代で、実際、少なかったのでしょうが、大事なことを忘れてしまったのではないですかね。
それがバブルが崩壊して、ベースアップの話がなくなったら、もう何もしていないみたいな。
いや、実際には何をしていたかは知りませんが、特に目立った活動はしていなかったように思います。
結果、竹中平蔵の経済で、格差が広がった時に、ほんとうに困っている労働者がたくさん出てきたのに、この人たちを守るということをしなくなっていましたね。
ブラック企業の躍進は、労働組合のナショナルセンターにもかなり責任があると思います。

実際、今年のメーデーは「連合」の招待で安倍っちが出席するって話になってますね。アホか。
ようするに、「連合」は自分たちの既得権益を守る組織でしかなくなったということですよね。
既得権益を持っている人間は相互扶助で、立場の弱い人間は自己責任という素敵な国ニッポンですよね。
(「権利」というものに対する意識が希薄ですよね。)

不定期に続きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




非関税障壁という最後の砦が。。
防カビ剤の表示をなくせとか、残留農薬の規制緩和とかそんなことが話題になっているようです。
まあ、どこからその話が出ているかわからないけど。
非関税障壁って、アメリカ側からみた障壁ですからね。
食品の安全基準だとか、医療・社会保障とか、司法制度までもあやういかもしれない。

そもそもが日本の参加にかかわらずTPPを機能させないのが良いだろうと思っていましたが、最悪の展開になってきているようですね。
とにかくどこかでダメリカにNOと言わないといけませんが、アメポチには無理だよね。
集団的自衛権なんて、アメリカ様のために国民の命を差し出すわけでしょ。わざわざ自発的に平和主義を捨てて。
でも、アメリカ様は一歩も譲らないんだよね。
結局、交渉のどへたくそなところは何も変わらないよね。
ハルノートを最後通牒だと思って戦争ドーンとか。

日本の内側からも外側からも壊されていくのね。
それにしても、安倍君を支持している人は何がいいのだろうか。
ただ、なかーまってだけじゃない?

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )




青山貞一さんという人が、そんな系の調査結果をまとめてます。
日本人は随分と、メディアの情報をそのまま信じると。
青山貞一:マスコミ報道「鵜呑度」 日本人70%、英国人14%
このデータについては、少々時間がたっていますので、いまだとそれなりには変わっていると思いますが。
それから、この情報を鵜呑みにするのも危険ですがww

たとえば、公益財団法人 新聞通信調査会による全国世論調査の結果を発表したが、各メディアの情報の信頼度に関する質問で「全面的に信頼している」を100点とした場合、 NHKテレビが73・5点、新聞が70・9点、民放テレビは63・6点、インターネットは58・2点であった。2010年末

このような記述もありますね。
インターネットなんて、いくらでも嘘が書けますからね。

でも、たとえば、ある若者がネットをやるようになって、その時、最初に見たものが「河野太郎は日本を貶める河野談話を即時撤回すべきである」なって超とんまぬけな話だったとしても、信じる可能性は高いですよね。
若者だけではないけど。
メディアが伝えない真実とか言っちゃってるやつ。
実際、伝えない真実は山のようにあるし、しかも、かなり性質の悪い理由で伝えなかったりするんですが、その「メディアが伝えない真実」が誰かの頭の中だけの真実である可能性も考えないといけないんですが、最初はそんなことわかんないよね。
ある種のバイアスがかかった集団がネットでなにがしかの主張を繰り返すと、信者が出てくるんじゃないでしょうかね。

日本人は、やたら権威に弱いですよね。
政府にも弱いし、専門家に弱い。
専門家が何か言うと、思考停止。
子どももそうだとすると、愛国教育という気持ち悪いものが増殖中なので、日本の将来は暗いとしか言いようがないですが。
まあ、暗いっていっても、あればの話で。

その点で言うと、ぼくは、小1の夏休み帳と小2の時の先生に感謝しなければなりません。
小1の夏休み帳の音楽の問題がおかしかったのですよね。それに関するやり取りで先生にわずかな不信感が。
種2の時は、ずっと前に書いたことありますけど、「日時計」のテストで、「日時計の影が動くのは何が動くからですか?」という問題に、「地球」と書いたら△。まったく地球人ときたら、いつも自分たちが中心だと思っているのだ。
(普通、花まるでしょ!)
授業で教えられた通りじゃないと○をもらえないということが分かった。
そんな○にどのくらいの価値があるのだろうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




いろいろランキング。こういうのもあるんですね。
ただ、これは3年前のものなので、今だったら日本ははるかに低くなっていると思います。
調査したのは、チューリッヒ大学の社会科学者たちだって。
ランキングの基準は、
「個人の自由の第三者(特に政府)による侵害からの保護」「法の支配」「積極的社会参加」「透明性」「政治参加」「代議制度」「政治的競争」「抑制と均衡のシステム(三権分立)」「民主主義的に決定された事項を実行する能力」
の9つが指標だそうです。
民主主義の質が高い国
30カ国が対象です。
日本は、25位。まあ、悪くないですよ。イギリスが26位。フランスは27位ですからw
上のほうは予想通り。
1位は、デンマーク、2位はフィンランド。
もう、毎度。こういうランキングは、ことごとく上位ですよね。
基本的なものの考え方が違うんでしょうね。
対外的に偉そうにしたい国とそういうことはあきらめて国民の幸せを考える国。
ただ、アメリカが10位に入っているのが残念ですがw
今なら日本は酷いでしょうね。そして完全崩壊まで年ごとにひどくなると思います。
滅びるまでというか。

で、さっき見つけたのですが、
なんで事前に賛否がわかるのか
ハフィントンポストに出ていた河野太郎氏の記事。
日本では、議会、委員会の票が党単位で決まっていて、事前に結果がわかってしまうと。
こんな形骸化、儀礼化した議会、世界を見渡しても他にない(北朝鮮などの独裁国家を別にすれば)。
と言っています。
それ、自民党の人だし、なんとかなりません?

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




韓国の旅客船の事故がニュースになってますね。
乗客には「船室にいてください」と言っていたとか。でも、その後何のフォローもなく、船長・船員は先に逃げたとか。
本当だとすれば、酷い話ですが、韓国のメディアの対応がまたひどくて顰蹙を買っているようです。
旅客船沈没事故で恥をさらした醜悪な韓国メディア
かなりひどいんですが、例によって韓国のことですから、ネ○ウ○的な人たちが、もうツイッターなどですごい勢いで罵倒が。
よくあそこまで罵ることが出来ますね。放送できない言葉が飛び交っています。
たくさんの人が死んでるんですが。

ツイッターなんて、日本語を読める外人さんも見ているわけで、どん引きされています。で、罵ったのと違う日本人が謝っちゃったり。
どんな世界ですか。

日本てここまでひどい国だっけ?
南京大虐殺の話で「なかった派」というのがいますけど、こんな感じですよね。
「なかった」と主張しているその人たちこそ、当時南京にいたら虐殺をやっていたに違いないと思ってしまう、そのひどさ。
人間としておかしいのですよ。
まあ、ぼくが言うのもどうかと思うけど、でも、ぼくが言えちゃうぐらいおかしいです。

よその国の事故を罵っている場合じゃないですよ。
日本は国そのものが今沈んでいるわけですが、大本営発表を信じて何とも思っていない人がおおいようです。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




集団的自衛権の話が出ています。
公明党はいつものように、少しごねた後、あっさりオッケーになってますね。
まあ、このまま容認なんでしょう。

先日、NHK経営委員の長谷川なんとかって人が、何かしゃべってましたね。
集団的自衛権の件で。積極的平和主義を主張しています。
受動的平和主義とは、自分が襲われた時友人が「ゴメン、争いはしないんだ」と言って助けてくれず、死んでしまうことだ。なにもせず、オツムに花を挿して歌を歌っていれば平和に貢献していると考えているフラワー・チルドレンのことだ。

まず、こういうことをいう年寄りは、必ず自分が安全地帯にいることが前提です。
実際に戦う人ではありません。「自分は命をかける」というのを聞いたことある人いるかな?
死ぬのは若者です。

それから、日本に友人いたっけ?ご主人様ならいるけど。
具体的にどこの国が友人なのかは知りたいところです。

もうひとつ、たとえばの話だけど、日本に友人がいるとして、その友人がピンチでも日本は見殺しにしていいのか?」という理屈があるとしますか。
そこで助けるのが(ある種の)美徳だ、といった考え方はあると思います。
困っている人は助ける、というのは基本でしょう。
日本が普通の国だったら、それでいいかもしれません。
残念ながらちょっと違う。
日本は、たまたまなのか必然なのかはわからないけれど、日本国憲法というものがあるのです。
これを日本という国が持つことになったのは、「成り行き」だと思いますが、とにかく世界最先端の平和憲法だったわけです。
今は、人権などに関しては、最先端とは言い難いけれども、平和に関しては、最先端のままです。
これを維持することは、人類の(未来の)ためだと思いますよ。
仮にお友達がいるとして、さらに、そのお友達が困ったとして、助けなくていいのか、そういうジレンマはあるけれど、それがアメリカなら助けなくていいと思いますよ。
あそこは、勝手に戦争やってるんだから。

どこかの国との信頼関係なんてないですよ。これからもずっと、どこの国とも信頼関係はできないのかというと、それはわからないけれど、少なくとも、今のアメリカではまったく無理ですね。

☆以下は、ほぼ追加しました。

アメリカのような国だったら、お互いにどううまく利用するのか、それしかないのですよ。
今の憲法は、アメリカに押しつけられた憲法とかいってる人がいるけど、だったら、アメリカに押しつけられた憲法があるから戦争できません、と言えばいいだけなのです。
わざわざご主人様に気にいってほしくて憲法変えるとか、頭が悪過ぎて話にならないんだけど、たぶん、そういう政府がいいんでしょうね。今の日本人は。


ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ