Do you really dream of jumping sheep?
(ども 火星人です。株は、やってないお)
Martian Official Weblog



原発問題に突っ込んでいた人ですね。
「自殺」と伝えられているようですが、疑問に思っている人が多いと思います。
「戦っている最中」の人は自殺はしないだろうということですね。
福1のことでいうと、除染や福1の中での作業というのには、下請け、孫請けどころじゃなくて7次下請けまであるそうで、人集めには893関係の人が絡んでいるという話ですね。
おそらく、岩路真樹ディレクターはその辺りにも突っ込んでいたので、どうしても自殺以外の死因を考えてしまう、ということになるかと思います。
そうであった場合、これが原子力ムラの闇そのものといえるかと思います。

自殺だった場合。
前述のように、基本的には自殺するタイミングではないわけですが、戦えなくなった場合には、大きな動機になりえますね。
たとえば、局の方針として、もう報ステは原子力ムラに突っ込んではいけないということになったとか。
その場合は、古舘伊知郎も降板でしょうかね。
仮に、岩路氏が不治の病に冒されていたことが分かったといったような場合でも、戦っている最中なら動けなくなるまではやりますからね。
なのでテレ朝の現状から考えると、局の方針に絶望したということは十分考えられます。

テレ朝も報ステ以外は原子力ムラには突っ込まないし、ほとんど安倍マンセ―なんですよね。
夕方のニュースあたりだと、安倍の話か、安倍政権の話が必ず入ってます。
全然、批判はしていません。気持ち悪いです。
この前のサンデースクランブル、ザッピング中にちら見してしまったんですが、新大久保のコリアンタウンが廃れていると言う話。
韓国の朴大統領のせいにしていました。
韓国の大統領が日本にあれこれ言うのは前の代からですよね。
新大久保のコリアンタウンといえば、在特会に決まってますやん。
「良い韓国人も悪い韓国人もどちらも殺せ」のあれは新大久保ですよ。
テレ朝でこれ。

古舘伊知郎が「テレビが嘘しか伝えない」といっていましたが、テレ朝が他局同様に嘘しか伝えない選択をしたとしたら、岩路真樹ディレクターはそれに絶望したのかもしれません。
そして、日本の大手メディアからジャーナリズムが完全に消え去ると言うことになりますね。
自殺でもそうじゃなくても、あかんですかね。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




ちょっと前から東京アウトローズ(WEB速報版)が元気になってきました。
一時は全く更新が途絶えていましたが、よかったです。
以前、震災前ですけど、しきりに原発利権屋は言論弾圧が激しい旨の話をしていたので、弾圧されちゃったのかと思いましたが。
東京アウトローズ WEB速報版

東京アウトローズによれば、秋元司という自民の議員が、過去記事について削除を求めてきたそうです。
もはや全くどうでもいい記事なのにね。
あれじゃないかな。最近、自民はネット監視がすごくて、その中で発見しちゃったんじゃないですかね。
記事って七年前のですよ。黙っていれば誰も気がつかないレベルだと思いきや、秋元司でググルと2ページ目に出てきますね。ははは
ツイッターでも広めておくといいかな。
アウトローズは削除することにしたようです。近いうちに。

言論弾圧と言えば高市早苗ですが、なんか騒がれたので火消しにやっきになっています。
3Kによれば、
『高市氏は党本部で、記者団に「国会周辺のデモを禁止することは考えていない。ヘイトスピーチ規制が混同されている」と強調した。』
って。
自分で一緒くたにしたんだろ。ほんとのバカ?

それでですね、高市早苗といえば、パソナというところから派遣スタッフが来ているんですね。
これは明らかなんですが、なぜか高市事務所からパソナにお金が支払われていないのだそうです。
(日刊ゲンダイ)

パソナって言いますとSHABU and ASKA の事件で有名になった栩内被告が、そこの関連会社に勤めていて、パソナの迎賓館「仁風林」で接客をやっていたという話がありますね。
パソナっていうのは、竹中平蔵が会長をやっている派遣会社で、今最も日本でいかがわしいのではないかと思われる会社です。
国から補助金でてるんですが、それで接待しまくっているわけですね。
「仁風林」は当然政治屋さんたちも出入りしてましてABE君や森君もその仲間だそうですが、小野寺防衛大臣が栩内被告にご執心だったともっぱらの噂です。
それが事件の後ABEくんに知れて怒られたとかいう話も。
民主党の極右・前原って松下政経塾出身の人は嫁さんがパソナの南部社長の秘書だったって。

なんていうんですかね、国から補助金もらってるところがこれってなんでしょうかね。
生活保護受給者がパチンコやったらバッシングなのにね。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )




モンティ・パイソンやってましたね。忘れていて最後のほうしか見ませんでしたが。
ジョン・クリーズってもう死んでいた気がしていたのですが、勘違いしていました。
あれですね、亡くなったのは007のMでしたね。ジョン・クリーズはQでした。
モンティ・パイソンは子どもの頃ちょくちょく見ていたので、この辺りの感覚と、今の日本の状況はかけ離れかたがほんとに寒いのです。

モンティ・パイソンはとにかくなんでもかんでもコケにするわけですね。それはもう自分たちだってガンガンコケにする。
おそらくイギリスとフランスはこれが出来る国。

以前、クラウチがイギリスのサッカーの珍プレーの解説をしている動画を見たんだけど、解説って、要するにこきおろすだけ。
10の珍プレーをひたすらこきおろして、10個目が自分だったんですよね。これを一番ぼろくそに言ってましたが、「イギリス人だぬ」っと思ったわけです。

イギリスやフランスって、もう嫌と言うほど「斜陽」を味わってきた国ですよね。
第2次大戦は、戦勝国には成ったけど、フランスは占領までされていたし、イギリスだって海があったから助かったみたいなもんで、勝ったのは結局アメリカのおかげ。
昔、F1(レース)の実況で、古舘伊知郎がロータスのことを「西日の射す部屋」と言ってましたが、まったくそういう感じ。
まあね、成熟した社会ってのはそういうものだし、そこをなんとか乗り越えてやって行くんですが、日本は相変わらず「成長戦略」とか言っちゃってるんですよね。

イギリスやフランスはいうまでもなく過去に様々な悪行を行っておりまして、そこらへんを自国で反省できるのも勝った側の余裕なのかもしれないけど、日本の余裕の無さは異様ですね。

日本は何かというと「自虐」。日本マンセ―して中韓の悪口を言って誇りを保っているつもり。
こりゃ、3流以下ですよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




われらが偉大なる領導者・安倍ジョンウン第一コピペスピーカー様の掲げるアホノミクス効果により、7月の消費支出は前年同月比で、−5.9%になりました。
もう一段 暮しを下げて もう一艦(中央標語研究会、昭和18年)
艦これに課金しろってことか?(違います)
ツイッターの「国策標語bot」よりお送りしております。
−5.9%はすごいなあ。6月が−3.0%ですからね。
物価は3.3%上がってます。それプラス消費税ですからね。
どんだけ流通してないか。
7月〜9月のGDPはどうやってごまかすのかが見ものですが。

国策標語botが面白いので、いくつか紹介しますね。
聖戦へ 民一億の 体当り(読売新聞社、昭和14年)
国があっての 命だ金だ(大分新聞社、昭和16年)
日の丸持つ手に 奢侈品持つな(富山県、昭和15年)
国策へ 理屈は抜きだ 実践だ(日本カレンダー株式会社、昭和16年)
欲しがりません 勝つまでは(大政翼賛会・毎日・朝日・読売、昭和17年)
戸毎戸毎が 聖戦本部(長崎日日新聞社、昭和15年)
任務は重く 命は軽く(中央標語研究会、昭和16年)
権利は捨てても 義務は捨てるな(用力社、昭和8年)


気持ち悪いですかぁ?(←神奈月的な井上陽水で)
あと、
侵略の地に 共栄の日章旗(献納標語・情報局、昭和17年・シンガポール陥落祝賀)
おや、「侵略」って言ってますよ。
米英を 消して明るい 世界地図(大政翼賛会神戸市支部、昭和18年)
おかしいですね。大東亜共栄圏じゃなかったんですかね。

それにしても、命が軽かったんですね。
とどめに。
戦する 国とはみえぬ 朗かさ(情報局、昭和16年・笑和運動標語)
うは。日本、気持ち悪いぞ。
笑顔のお面でもつけとくかね。


ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )




先日、これやばいって書きましたけど、どうやら予想通りの展開になりつつありますね。
自民がヘイト・スピーチ規制に関するプロジェクトチームの初会合を開いたそうです。
高市早苗というおかしな人が、国会周辺のデモも規制しようなんてことを言いだしたわけです。
片山とか高市とか、「自民党的おっさん社会」の担い手でしかないもんね。
女性のためにも社会のためにもならないんだよね。
ネトウヨの大好きな中国のような国にまた一歩近づきますねww

もちろんヘイトスピーチはどうしようもない糞ですよ。
でも、自民のやつらにはわからないでしょ。
支持者にも。たいして関心のないやつらにも。
だから、「うるさくて迷惑だよね」ぐらいにしか思っていないやつ日本にはたくさんがいるわけですよ。
今回だって、「国連に言われました。だから仕方なく作ります」ぐらいの気分でしょ。

そもそも「ヘイト・スピーチ規制法」というネーミングになっている時点で、「おかしい」。
まず「人種差別禁止法」でいいわけです。
そこからやらないと、とにかく「ヘイトって何?」とか「ヘイトの対象って何?」とかって話になって、バカ政権が都合よく拡大解釈してしまう。
とにかくバカで悪意の塊・安倍ジョンウンには早く消えてもらうしかないのです。

ついでに偉そうに言いますけど、民主主義と言うのは果てしない手続きの作業なのです。
いいものがポンと出てきたりしないのです。
「これ規制が必要だから規制法作りましょう」で簡単にできたらこんな国になってません。
便利なものって悪い奴にも便利なわけです。
悪いことするのにも便利なわけです。


昨日の続きはいずれまた。。。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




東電は、「個体側の脆弱性」などと言っていましたが、その手の文言が非常に多いですよね。
普通、ほとんどの人はこんな表現、酷いって思いますよね。
これってさすがに今じゃないと出てこない言葉だと思うのです。
ツイッターで、「生活保護受けてる人は死んじゃえばいいのに」「病気で働けなくなったら死ねばいいのに」などと言っている人がいます。
本人は我慢して必死に働いているのだそうです。
鬱憤がたまってるんですかね。
しかし、それをぶつける相手が違いますよね。
一方で、片山さつきのようなのもいますよね。

国会議員が社会的弱者やマイノリティを攻撃するというのは異常ですが、これに同調する上記のような人。
これって、学校のいじめと同じですよね。
いじめのリーダーとその子分。
自分がいじめられたくないので必死にいじめをやっている図ですね。
毎度言ってますけど、階級社会で、たとえば15段階の階級があったら、14番目が15番目をいじめると言うのが一番酷いんですってね。
まあ、わかりますよね。
こういう形を作り上げているんですね。
自分より弱そうな相手をいじめる。

ただし、その中でも「死ねばいいのに」のはアホですけどね。
そういう人たちが本当に死んで、いなくなってしまったら、次は自分なわけですから。
そのようないじめが続く限り片山さつきのような立場は、いじめられることにはなかなかならないですね。

この話は続きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ちょっとひどいので、今日もサボります。

東電は「個体側の脆弱性」といって裁判に負けましたが、最近こんなの多いよね。
とりあえず、東電は1度破綻させるべきですね。
東電の安全対策というか危機管理における脆弱性は改善しないと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




循環器内科に20代の女性が。もちろん、看護師さんではなくて診察を受けに来た人です。
これでもかという脚の露出度、ずっとスマホをいじっていた(たぶんゲーム。)ことなどから20代と判断したんですが。
20代で、循環器科は気の毒ですね。先天的なものでしょうかね。

というわけでそれとはまったく関係ないけど、サボります。ちょっと時間が。
東電の「個体側の脆弱性」という文言にはかなり頭に来ましたが。


ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




創価学会は牧口を忘れたか。&ニーメラーの警句
前回は6月にやりました。
公明党が集団的自衛権を認めるぞってことで。

ニーメラ―の警句の世界が、今、日本で展開されています。
まず、在日外国人といったマイノリティ。
ヘイトスピーチはすごいですが、最近はアイヌ民族などいないという札幌の市議が。
続いて、社会的弱者。なんですが、生活保護を受けているひとはみんなパチンコでもやっているかのような。
あのワールドリンクスの特別顧問をしていた片山さ○きという不細工な(←これは、特定秘密に指定される予定)おば○んによりますと、生活保護の需給は許されるのは、生きるか死ぬかの瀬戸際の時だそうです。
生きるか死ぬかの生活って、健康で文化的なんですかね。

続いて、最近すごいのが「朝日新聞」に対するバッシング。
「吉田証言」の検証をして誤りがあったことを認めたら、ものすごいバッシング。
産経はもちろん、読売、日テレも鬼の首を取ったかのような喜び方ですが、週刊誌が一斉に叩いてますね。
これはすごい。同調ぶりが気持ち悪いですね。
ユングも真っ青ですよ。
つまり、あの人たちにとっての「サヨク」がはっきり攻撃対象になっていますね。
まずマイノリティ、それから社会的弱者、そしてサヨク(爆)。
次は、宗教かな?それとも野党かな。

だからさ、とりあえず独裁者の側についていれば、やられないと思っているそのお花畑脳イタイんですよね。
異質なものは結局すべて排除されるんですよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




主に既出です。
これのパブリックコメントが24日までなので。
自民党はスパイ防止法だと言っているので、ネトウヨ界隈では、反対するのは中国のスパイだろなどとおバカな発言があふれましたが、時差氏のところいったいどこが「スパイ防止法」なのかと。
前に書きましたが、1月ごろに2001年以降、「守秘義務違反」でどのぐらい裁判が行われたのかを調べました。
440件余りでてきましたが、そのうち「国家公務員」は5件でした。

非常に少ないのですよね。日本は「スパイ天国」といわれているのにね。
これで1年の刑を5年の刑にするために急いで法案を成立させた理由は全く見えてきませんが、5件しかない理由を考えました。(既出です)
なぜ少ないのか。理由を考えてみました。
1、スパイ天国ではない。
2、公安が無能である。(取り締まる側が機能していない)
3、隠蔽体質のため、機密が漏れたことが分かっても公表しない。

1の「スパイ天国ではない。」
前に書いた時は、これは可能性が低いと思っていたのですが、実は、これが1番の理由ではないdすかね。
日本の官僚は、なんでもかんでも機密扱いにして、メディアの取材にもなかなか情報を出さないのですよね。
福島産の農作物の放射線測定値も機密2、機密3などの指定を受けていたという例がありますね。
そもそも、罰則を強化していますが、それは通常、多発して問題となっているから厳しくするという類の発想ですよね。危険運転致死傷罪とか。
もともと「ほとんどない」のなら意味ないじゃないですか。

2の「公安が無能である。」という場合は、法改正によって改善される理由はなく、公安が変わらなければ意味がないわけで。

3の「隠蔽体質のため、機密が漏れたことが分かっても公表しない。」場合だと、秘密保護法により、より一層、隠蔽体質がひどくなるだけでなにも改善されないですよね。
だって、「機密洩らしてしまった事実」ことも国民には隠せるんだから。
どの場合でも、これまで以上に情報漏洩を防げる理由はないということですね。

つまりスパイを防ぐための法律ではないと言うことです。

そもそもアメリカ様に、いわれたんですよね。(ブッシュ時代)
アメリカと共有する情報を漏らさないようにしろと。
つまり、日本の情報を日本人には隠してアメリカ様に教えるためにつくられる法律と言うことになります。

アメリカと共有する情報を漏らさないように、という話は、具体的に2005年にあったわけですね。
これも既出ですが、中国の潜水艦で火災が発生したというのを読売がスクープ(?)。
これって、別に日本の安全保障上の問題になるようなことではないですよね。
少なくとも、世間に知られて「こちら側」(笑)が困る話ではないです。
にもかかわらず、これを読売の記者にもらした自衛官は処分されました。
懲戒かな。
なぜかというと、アメリカからの情報だったんですね。
アメリカ様は、アメリカからの情報を日本が勝手に漏らしたことが気に入らなかったということのようです。
それでアメリカ様が怒ったので自衛官は処分されましたっと。
これが秘密保護法の目的の1つですね。

あとは、森まさ子議員がいてましたね。
「福島にこそ特定秘密保護法が必要なのです。」と。
完全に頭がおかしいのですが、本気なんですよね。
前述の福島産の農産物などの測定値。
都合の悪いものはすべて隠せます。
森まさ子議員の発言は、つまり、国と福島県知事にとっては必要なものであると。

これは当然、適正に機能して充分な権限を持った第3者のチェック機関が存在しなければ、官僚や政権にとって都合の悪いものは全部隠せますよね。
運用も恣意的にできますね。
同じような法律のある国は、洩らした相手が、「敵」とか「外国」とかのしばりがあるのに、日本の秘密保護法はないです。
内容にかかわらず日本人にもらしても処罰されます。

せめてツワネ原則に基づいたものぐらいでないと、ネトウヨのみなさんの大好きな中国や北朝鮮のような国にまっしぐらですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ