Do you really dream of jumping sheep?
(ども 火星人です。株は、やってないお)
Martian Official Weblog



(続き)

一方、レイシズムは反知性そのものなわけですが、哲学の世界での有名人にもレイシストがいるんですね。

ヒュームは白人至上主義だったようです。wikipedia見たら
わたしは、黒人と一般に他の人間種のすべてが生まれながらに白人より劣っていると思っている。白人以外に、どんな他の肌の色を持つ文明化された民族もまったく存在しなかったし、行動であれ思弁であれ、卓越した個人でさえもまったく存在しなかった。かれらのあいだにはどんな独創的な製品も、どんな芸術も、どんな科学も、決して存在しなかっ た。
なんて言っていますね。
かなり雑です。
自分の世界が正しいあるいは高度な世界という発想なんですね。
これだと、ジャングルなどに住む所謂「未開の人々」はもうどれだけ劣った人になってしまうかわかりません。
しかし、白人の文明とそれに追随する日本のような家畜民の考える文明ほど地球を破壊してきたものはないのですが、「未開の人々」は自然を破壊せず折り合ってやっているわけです。
いったいどちらが賢明ですかね。
経済思想家としてコミュニケーションを重視する姿勢とは真逆ですね。

よく知らない存在を理解しようとするのが知性なのでありまして、SFの基本ですからね。
ヒュームは他の人種に関して、そのような努力を放棄してしまったのですね。そもそも「人種って何だ?」という疑問はもたなかったのですかね。
「ソラリス」では、ソラリスの海のやることがあまりにも突飛で理解できないので、ソラリスに来た科学者はことごとく恐怖を覚えますね。
ヒュームもそうだったのだろうと思いますが。

近頃では嫌韓本を読んで「韓国が~」となってしまうという話にならないレベルのおバカが結構いるわけですが、こういう人たちは韓国の人をほとんど知らないわけですよね。
ただ、本にそう書いているからとかネットで見たからとか、まったくワイドショーで中国の悪口言っているのを見て「中国は悪い国だ」と思ってしまうようなレベルの話で、ミヤネ屋でも見てるのがお似合いな人たちですが、
少し同情してみますか。
たとえば、ネットをやり始めたばかりの時、そこにある「情報」の類はピンキリなんですが、最初はいずれも新鮮でその真贋はなかなかわからないのですよね。
「在日特権」などというバカ言説も一瞬信じてしまうかもしれない。知らないですからね。
でも、そこからさらにいろいろな情報を得ていく過程で「やっぱり嘘やん」と悟って真人間になる人と、そのままネトウヨ・レイシストになる分かれ道は、やはり本人の知性の問題、好みの問題だろうと思います。
結局何を好むか、になってしまうのですかね。

しかし、この頃の日本はすごいですよね。
誰でもネットにつなげられるようになって、そこに溢れるピンキリの情報に触れるのは別に日本(人)に限ったことではないのですが、猛烈な勢いでレイシスト大国になって来ています。
日本の社会のどこに問題があるのでしょうかね。
(まあ、問題点はとりあえず複数思いつきますが)

まさか日本人が劣った人種だから、なんてことならないですよね(笑)
火星人のわたくしが上から目線で「日本人は劣ってる」なんて言うと差別になってしまいますからね。

ブログランキング・にほんブログ村へ




コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




哲学というのはですね、結局のところは自分で物事を考えると言うことに他ならないのでありますね。
ウィトゲンシュタインは、「哲学の目的は思考の論理的明晰化である」「哲学は学説ではなく、活動である」などと言っているらしいです。

さてそこで、自分で考えるといっても、何も下地がないのでは、いきなりそんな明晰に考えることも難しく、宇宙空間にほっぽり出されたような気分になるかもしれないですし、ここはひとつ哲学書でも読むか、ということになったりするかもしれないわけですが、その哲学書がまた無図開始わけですね。
それぞれ哲学をした人が、思考を明晰化して、それを言語化するとしますと、既存の常識的な言語表現では、足りない、つまり正確ではないことになるのが、まあ、普通でしょうと。
正確に表現しようとすると、一般的ではない、つまりわかりにくい言葉を使って、表現せざるを得ないわけで、それゆえ大抵哲学書は難しいということになります。
哲学をするにあたって、準備をしようと思ったら、それがまた難しいぞと、そういうことになったと。

難しいから、それならというので、そこをもう少しわかりやすくした解説書というものがあるんですね。
哲学する準備の仕方についての説明、ってなことになりますか。
まあ、これはわかりやすくした分、正確ではないかもしれないわけです。
ですからその点を踏まえて読まなければならないでしょう。

しかし、実際のところ、哲カテなんぞ見ますと、この解説書の解釈をめぐって議論が展開されるなどという不思議な世界まであるわけで、これはもやは何が目的なのかわからないのであります。

ちょっくらあるスポーツを始めようと思ったけど、
いきなり自分一人ではできないのでコーチをしてくれる人を探そうと思ったけど、
どんなコーチがいるのか(いいのか)わからないので、いろんなコーチを紹介してくれるサイトを探してみたけど、
いろいろあってどのサイトで探したらいいかわからないので、どのサイトがいいか友達に聞いてみたけど、
結局、揉めている、みたいな。
まあ、何を言っているかわかりませんが、とにかくめんどくさい。

自省録に「善い人間のあり方如何について論ずるのはもういい加減で切り上げて善い人間になったらどうだ。」というのがあります。
ははは
まあ、別に哲学書を読まんでも哲学はできますからね。

と、ここまで特に新しいことは書いていません。

つづく

ブリューゲルとバッハとタルコフスキー。
Bach - BWV639
たぶん3回目ぐらいですけど。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




もう2ヶ月近く前になるかと思いますが、
買い物を終えて帰宅途中、前に書いた「閑静な住宅街」を通過して、やや大きな通りを(北に向かって)横切っていたらいきなり「横断歩道を歩いてください」という声が聞こえたのです。
左側(西側)から。
交通安全指導車か何かなんですね、たぶん。左側(西側)からこちらのほうに走ってくるところ。で、その中の交通安全指導員か何かが発した言葉なのですが、思わず「ないだろ」とわたくしも声を発してしまったのです。
「横断歩道を歩いてください」は明らかにわたくしに向かって発した言葉であろうと。他にいませんでしたから。
しかしですね、横断歩道はないんですよ、そのあたり。
右に300メートルあまり、左にも300メートルあまり行かないとないんです。横断歩道は。
帰宅途中ですから、家までの距離を考えると普通に歩けば200メートル余りで着くんですよ、そこからは。
200メートル余りで着くのに、横断歩道を歩くというただそれだけのために往復で600メートル以上も余分に歩く面白い人はまずいないだろうと。

その付近、横断歩道がないのには理由があるんです、おそらく。
わたくしが横切ったところは、住宅街の細い道からやや大きな通りに出るところで、前には公園があるのです。
つまり、細い道をてくてくと北上して大きな通りに出て(つまりそこは3差路)そのままそこを突っ切って公園の入口まで行くところだったのです。
通常は、大きな通りに出たところで左に曲がり、50メートルほど(西に)行くと交差点があるので、そこをまた右(北)に進路を変えて、上って行くとおうちに着く、という寸法なのですが、
夏場は、公園を通ったほうが圧倒的に(起伏があることを差し引いても)涼しいというメリットがあるので、その時も公園に入ろうと、そこの道路を横切っていたわけです。
それでですね、その西側50メートルほどのところの交差点にはなぜか横断歩道がないんですね。
おそらくですね、横断歩道を作ると、かえって危険だからです。

そこの交差点のさらに西側40メートルあたりが、坂の頂点になっていて、しかも微妙に曲がっているのですよね。
なので西側から走ってきた車は、そこの交差点に人が通過しているのが見えた場合、急ブレーキでぎりぎり、雨の日だとアウトになるわけで、横断歩道など作って子供が安心してそこの交差点を渡るようなことになったら、いつか事故が起きること請け合いな場所なのです。
いや、そこを通過する車が結構なスピードで来るんですよ、まるで高速コーナーのように。
実際、危険を感じるところなのです。
危険を感じるので皆が警戒して渡っているから今のところは事故が起きていない、みたいな場所なのですね。

ついでに、わたくしが横切ったところ(つまり公園の前)は東側も100メートルほど行くと坂の頂点になっているのです。
したがって、わたくしはその付近で最も見通しがよくかつ最短の距離で移動できるまさに最適コース(笑)を歩んでいたわけで、それに対して「横断歩道を歩いてください」とはまったくの愚挙であると言わざるを得ません。
まあ、交通安全指導員ならせめて横断歩道がないことぐらいは把握しておきやがれと。

というか、今日の昼間、またそこを通って公園に入ったら、公園内の小道に黄色いテープを張り巡らされていて、何やら通行止め状態になっていたのです。
黄色いテープというと、やはり殺人事件の現場保存のためですよね。
と、ドラマを見過ぎるとそういう脳味噌になりますが、おそらく、雨のせいです。
とにかくこのところ雨が降りまくったので、そこの公園の小道はだいたい土と粗い砂で出来てるんですが、流されちゃったんだろうと。
しばらく通行止めかも。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2年半近く前に、ツイッター始めたころ見て「うわーっ」ってなったツイートの話で、たぶん1度書いたことがあるのではないかと。;
そしてそういうツイートはその後数限りなくみることになりましたが、
そのツイの主旨としては、「働けなくなったやつは死ね」というものです。
で、他のツイを見たら、「派遣で働いていてもうクタクタ」「上司が嫌だ」という具合。

近頃の典型的な日本人ですね。
怒りをぶつける先が違う。
こういう人からはいくらでも搾取できますね。
搾取する側からすると、本当に楽ですよね、決して自分に怒りが向かないわけですから。

弱いほうに怒りをぶつけるというのは、いじめ社会で生きていく術なのですが、ツイッター上ですらそれですからね。
その生き方が染み付いてしまっているのでしょうか。
だいたいわかると思いますが、働けなくなった人が皆死んだとして、その派遣の人の給料が増えるなんてことはまずないわけですよね。
仮に一時的にお金が浮いたとしても、あべしんぞうが海外にばらまいて、ケケ中平蔵がうまうまするぐらいなものです。
彼らに怒りをぶつけられない限り何もよくなりはしないでしょう。

日本の闇の中でもこれが一番というか、最も根源的な問題ではないですかね。
大日本帝国と同様に日本国もいずれ滅びるでしょうが、この点が改善されない限り、次にいくら新しい国が出来ても同じことになるでしょうね。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




話題的に一昨日の続きみたいですが・・

考えてみると見てるドラマがほぼ殺人事件の捜査をしているのばかりなので、かなり偏るとは思います。

まず、奨学金ではないけれど、どのドラマにも出て来るのがマリファナの栽培で生活費を稼ぐ学生。
アメリカの学生はやはり大変なようです。

あとは、殺人の動機になったあるいは同期になるとして容疑者になったのが、大学院生の研究。
研究が認められると奨学金がもらえるんだけど、一つは人数が限られているのでライバルを蹴落とすみたいな話で、あと一つは研究している場所にマリファナを勝手に栽培されたので研究が台無しに、という話。
まあ学生として見た場合、厳しいですね、アメリカも。
しかし、研究費と考えると大学院生でもう独自の研究が出来て予算もおりる場合があるというのは楽しいかも。

学費の高さは日本と双璧で、給付型奨学金はあるものの、なかなか受けられないのでしょうかね。
親が金持ちでない限り学生の生活は楽ではありませんね。
ただ、研究費は出るんですよね。あちら。

今日は戴冠式にします。特に意味はないです。第2楽章と第3楽章がかわいい。
Mozart - Piano Concerto No. 26
ピレシュさん。
楽章毎に、頭出しできます。

Mozart - Piano Concerto No. 26
へブラ―さん。頭出しできません。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




のお誕生日のようです。
いや、今日はかなりあちこちおかしくてサボる予定でしたが、ツイッターでお誕生日と聞いて。

全部長いので、曲は選んで聴いてください。

ハルサイからいきます。かなり昔のですね。
Stravinsky - The Rite of Spring

つづいて、ガーシュイン。
Gershwin - Rhapsody in Blue
弾き振りですね。

本人の曲で。
Bernstein - West Side Story

マーラー直系ですからね。
Mahler - Symphony No. 1

もう1個
タタタターン タタタターン です。
Mahler - Symphony No. 5

あ、やっぱりこの「言い訳入り」の録音は外せないか(笑)
Brahms - Piano Concerto No. 1
話していることはキャラ的に充分あり得るけど、それを利用してのネタという可能性も否定できないというこの微妙な感じ。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




このところ、テレビはほぼドラマしか見ていなくて、それもだいたいが海外のドラマ。

前から見ているNCISとキャッスルはやっぱり面白い。特にはじめの頃の話は本当にシナリオが良く考えられていて面白いですね。

それからこの1年で見るようになったのがいくつか。
「MAJOR CRIMES〜重大犯罪課」って、登場人物が主に地味な年配の人たちなんですよね。
ボスがやや年配の女性で、主におっさんたちが周りを固めているという珍しい配役です。

「クリミナルマインド」は、かなりえぐいです。
FBIの中でサイコキラー専門のチームで、ほぼイケメンと美女の集団で、アスペっぽい天才を含めてみなものすごく切れ者です。ちょっとス-パーマンとスーパーウーマン過ぎると思いますが。。
相手がサイコキラーなので、毎回番組の始めに出て来てサイコキラーに捕まる被害者は、ほぼ殺されます。
一度パトリシア・コーンウェルが本人役でちらっと出演してました。

「Bones 骨は語る」は、食事中に見る番組ではないです。
とにかくぐちゃぐちゃになった死体を調べるラボの話で、死体に群がる虫などもよく出てきます。
主役がアスペルがー症候群の天才という設定で、周りもオタッキーな専門家が多いので、そこら辺はかなり笑えますが。
あ、たしか松田聖子が出てた。

「メンタリスト」は、詐欺師というか元インチキ霊媒師が捜査当局の顧問になると言うととてもアメリカっぽい話で、
キャラが面白いし、毎回どれだけ出鱈目な引っ掛けで犯人をあぶり出すかが見どころなんだけど、見ていてあまりハラハラドキドキしないという珍しい詐欺師。
ばれたら「なんだ。ばれちゃったか」ってなるので。周りが妙に真面目なキャラなのも逆に笑えます。
マルコム・マクドウェルが怪しい人の役でしばらく出てましたね。

他にも結構ハリウッドの映画に出てた人が出演するのはありますね。
NCISにはロバート・ワグナーが準レギュラーで、NCIS LAはクリス・オドネルが主役だし。
まあ、最近はハリウッドが面白くないというのはありますかね。

今、クリミナルマインドに自閉症の子供が出てきたりしますが、こういうのはよく出て切るし、おいらは結構好きなんです。
「火星の人類学者」がおススメ図書だし。

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




今年の夏はよく雨が降ります。
この湿度にはまいりました。
とにかくこういうのは慣れてないです。萎えてはいますけど。
毎日ぐったり。


というわけで、落ち付く曲を。
この前、チェロのほうがいいじゃんと言った曲です。
J.S. Bach - Largo BWV 1043
もちろんバイオリンも悪くないです。


ブログランキング・にほんブログ村へ




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おいらは見ていませんが、NHKで貧困女子高校生が出てきたら、
例によって、「ワンピース」全巻持ってるとか、趣味のものをもってるとか意味不明な理由で貧困のなりすましだの言いだして、あげくにツイッターのアカウントやリアルの個人を特定して散々嫌がらせをするネトウヨ(というか異常者)が大量発生。
それに便乗したのが、貧困警察署の片山さつき署長。
もう本当にネトウヨですね。
(小池百合子もですけど)
片山の貧困者叩きは昔からですけどね。
バカだから糖尿病はぜいたく故の病気だと思っているんですね。
貧しい食事で炭水化物ばっかり取っていると成りやすいし、体質的にインシュリンの出が悪い人もいます。
おいらも長年血液検査をやっていたら、「これはどうも食後のインシュリンの出が悪いようですね」といわれて、薬を増やされましたからね。冗談じゃねーぜ。

それはそうとネトウヨが日本国憲法を嫌いなのはよくわかります。読んだことがないんでしょうね。
文字が読めないというのはあるかと思いますけど。
「健康で文化的な」の意味もわからないというのは、最早絶望ですね。
いや、そもそも上記の女子高生は自分の話ではなくて自分の下の世代のためにと声を上げたんじゃないのかな。


片山さつきというと財務省の主計局主計官だったのに、ワールドリンクスの顧問になっていた残念な脳の人ですが、人としての誇りとかそういうものは一切ないのでしょうか。
あ、そう言えば、小池百合子が在特会界隈や幸福の科学と仲良くなったのも片山さつきがワールドリンクスの顧問になったのも自民党が野党だった時代なんですね。
なんかあるんですかね。
というかそこまで「なんでもあり」だったのか。

高校生が「自分の下の世代のために」と声を上げる中、それをバッシングする異常者たちに国会議員が便乗するとは、まさに世も末でありましょう。
いったい誰が政治家にふさわしい?

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




そもそもスポーツは好きなんですよ。
しかし、あまりにテレビの「応援」がキモイので徹底的に今回の五輪を避けてきたわたしですが、
先日、地上波ザッピングしていたら、陸上男子100mの決勝が始まるところだったので、つい見てしまったのです。
レースは、ボルトがストライドを活かした後半の伸びで当たり前に勝ってましたが、昔と比べて前半が明らかに弱くなってますね。
体がでかいのにとにかくスタート直後からコンパクトにきっちり前傾を保ちながら走って前半でリードするというのがかつての走りだったわけで。
まあ、衰えているのに当たり前に勝つのがとんでもないですけども。

次に見たのが、たぶん競泳の男子10km。
あれは海ですかね。泳いでるところ。
ラストの10分ぐらい見てましたが、2時間近く泳いで最後が団子状態でゴールなんですね。自転車のロードレースのゴール場面みたいな感じで。
でも自転車と違って、他の選手の後を泳いだらかえって泳ぎにくそうですから、普通にばらけそうなものですが。
とにかく、ゴールに選手が殺到して面白かったです。
平野選手が8位に入ってましたが、昔、1500mとか出てましたよね。長いですね。

次は、女子バドミントンのダブルス決勝。
第3セットの8ー9の場面から見たんですが、これは面白かったですね。
ツイッターにおけるわたくしのTLは通常オリンピックの話題は少な目なのですが、この時はすごかったです。

あと、競歩50km見ました。ラストの4kmぐらい。

で、陸上男子4x100mのリレーは、録画を見ました。
結果を知って驚いて見たというやつです。
4走が途中まで先頭でボルトと並走というちょっと想像しがたい状況だったんですね。あれは、まあ、生で見てたら「ええええ?」ってなったでしょうね。
つうかケンブリッジ選手はジャマイカ出身じゃまいか。
(まあ、これが言いたかっただけという話も)

ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ