木洩れ日通信

政治・社会・文学等への自分の想いを綴る日記です。

マスコミは政権の代弁者

2017年04月24日 | Weblog

マスコミの言うことを自分の意見と勘違いする人々
暴言、虚言、醜聞の安倍政権の支持率が下がらない。これを「受け皿がない」とか民進党をはじめとする野党に力がないからだとマスコミは言う。
しかし支持できないものは受け皿があろうとなかろうと支持しないと答えればよいのであって、それこそそこまで忖度する必要などないはずだが、マスコミが受け皿がない、野党がだらしないと言い立てるものだから「そうか」と思って「安倍政権を支持する」と答える人が多いのだろう。
「受け皿」は困難でも私達一人一人が悩みながらも作って行かなければならないのだ。「お任せ民主主義」に漬かっていると、また七〇年前の悪夢が現実となって再び私たちの前に立ち現れる。
マスコミが選挙の時によく言う常套句「争点がかすんでる」という言い方にもうかうかと乗ってはならない。「争点は常にある」。支配しようとする側といいように支配されてしまう側のせめぎあいがあらゆる問題にひそんでいる。
また「議論がかみ合わない」という言い方にもだまされてはいけない。安倍晋三の場合、相手の質問にまともに答えたことはない。自分の言いたいことを一方的にしゃべるだけだ。これを「かみ合わない」などと、いかにも両方に責任があるかのように仕立てるのがマスコミの手口だ。
政治家、ましてやそのトップである総理ならば相手の質問に正面から立ち向かい答えるべきであろう。
これほどその言葉が軽い政治家のトップも珍しいと思うが、こんな人物を本気で支持できると思うのだろうか。
それこそマスコミでしょっちゅう警告している詐欺や儲け話に乗って被害を受ける人が後を絶たないのもうなずける。

「共謀罪」の恐ろしさを活写した映画「弁護人」。
軍事独裁政権時代の韓国で、行きつけの食堂の息子が女子工員たちと「読書会」をやっただけで、逮捕され拷問の果てに自白させられ、それを助ける弁護士を描いた作品。
この弁護士はその後民衆の後押しで大統領になったノ・ムヒョン氏をモデルとしている。
釜山で金儲けにしか関心のなかったたたき上げの弁護士が、警察、検察、裁判所のすさまじい暴行と事なかれを追求していく。
今でも警察の事件捏造、冤罪行為は後を絶たない印象があるが、「共謀罪」はそれを加速させる。
「共謀した」と警察が考えれば「共謀罪」であって、捏造だとか濡れ衣だとかを証明することがむつかしい。警察のやりたい放題、「警察天国」社会が成立する。
点数をあげるための交通違反取締と同様のことがこれから日本社会をおおうことになる。
そんな法律を是が非でも今国会で成立強行しようとする安倍政権を支持するのかと問いたい。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平和外交に徹するしか道はない | トップ | 相手の立場にも想像力を »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL