CH OB会

CHで、古き良き時代を一緒に過ごした仲間達
「みんな元気なのかな? どうしてるのかな?」
なんて思う今日この頃です。

「水虫」は必ず治る?・・・

2009-08-14 19:36:48 | Weblog
   夏に病状が目立つ病気?に「水虫」というのがありますね。

 子供の頃、親子・兄弟で同じ下駄を履いて良くうつったものです。

 

 ある調査によると、日本人の5人に1人が水虫で、5月に皮膚科に訪れる6割がこの病気という。

 この国民病ともいうべき水虫ですが、なかなか治らないのが現状のようです。


 
 足の水虫には4種類あって

・ 指の間がふやけて白くかゆくなるもの
・ あせもののような水疱が土踏まずなどにできるもの
・ かかとの皮が厚くなり、表面がガサガサになるもの
・ 爪の中に菌が入るもの

 があるそうです。


 しつこい水虫に悩まされている人が多いと思いますが、きちんと治療すれば根治できるものの、命にかかわる病気でないだけに放置したり、治療を途中でやめたりして、再発を繰り返している人がほとんどとのこと。

 大切なのは、菌が死滅するまで十分な期間、治療を続けることで、正しい治療を受けていれば必ず根治できるらしいです。


 しかし、そこまで辛抱強く治療に専念する時間、根性なんかないですよね。


 また、水虫菌に一番感染しやすいのは、プールや銭湯、温泉など、裸足になって歩く場所で、プールやお風呂から上がって、足が完全に乾ききらないうちに、靴下を履いてしまうことが感染の原因だといいます。

 
 菌を取りこんでしまうことで感染率が高くなってしまうそうで、反対にキチンと乾かしてやれば菌が落ちてしまい、そう問題がないとのこと。

 裸足で歩く時には、くれぐれもご用心を!


 by 最近水虫が目立たない イッシー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お盆休みと “熱中症” | トップ |  盆休みの北浜界隈 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL