store01kikuのお勧め

日本の伝統工芸をモダンにアレンジした小物や竹の弁当箱や木の食器などをご紹介

禅宗の修行僧が使用する入れ子状に重ねられた5枚の容器 応量器

2017-07-29 14:28:33 | 日記
こちらは応量器(おうりょうき)と言って、禅宗の修行僧が使用する入れ子状に重ねられた5枚の容器からなる個人の食器です。


一番大きな器に粥を受け、それぞれ定められた器に汁、香菜、副菜を受けるとされています。

近年ではご家庭でも使われる方が増え、ご家庭ではお好きなようにお使いいただいて良いと思います。
また見た目の美しさから海外へのお土産としても人気ですね。拭き漆のため欅の木目が綺麗な器です。



材質:欅 拭き漆
サイズ:14.5x7.5cm(一番大きいサイズ・収納時)
    11.8x5.7cm
    11x4.6cm
    10.2x3.6cm
    9.5x2.6cm
    8.8x2cm

詳細はこちらをご覧ください
https://store.shopping.yahoo.co.jp/maaoyama/187-5.html
ジャンル:
ショッピング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高知県産の竹を使用して作ら... | トップ | ひのきの木目が美しい軽い木... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。