独断偏見妄言録 China's Threat

中国は人類の命運を左右する21世紀最大の不安定要因



中国が南シナ海でメタンハイドレート採掘に成功

2017年05月20日 08時00分17秒 | 中国
China successfully extracted gas from 'flammable ice' and it could lead to a new source of energy
中国が新エネルギーであるメタンハイドレートの採掘に成功した

2017.5.19 Stephen Chen, South China Morning Post
http://www.businessinsider.com/china-extracted-gas-from-flammable-ice-2017-5
(要旨)
香港の南東300kmにおいて、中国としては初めて、メタンハイドレートの抽出に成功した。米国の研究機関が、メタンハイドレートの総量は他の化石燃料すべての総量を上回ると推定した。これが世界が注目するきっかけになった。

訳注)この地図に示された位置は香港の南西200km。図または記事が不正確。
「香港の南東300km」という記述が正しければ、フイリッピン近海であり、問題になると考えたのかもしれない。中国人はみんなずる賢く嘘つきだ。用心しよう。

米国、カナダ、および日本がこの分野の研究をリードしてきた。日本は、今月初め、太平洋側でメタンハイドレートの生産に成功し、3~4週間にわたる連続生産を計画している。日本の試掘は船上で行われたが、中国は浮体式プラットフォームを使用している。

中国はこの分野では後発だが、2007年に南シナ海で有望な埋蔵が発見されてから急速に追い上げている。今年の初め、中国の科学者は、永久凍土層にメタンが豊富に含まれるチベット高原において、中国としては初めての陸上の掘削プラットフォームを設置した。

中国中央テレビは、最新の成果として、掘削機が沈められる場面のビデオを放映した。
「我々は5月10日以来、ガスを海上で燃焼させることに成功した。これまでのところ、8日間にわたって連続採掘を行ってきた」とプロジェクト・リーダーが語った。「1日の採掘量は1万立方メートルであり、最大で3万5千立方メートルに達した。」
中国科学アカデミーの研究者チェンは「他国の先行例とは異なり、今回の試みは商業生産の手順に從っている」と語った。「用いられた技術と装置は実験目的ではなく、ビジネスのためだ」。

しかし、チェンによると「メタンハイドレートには欠点があり、限られた空間に集中している石油や天然ガスとは異なり、ハイドレートは海底の広い範囲に分散していて、その採掘は畑でイチゴを摘み取るようなものだ。また、鉱物資源とは異なり、「氷」は直接海中から取り出すことはできない。圧力が低下すると分解してしまうからだ。海底で氷を溶かし、減圧して海上に取り出すには高度の装置と技術が必要だ」。
また、彼女によると「ある国が商業生産をためらっている一つの理由は、温室効果ガスであるメタンが大気中に大量に流出することを恐れているからだ。それは、採掘機が海底の安定性を破壊すれば起きうることだ」。

ある政府のエネルギー研究者は「商業化がすぐに始まるとは考えていない。今の時点ではメタンハイドレートの採掘は経済的な意味を持たない。石油価格が低迷しているから、他国には商業生産に踏み切るモチベーションがない。中国が世界で最初の国になるだろう」と語った。

元記事:South China Morning Post
http://www.scmp.com/news/china/policies-politics/article/2094843/china-taps-cool-future-global-energy


ふむふむ。中国が南シナ海にこだわる理由の一つがこれだろうな。
青山繁晴さんじゃないが、日本はもっと急ぐべきだね。経済性は二の次でいい。エネルギー安保という発想が日本の政治屋には欠落しているらしい。


<2017年5月21日>

A fuel-of-the-future breakthrough for China and Japan?
May 19, 2017
http://www.cbsnews.com/news/china-japan-combustible-ice-methane-hydrate-fuel/
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超小型ドローンが米兵の必携... | トップ | 北朝鮮&中国による電磁パル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。