独断偏見妄言録 China's Threat

中国は人類の命運を左右する21世紀最大の不安定要因



防衛費を大幅に増額せよ

2016年12月10日 07時48分16秒 | 日本
防衛費、過去最大の5.1兆円前後に 17年度予算案
朝日新聞デジタル 12/10(土) 3:00配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161210-00000012-asahi-pol
 政府は、2017年度予算案の防衛費を過去最大の5兆1千億円前後とする方針だ。海上保安庁の予算も、要求の2005億円を上回り過去最高とする見通し。ミサイル発射実験を繰り返す北朝鮮対策を強化するほか、中国の活動を念頭に周辺海域の警戒態勢を強めるねらいだ。

 防衛費を増やすのは、12年末に第2次安倍政権が誕生してから5年連続となる。北朝鮮に対抗して、迎撃ミサイルの改修などにかかる費用を盛るのに加え、新型の潜水艦を建造するなどして、今年度の当初予算の5兆541億円を上回る規模とする。

しみったれている。
臆病な売国奴の安倍晋三らしい。
左翼の朝日新聞から見れば、金額の僅かな増額しかケチのつけようがないのだろうが、インフレ率を考慮すれば、実質で減額か現状維持にすぎない。
防衛費を10兆円にせよ!!、と言いたいが、せめて最低でも、現実的な6兆円を確保すべきだ。計算法の変更でGDPが増加して約530兆円になった。とりあえずGDP1%枠をぶち破る必要がある。
財源? 60年償還の防衛国債を新規に発行すればいい。原則として国産兵器の調達に限定すれば景気刺激効果も大きい。

中国は毎年10%をこえる軍事予算の増額を行ってきた。こんなしみったれた防衛予算では軍事力の格差がますます拡大する。その結果、中国による侵略戦争を呼び込むことになりかねない。
なにを恐れるのか。左翼の批判など無視すればいい。朝日・毎日・NHKなどの左翼メディアは軍拡競争は良くないと批判するだろう。軍靴の音が聞こえると書くかもしれない。だが、冷静に考えれば直ぐにわかることだが、軍拡の元凶は中国と北朝鮮だ。文句があるならそちらに言えばいい。
衆議院選挙は来年秋になりそうだという観測もある。恐れることはなにもない。
自衛隊と海上保安庁の大幅増員と待遇改善も待ったなしだ。


<2016年12月13日>

安倍晋三首相 途上国の女性支援に約3500億円の取り組みを表明
2016年12月13日
http://news.livedoor.com/article/detail/12411264/

バカで売国奴の安倍晋三はどうでもいいことに気前よく金をバラまく。
お前の金じゃない!!!
3500億円もの余裕資金があるなら国を守るために使えよ。バカタレが!!!



 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプ・ピボットは対中政... | トップ | ロシアの恐るべき原子力無人... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。