雨をかわす踊り

雨をかわして踊るなんて無理。でも言葉でなら描けます。矛盾や衝突を解消するイメージ・・・そんな「発見」がテーマです。

report 29

2011-08-06 23:04:18 | 料理
何年ぶりだろう、回転寿司に行った。

気がのらなかったが、魚は日本海から九州、お米も有機農法のものだというので、試してみたい気になった。

しかし一番大事なものが欠けていた。

心である(回転寿司にもともとこれを求めるのは無理があるが)。

喰い物は製品ではない。

誰に対しても同じものを出せばいいわけではない。

出てきた寿司はみな、PCのように、既製品だった。

最近日本は安心して喰えるものが減っている。

が、それは科学でそう断じられたからというのでは長い食文化の伝統を持つ国としては寂しいと思う。

農作物など確かに心配だが、福島産は試してないが、茨城、千葉辺りであっても有機農産物ならいい「気」を発している。

食品は基本的に有機物だから全体の統合機関として「気」があって、手をかざせばその力は感じられる。

スーパーにある食品は、ほとんどこちらから気を奪うような食べ物だが、ホットスポットといわれる地域の農作物であっても、有機農産物で旬であれば、かなり気力は高い。

茨城、千葉だからといって一様に避けるのは、しきい値を設定して、危険か安全かを断ずるのと同じである。

みなさんには今こそ潜在的に眠る有機体としての力をみつめてほしい。

といいつつ、去年の夏のことだが、ひどい目にあった。

ある山間部をドライブ中、「無農薬」と大々的に書いたスイカを農家の方が売っていて、買ってみた。

路上駐車だったため発される気の量や種類を確認しなかったのがいけなかったのだが、帰宅後早速食してみると、背筋に冷たいものが走り、真夏なのにその後寒気が引かなかった。

手をかざしてみると思いっきり僕から気を吸っていた。

気の英才教育をしている娘は一口でやめた(今日の寿司も一皿目の一口目を食べるともう口にしなかった)。農薬を使ったかどうかなんてわからないと思っているのか、それとも無農薬だが化学肥料は使っていたのかわからないが、住所も電話番号もないため、問いただすこともできなかった。

放射性物質を軽んじたいわけではないのだが、有機物には有機物の力があって、放射性物質の量次第ではあるが、放射性物質に細胞が破壊されても力のある食材であれば、それを上回ることもあるといいたい。

その証拠ってわけじゃないが、一考というか記憶にとどめておいてもらいたいエピソードをひとつ。

前回のポストに登場したロシア通の方のことだが、このひととの付き合いも気功がらみだった。

この方は、1991年だったか、混乱期にモスクワにいて、ある日暴漢に襲われた。

正面から脳天に鉄パイプを喰らって気を失い、いろいろ暴漢が彼の荷物などを物色中に目が覚めたために再び赤レンガで後頭部を割られた。

気が付いたときどうやら自分は水たまりのなかにいるのだと思ったら、自分の血だまりで、そのまま病院に搬送されて一命を取り留めた(なぜか外務省か大使館はこの事件を報道しなかった、ただし現地ではそうした事件が二度と起きないようにブロックごとに警官がそれから立つことになった)。

もちろんそれだけが原因というわけではないが、彼は視力というか視覚がよくなかった。

数メートル先は、カメラのレンズの背景のようにゆがみ、二次元にしかみえないのだ。

そこで気功の視力回復を求めて僕のところにいらした。

実践してもらった結果、二次元だった視界が三次元になり、カメラではなく肉眼の見え方、つまりおぼろげだった部分がすべて研ぎ澄まされてみえるようになった。

彼は吃驚仰天で、その気功による視力回復の手引きには、数年もやれば視力は2.0以上になるとあるが、彼は全く疑わず、現在気功の修行に励むようになった。

これが我々有機物の潜在力ではないだろうか。

科学を捨てろとはいわないが、そこまで信頼することはない。科学は所詮諸刃の剣しか作れないのだから。
『ささやき』 ジャンルのランキング
Comment   Trackback (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Common Sense | TOP | Picky 6 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
正しい視力回復トレーニング方法で今すぐ行動を! ( 簡単に子どもの視力を回復させる方法 )
「お茶の水ハカセ」や「エチカの鏡」で紹介された視力回復方法をわかりやすく説明します。6年間で 1087名のお子さまの視力が、1日13分、たった2カ月で0.8以上の、メガネが必要のないレベルにまで、視力回復してきました。その 改善率90%以上を叩き出すプロ...