日月 *HIZUKI* の石とタロット日記

 
富山の小さな石屋「ストーンショップ日月」の天然石、手作りアクセサリーのご紹介&ボイジャータロット

休日日記

2017-06-17 | エレカシ
おはようございます😃
今年は、梅雨入りが遅いみたいですね。
ちょっと中途半端な季節感なのですが…

昨夜は大好きなエレカシが出演したA-Studioを観て、特集号の雑誌を読んで、更にLiveDVDを観て夜更かししました。
なんて幸せ

つい、このblogにエレカシのカテゴリーを作ってしまったのですが、うちのお客様にファンの方っていらっしゃるかな…
他のアーティストさんのコアなファンの方は沢山いらっしゃるのですが(笑)

いま一番書きたいことなので、独り言だと思って、読み流してください



ファンの方はもう読まれたと思いますが、MUSICAのインタビュー記事最高でした!

テレビでご覧の通り、宮本さんの話は解読不能な時もあるので、雑誌によっては分かりやすく書き換えられているなぁ…と思うこともあるのですが、今回の記事は宮本さんの言葉そのままが伝わってきました。

質問と噛み合わない答えも度々なのですが、そこがいいなぁ

「やっぱり僕は他人が何を言っているのかさっぱりわからないないんです。
で、未だにそれはわかんないんです。
でも経験値として、こういう時はこうしておいたほうがいいのかなっていうのは、最近わかるようにはなってきていて」

この言葉…昨日の鶴瓶さんとのやりとりにも表れてました。

そういう宮本さんを無条件で理解しているメンバーとの関係性がエレカシの魅力で、奇跡的です。

コミュニケーション能力に欠けていることは社会生活の中では大変なことも多いですね。

宮本さんのそういう部分の葛藤に共感しているのかというと…そうでもなくて…
そういうことお構いなしに、伝えたいことを歌でガンガンぶつけてくるエレカシのエネルギーにただただ元気をもらってます

さて、ここから無理矢理にボイジャータロットの話に繋げます

じつは、私も他人の気持ちがわからないという自覚があります。
ボイジャータロットのリーディングでも、その方の心を読むというのが苦手なので、期待されている答えをお返しするということが難しく、自分の主観を抑えてカードのメッセージをありのままにお伝えするように心がけています。

常連のお客様もご自分で答えを出していかれる方ばかりなので、カードとお客様を信頼してリーディングさせていただいています。
そうでなければカードの写真を撮っていただくことは、怖くて出来ないかもしれません。
石選びも同様ですね。

51歳になった宮本さんが、歌を伝えることがファンの人達との共同作業だということに気づいたように、私もリーディングや石選びがお客様との共同作業だと感じます。

私の知識や経験が、お客様がハイヤーセルフからのメッセージを受け取ることのサポートになれば幸いです。

エレカシの30周年「さらにどーんと行こうぜ!」47都道府県ツアーの最終日が富山という奇跡に感謝して、日々頑張りたいです

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボイジャータロットのご予約... | トップ | お客様のブレス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

エレカシ」カテゴリの最新記事