日月 *HIZUKI* の石とタロット日記

 
富山の小さな石屋「ストーンショップ日月」の天然石、手作りアクセサリーのご紹介&ボイジャータロット

ショップカードについて

2017-06-15 | 日記
今朝は、お詫びもありまして…

昨日ご案内したショップカードのカタカムナ文字なのですが、のあさんから向きが横になっていると教えていただいて、びっくり!

よくみたら、確かに横になってました



こうして横にすると、左からマワリテメクルになっています。

昨日もお客様にお渡ししたのですが、横にして見ていただくと、3番目の文字の「リ」が縦二本の線になってしっくりきます。

向きを直すか?横にして見ていただくか?思案中です

余談ですが、カタカムナ文字は宇宙人が地球に残したのではないか?という説もありまして…

先日、お客様に勧められて「メッセージ」という映画を観てきました。
言語学者の主人公が地球にやってきた地球外生命体の目的を知るために、表記文字を解読していくというお話です。

その文字が円を墨で描いたアートのよう!!!
宇宙人は、???

でも、主人公を演じるエイミー アダムスの演技が素晴らしくて、リアリティーがありました。

主人公は次第に宇宙人とコミュニケーションがとれるようになって、解読している文字で夢を見るまでになると、未来が見えるようになります。

それは、使っている言語によって概念が作られていて、宇宙人の言語には、過去、現在、未来という時間軸が存在しないということでした。

この物語を時間軸があると認識している私達が理解しようとすると、いろいろなことを考えてしまいます。

主人公が最後に自分の未来を見ても、全てを受け入れられたのは、生きる意味自体が変わったからだと思いました。

肉体的な死があることは真実ですが、宇宙の循環の一部であることも真実です。

ジョディ フォスター主演の「コンタクト」もそうでしたが、人がそういう真理に目覚めた時の感動を体験出来る映画でした。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お店日記 | トップ | お客様のアンクレット »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む