Moonlit cat

のんびり屋のアラレちゃん似大阪人♪DYNAMITE LUNA【あのもとゆきの妹分】のPhoto日記

空母いぶき 5巻

2016-11-08 01:36:00 | アニメ・まんが・ゲーム


先日発売された
空母いぶき5巻
じっくりと読み進めた。

かわぐちかいじさんの
作品は
繊細な絵と
リアルな描写が
魅力であり、
現実に近い
ストーリー展開と
スピード感で
読み手の心を
掴んで離さないので
すごく好き。

太陽の黙示録や
この空母いぶきは
沈黙の艦隊や
ジパングよりも
ストーリー展開が
より現実に近く、
本当にこのように
なってしまったら
どうしよう…
そう感じる場面が
たくさんあるので、
集中してじっくり
読みたい作品。

なので、
コミックの発売を待って
まとめて読む。

空母いぶきは
自衛隊の在り方について
真剣に考えさせられる。

日々、私たちの
平和な生活を守るために
全力で力を尽くして、
私たちを守って
くれている
自衛隊には
本当に感謝している。

彼ら自衛官も
わたしたちと同じく
守るべき家族がいる。
その家族よりも
国民の命を優先して
行動することが
どれほどすごいことか。

その自衛官の身を守る
我が国の政治が
本当に正しい方向に
向かっているのか
疑問に思うことが多い。

真剣に考える時が
きていると思う。

この空母いぶきの
ストーリーのようなことが
起こってしまってから
考えるのでは遅い。

今のこの時点で
先頭に立って
私たちを守って
くれているのは
自衛官なのだから。

もっとまわりを見て
世界の情勢を
現実を見て、
命の重さを
考えなければ。

そんな思いで
読み進めている。

衝突?
戦闘?
どちらも
武器を使って
殺傷する行為を
行っている
ということは、
人が人の命を
奪うのだから
イメージとしては
戦争だよね。

常に武力の衝突を
行っている地域では
そんなことばの
解釈の違い
通用するのかな?

自分たちの身を
守るためなら
それを邪魔する相手は
敵とみなすよね。
しかも武器を持って
出向いているとなれば
なおのこと。

領土問題にしても
いろいろ思う…

空母いぶきのような
戦闘が起こらないことを
願っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 火ぃ | トップ | ガラスフィルムは強い⁉︎ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。