歯のホワイトニングをやってみた

歯のホワイトニングをやってみたです。

歯科衛生士になるということ

2017-07-23 21:52:10 | 日記
実習も増え、歯科医院以外にも大学病院や高齢者施設、障害者施設や地元の保育所から中学校までブラッシング指導に行ったりなど、たくさんのところにいきます。

学校内でももちろん実習があり、スケーリングの実習、歯の型をとる実習、ブラッシング指導の練習などとにかく勉強や実習ばかりです。

それらを全て乗り越えたら、次は国家試験です。医療系の国家試験は歯科衛生士に限らず、年々難しくなってきています。

この科目だけしていたら大丈夫だろうとかいう簡単なものではありません。引っかけ問題などもありますから、それらにも冷静にきちんと対応出来るようにしっかり知識を身につけて挑むことが大切です。

国家試験に受かれば、やっと歯科衛生士になれます。歯科医院などで歯科衛生士として働くことができます。
歯科衛生士という仕事はとても大切な職業です。病院で一番患者さんと接するのはドクターではなく歯科衛生士です。患者さんが話しやすい相談しやすいと思う相手はドクターではなく歯科衛生士なのです。なので歯科衛生士はしっかり患者と向き合うことが大切です。

患者さんに最後に「ありがとう」と感謝の言葉を言っていただけたら、それはとてもやりがいを感じることではないかと私は思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯のホワイトニングを追求す... | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。