イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Stockport》

ストックポートから日替わりでお送りする、イギリス生活のあれこれ。ストックポートってどこ?まずは本文をお読みください。

マンチェスター博物館の名物(の、ほんの一部)展示品

2016-11-25 09:00:00 | マンチェスター
マンチェスター博物館 Manchester Museum、名門マンチェスター大学の付属施設です。


タイゴン tigon のモード、メス。


タイゴンはトラとライオンのアイノコです。

戦前には、動物園の人気集めに、「ハイブリッド動物」を作り出すのが流行ったんだそうです。
もちろん、成功率はひくく、それゆえ注目度は、今の中国国外での動物園のパンダ並み。

モードは1932年生まれ。
マンチェスター郊外にかつてあった、ベルビュー動物園の人気アトラクションでした。
1949年に死んだあとすぐに毛皮がマンチェスター大学に寄付されました。

70年近く忘れられ、資料室でホコリをかぶってたこの毛皮、引っ張り出されて、去年、剥製として甦りました。

優雅に寝そべっている姿を再現したのが、とても今風。
ところどころ、うっすらとシマシマが見えますが、ただのメスライオンにしか見えないんですけど・・・





ブーマのゴータマ・仏陀(釈迦)像 Gautama Buddha


金ピカと単調な造形が私たち日本人には異文化ですね。

この金ピカ釈迦、長いこと東アジア文化の展示室でてんじされていました。
改装後、一時、階段の踊り場の目立つところに移され、入館者の注目度抜群、客寄せ効果を発揮してました。
その後しばらくして、今の入り口ホールに移され、落ち着いたようですね。
インフォメーションデスクのそばで、待ち合わせスポット。渋谷駅前の忠犬ハチ公みたい。

今では展示資料、っていうよりただの目を引く装飾品・・・



タカアシガ二 giant spider crab


20世紀初頭に日本の海岸で捕獲されてコレクションに加わったそうです。
外の道からも見えるようなディスプレイ。

現在工事中で外には囲いがたっています。


博物館の看板展示物のようですが、そんなに貴重でしょうか。
日本では食べてますよね。

向かいの円筒ビルに博物館のネオ・ゴシック様式の塔のかげが映っていました





↓↓↓画像をクリックしてください。はい、ありがとう。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 群像!太陽の塔! | トップ | 人気のパグがタダで手に入る... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
展示物 (kakowaka)
2016-11-25 12:40:01
展示物の写真、撮っていいんですね。すごい。

しかし、仏様の前でなぜかみんなカフェみたいにくつろいでるし・・・。
いろんな意味で不思議・・・。
金ぴか釈迦 (江里)
2016-11-25 18:59:54
イギリスでは、美術館でも写真撮り放題。画学生が模写するのも恒例です。

この金ぴか釈迦、実は館内のいろんなとこをたらいまわし。いかにも、な東アジア文化の展示室に何十年も鎮座されていたようですが、10年以上前、改装された時、階段の踊り場の目立つところに引っ張り出されました。入館者の注目度抜群で、客寄せ効果大。しばらくして、インフォメーションセンターやギフトショップのある、入り口ホールに移され、今に至っています。待ち合わせスポット。忠犬ハチ公みたい。
今では展示資料、っていうよりただの目を引く装飾品・・・

本文に書き足します。
タカアシガニ (八幡@若林の弟)
2016-11-25 19:26:22
タカアシガニってクモの仲間でしたっけ?
そういえば、私の天敵クモはベトナムでは素揚げにしてオヤツにするそうです。
エビのような味だとか。
ウソをつきました (八幡@若林の弟)
2016-11-25 19:30:23
タカアシガニはクモガニの仲間でした。
スパイダーではなかったです。
嗚呼良かった。
蟹! (江里)
2016-11-25 20:12:08
ガニってくらいだから、蟹でしょ!
日本でも高価な越前ガニと混同してました。

タカアシガニは底引き漁で比較的たくさん捕れるみたいですね。これは特別大きいんじゃないかな。

クモを食べる食文化のある国、多いみたいですよ。やだやだ。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。