イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Stockport》

ストックポートから日替わりでお送りする、イギリス生活のあれこれ。ストックポートってどこ?まずは本文をお読みください。

ぜいたく食の食べ納め!子供たちに大うけの、年中行事、宗教的起源はただの言い訳、パンケーキが食べ放題の日

2018-02-13 22:34:19 | イギリスのあれこれ、生活のひとコマ
きのう、2月13日、火曜日は、「パンケーキ・チューズデイ Pancake Tuesday」でした。

もともとは、キリスト教の行事です。


あ、もちろん 今でもそうなのですが、宗教的意義を気にする人はあまりいません。というより、宗教的な起源を知っている人はがほとんどいないと思われます。

とにかく、イギリス中で、パンケーキをたくさん焼いて食べる!日なのです。

上の息子と、そのガールフレンドがうちに来て、すべて準備をしてくれました。



日本で「ホットケーキ」としておなじみの、ベーキングパウダーが入った ふっくらしたものは、イギリスでは「スコッチ・パンケーキ」と呼ばれています。
スコットランドでは、そのふっくらタイプのものが(標準)「パンケーキ」なようですね。

イギリス(イングランド)のは、ベーキングパウダーをいれず 卵だけで膨らましています。
日本で「クレープ」といっているものに厚みを加えたものを想像していただけば どんぴしゃりです。


下は、私が雑誌でずいぶん前に見つけた基本のレシピです。

100gの小麦粉、300mlの牛乳、卵2個、大さじ一杯の植物油をジャグにいれて、よく混ぜる。中ぐらいの温度に熱したフライパンで焼く。
簡単です。

(今回の息子のレシピは、手伝わなかったので不明です)


息子たちは、塩を加えたセイバリー・タイプ(甘くないもの=食事)と、砂糖を加えた デザート・パンケーキの2種類を大量に作ってくれました。

息子が作った、カリカリのメープル・ベーコン。


メープルシロップがなかったので、ゴールデン・シロップ goldenssyropで代用。
甘辛く、べたべた。おいしかったです。

やわらかく、香りの強いホワイトチーズ、サマセット・ブリィ Samerset brie をのせて巻く おしゃれな食べ方は、レストランで調理師として働く息子が先輩シェフから習ってきました。


オイスター・マッシュルームとほうれん草をシングルクリームであえたソース。


以上は、甘くない、セイバリー・タイプ。
息子と、ガールフレンドは、おろしたチェダー・チーズをパンケーキに混ぜて焼いていました。

甘い方・・・
レモン汁と砂糖を振りかけて食べるのが基本。


スマイルいり。


ゴールデンシロップ golden syrup をかけるのは昔ながらのイギリスでのパンケーキの食べ方。


チョコレート風味のヘーゼルナッツのペースト、ナッティラ Nutella。伝統的ではないかもしれませんが、これもおなじみです。


パンケーキ・チューズデイ用スペシャルバージョンのラベルです。



フランスの、ボンヌ・ママン社製、これもパンケーキ・チューズデイ用限定販売らしい、今、はやりの塩キャラメルソース salted caramel


いずれも、具やソースを巻き込んで食べるのが正統派。

シナモンとバナナの輪切りも近ごろ流行りの定番です。


パンケーキ・チューズデイというのは、「カー二ヴァル Carnival」とおなじで、翌日水曜日(今日)から始まり、4月のイースター・サンデイまで続く、レント Lentの前日にあたる火曜日。

春への第一歩。

レントというのは、キリストの受難を思って、自分たちの罪を悔い改めるため、ぜいたく食を慎む、宗教的な節食期間です。
ぜいたく食というのは具体的には、肉、脂、卵、乳製品、砂糖(お菓子)の類・・・

その日を前にして、家にある肉を食べつくし、ぜいたく食の食べ納めをするのが、カーニヴァル(謝肉祭)。

アメリカでは、「マルディー・グラ(フランス語で脂ぎった火曜日という意味です)」とよばれ、仮装パレードなどで、パーっと盛り上がる地方もあるそうですね。

イギリスでは、卵と脂(バター)牛乳、シロップ類をレント前に食べつくすため、パンケーキを国中の家庭で焼いて食べまくる、昔からの年中行事として、定着しています。

下の息子は、ハイスクールの、上の息子のガールフレンドはシックスフォーム・カレッジのそれぞれ学食で、昼も、放課後のおやつにもパンケーキをすでに食べてきたそうですが、夕食と、デザートに出ても、まだいくらでも食べられるということです・・・年に一度の、縁起担ぎのようなものですから・・・

毎年、子供たちは大喜びです。食事時に甘いものがどっさり出るのですから。

おなかいっぱい。




ゴールデンシロップ。



↓↓↓画像をクリックしてください。はい、ありがとう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みんなが嫌がる雨降りがテー... | トップ | 古い建物の残る、19世紀に綿... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (T子)
2018-02-14 16:14:37
私が子供の頃の日本では、ホット・ケーキがすごく豪華なおやつで、家では作らなかったから、外で食べるのが楽しみでした。バターと蜂蜜がかかっていました。今でもありますよね。
その後はアメリカで朝食にパンケーキを初めて食べました。ホットケーキより薄いけど、イギリスのよりは厚いものです。最近は日本でもパンケーキ屋さんがありますね。新鮮だったのは、ベーコンや野菜などが載っていることでした。それからは自分でもお友達が来ると、ランチに甘くないパンケーキを作りました。
残念ながらイギリスでパンケーキを食べたことはありません。ティー・ルームで出しているんでしょうか?
「イングランド」のパンケーキ (江里)
2018-02-14 17:08:41
本文の写真が混同していました。訂正しました。ついでに、レシピも加えますね。T子さん、おうちでイギリス版、作ってみてください。ティールームでやっているところももしかしたらあるかもしれませんが、普通、パンケーキは家で食べるもの、という認識です。見たことない・・・パンケーキ・チューズデイに、出すレストランは多いようです。
日本のホットケーキミックスを使ったふわふわの「ホットケーキ」よりは薄いアメリカのパンケーキは毎日マクドナルドで朝食メニューとして出てきます。日本でも?
bills (マンチェスター好き)
2018-02-14 18:12:20
イギリスのはクレープより厚く焼くのですね!今度やってみます!小麦粉とお水と塩で作るんですよね?なんか、イギリスのぬりものはみなおいしそう♥
ちょうど先週、原宿のビルズ(bills)に行ってきました。ご存知かどうか、アメリカの俳優のレオ・ディカプリオやトム・クルーズのセレブらがハマったというパンケーキのお店です。
1枚のパンケーキの厚さが3センチくらいあるのが3枚きます。バナナとバターがのってました。ふっわふわでしたが1人では食べきれませんでした。私は断然、クレープの厚めの生地のほうが好きと判明しました。あれは毎日食べたら太る(笑)。

今日は神奈川県の公立高校の受験日で、娘が受験してきました💧長い1日でした~。私事ですみません。
イギリスのレシピ、bills他 (江里)
2018-02-14 19:05:58
billsは聞いたことがありませんでした。グーグルしてみます。日本のホットケーキミックスの箱に印刷してある、出来上がり「イメージ」写真のようなものですね!
T子さんのコメントを受けて、本文に、イギリスのパンケーキバッターのレシピをつけくわえました。参考にしてください。
お嬢さん、お疲れさまでした。幸運を祈ります。もうそんな季節なんですね!
パンケーキ! (八幡@若林の弟)
2018-02-14 21:49:22
キリスト教の行事には、ことごとく違和感を感じる仏教徒です…。キリスト教はやっても、キリストはそんなこと望んでないよな、とか思ったりして。

さて、ホットケーキ。
ホットケーキですね?
豊洲にあるパンケーキ屋(日本では数年前にパンケーキブームがありました)に、家族揃って行ったことを思い出します。
そして、私は喫茶店のいわゆる「ホットケーキ」が大の好物です。
日本に戻られた際は是非お声がけください。都内でおススメのホットケーキを出す喫茶店へお連れいたします。
ホットケーキも、小さな娘と息子を連れていった思い出深い食べ物です。
レシピ (T子)
2018-02-14 21:56:47
イギリス版パン・ケーキのレシピ、ありがとう!
上の方のパンケーキの写真は、インドのチャパティみたいに見えますが、もちろんクルクル巻いたりしてるんだからやわらかいんですよね?
息子さんがプロだから、色々な種類のものがあって良いですね、美味しそう!
Unknown (江里)
2018-02-17 08:20:45
日本の喫茶店で出している「ホットケーキ」は何であんなに厚くてくて、ムラのないきつね色なんだろう!?「ホットケーキミックス」の箱の写真の「調理例」みたいですよね!家ではどうしてもあんな風に焼けません!アメリカでは、あれよりもちょっと薄い、それでも、厚みがあって、同じくムラのないきつね色の「ホットケーキ」をパンケーキと呼んでいるようですね。
えええええっと・・・イギリスでは、日本のふっくら厚くてきつね色・・・は「ホットケーキ」であって「パンケーキ」ではないような・・・T子さんのいわれる、チャパティーみたいなのをパンケーキと呼んでいる・・はずです。あいまいになってきた。マクドナルドで朝出しているのはアメリカ風の「パンケーキ」(日本の喫茶店のホットケーキを少し薄くしたもの)
食べたいです。ふっくらパンケーキ。
あ、イギリス風バッタ―で作る時、セーバリー(甘くないもの)タイプは塩を、プディング(デザート)タイプは砂糖をそれぞれ好みで少しずつ入れてくださいね。

コメントを投稿