イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Stockport》

ストックポートから日替わりでお送りする、イギリス生活のあれこれ。ストックポートってどこ?まずは本文をお読みください。

ピーク・ディストリクトのイーデル再び、その2;またまた子ヒツジを見る晴天の逆戻りハイキング

2017-05-13 09:00:00 | ピークディストリクト
昨日の続きです。
ピーク・ディストリクト国立公園 Peak District National Park の小さな村、イーデル Edaleにまた行った話です。


村の裏の、それほど高くない山の途中まで登って景色を楽しんで、また同じ道を下りてきました。

村に戻って、お昼ご飯を食べて一息ついた後、一週間前に行った子ヒツジでいっぱいの「この世の極楽」(私にとって)に、ロンドンのそばから訪ねてきた夫の姪を案内することにしました。

一週間前に行った前回とは逆のコースです。

一週間前に行った時の記事、3回分のリンクを貼りました↓ぜひぜひ読んでくださいな。

念願の子ヒツジ詣で!ピーク・ディストリクトの小さな村、ハイキングの拠点として名高いイーデル、シーズン前の静かな平日にヒツジと景観を満喫

この世の極楽、子ヒツジがいっぱい、ピークディストリクトのハイキングの拠点、イーデル・・・シーズン前で静かな牧場を抜けるお手軽ハイキング

ピーク・ディストリクトの小さな村、イーデルの山の放牧場ででたくさんの子ヒツジを見て心の平安を得る、仔羊療法



村の教会の向かいの、塀の切れ目から細い横道に入って、橋を渡ってスタイルを抜けると・・・・



前回と同じ、仔羊の人口密集地。

気温が20℃を超える、温かい日でした。
うす曇りの前回と違って快晴。



厚いフリース(羊の毛皮)を全身にもっこりと着込んだ羊たち、暑そうです。
特に大人のヒツジ(すべてメス、母ヒツジ)は厚着です。


涼しげな日陰が大人気。





双子の子ヒツジが多いようです。



左側の母ヒツジは子ヒツジ3匹連れ、三つ子の母のようです。


ほら、ね。




といっても三つ子はそれほど珍しくありません。



ずる剥けの母ヒツジ。


何がどうなっちゃってるんでしょうか。ピンクの素肌が涼しげです。
この時期、ときどき見かけます。

他に、束になったフリースの房が、抜け落ちを待つかのように突き出しているむさくるしい大人の羊も何匹か見ました。

抜けかわりの時期のようで、大量の抜け落ちた脂っぽいふわふわがそこら中に落ちています。



この世の極楽、子ヒツジめぐり。
大満足です。



最初はこの放牧場できりあげて、またもと来た小道を通って村の教会前に戻るつもりでした。

しかし、あまりに天気が良くて快適で、子ヒツジをいつまでもいつまでも見ていたい強い誘惑にかられ、前回歩いたルートを逆にたどって、もう1ルート、ウォーキングすることに決定。

山を途中まで登って下りた後、けっこう疲れたのですが、お昼ご飯を食べたら、元気回復、急な上り坂のあとの平地ウォークはびっくりするほどらくちんです。


この牧草地を横切って、線路の下をくぐって、もう一つの牧草地を横切って・・・


前回と同じところを今度は逆に坂を上がって、山の中腹の農場を横切って山登りの出発地点の近くまで来て、橋を渡ってパブ脇の細道に戻ります。

写真がたくさんあるので、明日に続きます。

前回と同じ場所の写真がいくつも出てきて恐縮ですが!

違う写真です。


↓↓↓画像をクリックしてください。はい、ありがとう。


ジャンル:
海外
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピーク・ディストリクトのイ... | トップ | ピーク・ディストリクトのイ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
子羊かわいい (八幡@若林の弟)
2017-05-14 17:55:00
小さくて、モコモコしていて、かわいいですね。
天気も良くて、穏やかな景色だと、ついついウォーキングの距離も伸びちゃいますね(^O^)
かわいいでしょう!? (江里)
2017-05-15 08:13:57
ヒツジのいるところならいつまででも歩いていられます。
はい、長いことヒツジの写真ばかりに付き合ってくれてありがとう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。