イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Stockport》

ストックポートから日替わりでお送りする、イギリス生活のあれこれ。ストックポートってどこ?まずは本文をお読みください。

家賃が高くて求人難、カモメと観光客でいっぱい、それでも美しい世界遺産、建築好きの夢の町、バース 1

2017-07-16 09:00:00 | イギリス南部(ロンドンを含む)
突然思い立って!火曜日から木曜日にかけての2泊3日、サマーセット Somerset のバース Bath に行ってきました。



ストックポート日報 には「突然思い立って」という書き出しが実に多いですね。衝動的に行動を起こすことが多いこの頃です。

ずっと行きたかったんです。



息子が、学校行事でスイスに行っている間に夫と二人、大人の旅行をするチャンスでした。

バース・スパー駅 Bath Spa Station 。


町の中の多くの建物と同様、地元産の建築材、バース・ストーンが使われています。


ついた日は、一日中ぼそぼそと雨が降っていました。暗くて、写真が映えないのが残念です。

駅から一直線に伸びる、ショッピングセンターの通路に上がる、傘の装飾…この日の天気にぴったり。


ちなみに、ショッピングセンターは、バース・ストーン調のベージュの石で作られた新築、古い古い町並みと見事に調和していました。


バース、主に18世紀の、古い美しい街並みが見事に凝縮して残る町・・・ユネスコ指定の世界遺産都市です!
日本人にも大人気の国際観光地。

素晴らしかったです。

「日本人にも大人気の国際観光地」というフレーズに どうしてもひるんでしまう、イギリスに住んで26年の私が 心の底から滞在を楽しんだ、稀有な有名観光地。

イギリスが古代ローマの支配下にあった1世紀ごろから、バースは鉱泉の湧く町として有名です。
お風呂好き文化で知られる古代ローマが撤退した後も、町の一部の人々や、国王によって温泉は利用され続けたそうです。

18世紀に、鉱泉を飲む健康法が流行りだしてから、上流階級の人たちが長期滞在して社交を楽しむイギリス有数のおしゃれな保養地になりました。

古代ローマの浴場施設の史跡後に隣接する、保養所施設(今はレストラン)、パンプ・ルーム Pump Room にある、鉱泉が無尽蔵に湧き出す古代ギリシャ風の壺。




今も残る、素晴らしい都市計画はこのころに完成しました。

観光スポットとして有名な、ロイヤル・クレセント Royal Crescent


4階建てのタウン・ハウスが30軒連なる、優雅なジョージアン様式の連続住宅の最高傑作。

ほかにも町中、第一級保存指定建築が目白押し!

ここにもそこにも・・・第一級じゃなくても、ユネスコ世界遺産都市です。
町中すべて、保存指定の建築好きの夢の町!!

ジョージアン様式の連続住宅、ほんの数例。





同じスタイルの連続住宅の繰り返しの美しさの他にも、連続性のない、雑多な種類の、年代の違う古い建物がつづく不調和も見どころです。


ギリシャ、ローマふうのコロネード、建物の間の細い小道を入ると小さな古いスクエア(広場)に出たり、ロの字型の建物に囲まれたコートヤード(中庭)もたくさん。古い町並みはどこを歩いても驚きに満ちています。



ほかにも、バースで気が付いたことをいくつか・・・

意外に日本人観光客はほとんど見ませんでしたが、かわりに、といえば、ものすごい数の中国人がいました。
イギリス中どこの観光地にもたくさんいる中国人ですが、バースは特別でした。その次に多いアメリカ人と、ヨーロッパからの語学研修旅行のティ―ンエイジャー、イギリス国内からの観光客すべてを合わせた数より多かったです。

ローマン・バス(古代ローマの浴場史跡 建物は19世紀のもの)で。
レンズ交換式のプロ仕様のカメラと携帯電話を交互に使って、美人の妻と、娘の写真をひっきりなしに撮り続ける中国人家族とほぼ同ペースで回りました。


ぐうぜん私の写真に入っちゃった中国人カメラマニアの妻子。


カモメの数もすごかったです。ブリストルの港からは25キロほどの距離。


教会が、異常としか思えないぐらい多いのです。


バースには、きっちり並んだ連続住宅にぴったり挟まれるように位置する小さな教会が多いんです。

特に信心深い人が多いというわけではなく、イギリスのほかの大都市同様、一教区当たりの信者の数は大したことがないのかもしれません。でも 古い町並みが売りものの大観光地なので行政からの建築物の修復補助などが手厚いのかもしれません。

大学が2校、会社や銀行、病院など、ごくごく普通の産業も機能している中規模の都市です。
小売店、飲食店を含む、観光産業に従事する人たちも大勢住んでいるはずです。

だけど、やっぱり美しい観光地・・・不動産や家賃がべらぼうに高いのです。(不動産屋を見かけるたびに夫は家の値段や家賃を念入りにチェックしていました!バースに移住するつもりも、不動産を購入するつもりもないんですけどね)

非常に多くのレストランやパブで、スタッフ募集 の張り紙を出していました。
ものすごい求人難なのもうなずけます。
ウェイティング・スタッフの若者の最低賃金では家賃がとても払えませんから。

日本人観光客(今は中国人に押され気味だそうですね)が大挙押し寄せ、観光地化と不動産の値段の高騰が急激に進み、地域コミュニティーが崩壊した、コッツウォルズの小さな田舎町もあるそうです。

バースは都市として機能しています。たくさんの人が住む、「生きた町」です。大丈夫でしょう。

レストランやホテルの従業員のほとんどが白人なのが、意外でした。
ロンドンやマンチェスターでは考えられません。

それにしてもタイ料理屋がものすごく多いのはなぜだろう?


以上の話題は、明日から数日を割いて、詳しく書くつもりです。

写真が重複しないよう気を付けます!

日付が跳ばないよう、くれぐれも心します!




二日目は、見事晴れて、青空に映える、ショッピングセンターの雨傘ディスプレイ。




↓↓↓画像を応援クリックしてください。はい、ありがとう。


『海外』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イギリスではめったに見ない... | トップ | バースといえばお風呂(バス... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵な温泉街 (八幡@やんやーやマクビティーズ)
2017-07-16 15:12:12
日本で高級な保養地というと、軽井沢しか思い出せませんでした。
きっともっと素敵な温泉街があるんでしょうけど、高いものには縁の無い暮らしに無知が加わって、全く浮かんできません。

イギリスのスパは、水着着用なんでしょうか?
素っ裸で入るのは日本ぐらいと聞いたことがあります。

観光地はどこも中国人でいっぱいですね。秋葉原も一時期ほどでは無いですが、歩くのが大変なほど中国人がいます。
箱根は案外混ざっていて、中国人、韓国人、東南アジア系、白人がいます。
大阪に行くと、これまた中国人が多いですね。
もはや関西人なのか中国人なのか分かりません。
京都が、お寺に大型バスを乗りつけ違法駐車をする中国人ツアーが問題になってます。

中国人観光客で街が潰れたのも頷けます。
決して観光が悪い訳ではないですが、うまく循環しないと良くない結果になるんですね…。
中国人と日本人と観光地 (江里)
2017-07-16 20:03:56
バースで会った中国人の大半は 礼儀正しく、感じよく、旅慣れてましたよ。英語も堪能。7年前、日本の富士山麓で見た大勢の中国人観光客のマナーの悪さと騒々しさを覚えていますが、今は皆、インターネット等での評判を見て自覚したのではないでしょうか。日本人も 50年まえは海外で評判が 悪かったと聞いています。今は情報が早く、国際社会でのプレッシャーも感じやすくなってるはず。日本人が国際社会になんとか馴染むよりも中国人は格段に 早く適応しているのでは?
まあ、大阪あたりで買い物しまくる観光客は日本人でも中国人でもそれなりの国際感覚なのでは?
コッツウォルズの(一部の)美しい村を形骸化し、観光用の「モデル・ヴィレッジ」におとしめた (住人は出て行き、観光施設で働く従業員は車で遠距離通勤) 原因の大量の観光客は 日本人です。 日本人だけです!
中国人はただの真似っこ、後追い です。日本人が来たがるので地元観光業者と日本の旅行ツアー業者は楽してぼろ儲け、タイアップで濡れ手に粟。昔からの住人は不動産を売って土地成金になってどっかに行っちゃう。マーケティング万全で日本人対応のサービス、物販を手がける大手業者が仕切っています。
それでも行きたがる日本人。中国人は「日本人が行きたがるところだから さぞ良いところなのであろう」と、日本人相手にぼろ儲けするために地盤が整った美しいゴーストタウンに、バカのように送り込まれて来るだけですよ。イギリスでは、日本人も中国人も同じ…日本人のよろこぶものは中国人にもウケる と思われてますから、楽してぼろ儲け は客の国籍が変わっても続くんです。日本人が中国人観光客をバカにして笑うように、日本人もイギリス人にもナメられてます。みんなが行くからと、コッツウォルズが含まれたツアーに参加するのはやめようよ。…って、実はブレクシットでイギリスの農業崩壊…!日本人と中国人の観光客が減ったらコッツウォルズや湖水地方の一部の地域は荒廃するかも。
これを本文に書く勇気はありません。コメント読んでくださった方ありがとう。
関西人って (Chun)
2017-07-16 21:04:07
関東のほうでは評判悪いんだなぁ。
関西人には、ちゃんと関西人と中国人の見分けはつきますよ(笑)関西人はあそこまで利己的ではありません。
声が大きい、という共通点はありますが...

日本人の旅行って長くても1週間。飛行機に乗っている時間を考えたら、イギリスだけでも回り切れないのに、ヨーロッパ周遊までしちゃう。そうすると、それぞれの国に、何か目玉を作ってそこを回るしかないんでしょうね。
たしかにコッツウォルズも湖水地方もよかったけど、湖水地方のピーターラビット巡りなんかよりも、歩くほうが断然楽しかったし、コッツウォルズも生活感のないきれいな村よりも、ちゃんと市場があるような普通の町のほうが楽しかった。
そういう楽しみ方ができただけでも、イギリスに住んだ価値はあったなぁと思います。
Unknown (T子)
2017-07-17 15:59:12
おぉ~懐かしいバースの街。
もう18年前のことですが、バースの語学学校に短期留学したことがあります。と言ってもたったの4週間ですが、主婦である私にとっては思い切った決断でした。
50代の私が、20代の現役学生に交じって、楽しんだり自信喪失したり、ホームステイでは退職者御夫婦にお世話になり、イギリスの庶民生活を味わわせてもらい、私の人生の大きな出来事になりました。

日本では、イギリスというとイングリッシュ・ガーデンやアフタヌーン・ティー、コッツウォルズや湖水地方ばかり。「イギリスは食べ物が不味いんでしょ?」と行った事もない人が言う。
私のホスト・マザーは料理上手で、4週間の滞在中、ほぼ毎日違う料理を出してくれ、質素ながらもどれも美味しかった。そんな本当のイギリスを垣間見ることができた思い出深い街です。このシリーズ、楽しみにしています。
関西人 (八幡@やんやーやマクビティーズ)
2017-07-18 02:33:19
いえいえ、評判は悪くないと思います。
むしろ、大阪人なんだから、なんか面白いこと言って!とか無茶ぶりされて大変かもしれません。

関東人からみて、早口でわーっと喋られると分からないんですよ。
テンションも高いですし。

ちなみに姉の旦那さんのご実家は大阪の真ん中辺ですが、皆さん素敵な方たちですよ。
Chunさん、T子さん、八幡くん (江里)
2017-07-18 05:03:49
ちょっと、言いすぎた気がします。

Chunさんのおっしゃるとおり、観光地化したエリア、湖水地方やコッツウォルズにも人の生活のある地域はたくさんあります。むしろ形骸化された日本人の需要を満たすだけのモデル・ヴィレッジのほうが圧倒的少数でしょう。今思えば、学生時代よく歩いた、という夫に連れて行ってもらったコッツウォルズの2つの村は、どちらもぐうぜん観光客を引き寄せる要素を意図的に集合的に設置し、周辺エリアが開発に荒らされないよう制定されたいわゆる、「ハニーポット・ヴィレッジ」だったのかもしれません。日光江戸村のようでした。そこまでやってもやはり、多くの周辺の伝統的なコミュニティーは不動産の高騰により崩壊しつつあるらしいのですが、時間に余裕のある人がちょっと足をのばして垣間見る、イギリスの田舎のありのままの生活がちゃんと存在します。
そう、Chunさんのおっしゃるとおり日本人は短時間にとてつもない距離を回るパック旅行で来る人が多いんですよね。あらかじめ決められたところだけ見て満足せざるを得ないのが現状です。それで皆さん 実際、満足されているので、何も悪いところはないんです。絵のように美しい景色を記憶に帰国してもらえれば、イギリスに永住している私も大満足です。
ある程度の期間を一定の場所で滞在されるT子さん、イギリスに2年間住むチャンスに恵まれたChunさんはラッキーです。日本人の定番観光エリアを訪ね、なおかつほかの日本人観光客の手つかずのみどころをご自分で見つけて楽しむことができたのが。

T子さん、バースに4週間も滞在されたなんて、うらやましいです。50代の海外滞在では若い時よりもあらゆる体験を深く堪能できたはずです。駆け足のバース旅行記、アドヴァイスをお願いします。

今日の日本時間の朝に更新できるよう予約したつもりが、不備があって出てませんでした。朝起きて気がついた時は日本ではもう午後おそく・・。出している時間が短くなるのであすに繰り越しです。
書くことがいっぱいあるので、毎日更新を決意したのに、早くも挫折!

ええっと、八幡君、だれも 「関西人の評判は関東では 悪い」なんて言ってないと思うけど・・・。あれ、「関東で評判悪いのは、中国人観光客」?
関西人にも中国人にもいい人もいれば嫌な人もいますよ~。確かにどっちも声が大きい印象が・・・。
私が日本に帰国した時 見かけた大勢のマナーの悪い中国人観光客は、50年ぐらい前に日本が世界中に送り出して大ヒンシュクだったという、ノーキョーのおっちゃんたちみたいな集まりだったのかも。並ばないで割り込む、なんてのはもしかしたら固有の文化かもしれませんが、今は中国人も海外では気を付けてるのでは?バースで私が接した中国人は狭い場所を譲り合ったり、お店のドアをあけてくれたり、日本で見る日本人よりマナーのいい人がおおかったですよ。写真を撮ってあげたカップルは「サンキュッ、サンキュッ!グ~、グ~!」の他に手拝みまでしてくれてとても礼儀正しかったです。
気を使わせてすみません (Chun)
2017-07-19 14:03:49
すみません。関西人の評判が悪い、は、私の個人的な感覚です。
テレビでよく言われてます。
関西人は、テレビのインタビューがくると、張り切ってしゃべりすぎるのだと思います。ほかの地方の人が思う関西人像を演じてしまう(演じてはいないな。デフォルメしてしまいます)。
でも、関西で暮らしていると、必ず話にオチを求められます。オチのない長い話はものすごく嫌われます。うまくオチなかったときは、「で?」と聞かれます。それはしんどい。
それと、よそにいくとさびしかったりこわかったりで、鎧を着るためにいつも以上にきつめの関西弁を話します。東京で大きな関西弁が聞こえてきたら、「ああ、こわいんやな」と温かく見守ってください。

やっぱり日本人って、オリンピックを開催するには外国人に慣れてないのかも。いちいち、自分たちと違うことが目につきます。
欧米の人よりも、見た目が自分たちに近い中国や韓国の人たちが自分たちと違う感覚を持っていることに過剰に反応しているのかもしれません。
あれれ (江里)
2017-07-19 18:19:56
Chunさんと八幡君の問答が理解できなかった。あの、関東には関西人に対する批判があるってことなんですね。批判といっても 「しょうがないな~」という苦笑い程度の・・・。いろいろなところで育ち、大学は東京、実家は千葉ですが私も親代々関西人、違いはなんとなく感じています。Chunさんの洞察には感心しました。なるほど。ただ、私は日本国内コスモポリタンでしたので、関西に行ったり、父と話す時は関西弁、日本での生活基盤を築きつつあった東京では標準語、と使い分けていましたので、関西人の東京へ行った時の孤独、孤高の精神 (Englishman in New Yorkですね。)など感じたことはありません。根無し草感覚はいつもありました。
ところで、日本人の中国人観光客非難はどうも定着しているようですね。観光客だけではないですね。韓国、朝鮮人も何かといわれているようです。Chunさんのおっしゃるとおり、自分たちと見た目が変わらない「半身内」である中国人韓国人のちょっとした心無いふるまいに過剰に反応しているようです。
かすかに、欧米人の目を意識しているのも感じられるのですがどうでしょうか。
人のふり見て我がふりなおせ、ですよ。

ところで、オリンピック競技場のデザイン問題でもめていた時は、「オリンピックなんていらない」論が盛り上がっていたようですが、この頃はそうではないんですか。おもてなしでわくわく盛り上がって、どうせやるんなら力を合わせて世界中に日本の素晴らしさをアッピールしよう!ムードになっちゃってませんか。一般人はどう思っているのかしりたいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。