イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Stockport》

ストックポートから日替わりでお送りする、イギリス生活のあれこれ。ストックポートってどこ?まずは本文をお読みください。

マクビティーズの勝訴、裁判沙汰にまでなったケーキか否か論争、晴れて認定、ビスケットサイズのケーキ、ジャファ・ケーキ

2017-05-19 09:00:00 | イギリスのおやつとデザート
昨日に引き続き、イギリスで昔から大人気のビスケット/ケーキの話題です。

ジャファ・ケーキ Jaffa cakes



やはり、元祖の製造元は、マクビティーズ Mac Vitie's。


イスラエル原産のオレンジの品種からつけた名前。
ロゴがオレンジの皮文字です!

マクビティーズが1927年に開発したお菓子ですが、これもやはり登録商標ではなく、一般名です。

すべての大手スーパー、多くの製菓会社や町のパン屋が、「ジャファ・ケーキ」を名乗る同サイズ、同レシピのお菓子を作っています。

スポンジケーキ、オレンジゼリー、チョコレートからなる3層の、製造元によれば、「ケーキ」。

「ケーキ」の名を冠んしているにもかかわらず、巷ではケーキかビスケットか、長いこと、論争の的だったそうです。

1991年に、裁判所で判定が下りました。
元祖製造元のマクビティーズの主張が通って、ジャファ・ケーキはケーキの認定を受けました。

チョコレートがかかっているビスケットに課税されるVAT (Value Add Tax 付加価値税)の、対象外となったのです。
チョコレートがかかっていても、ケーキは課税されません。


VATは日本語では「消費税」と訳されているはずですが、日本の一律課税の消費税とはちょっと違って、システムと対象品目、サービスが複雑に分類されていてややこしい。


子供服や育児用品、介護用品が課税されないのは納得ですが、チョコレートのかかったビスケットが課税対象なのに、チョコレートのかかったケーキは非課税なのにはなにか理由があるのか・・・?わかりません。とにかくややこしい。

VATのスタンダード・レートは現在20%。ほとんどの品目、サービスが対象です。
基本的には福祉、衛生、育児に関する製品、サービスと、生活必需品が対象外なんです。

以上の品目も、ものによっては定義があいまいで疑問視されることもあるようなのですが、公的な論争にまで発展することはあまりありません。

とにかく、ジャファ・ケーキには今でも消費税がかかっていないのでした!

「ビスケットのサイズで、パッケージもビスケットと同じ、ビスケット売り場に売られている、食べるのにフォークもスプーンもいらないから、ジャファ・ケーキはビスケットである」というのが税務当局の主張。

マクビティー側は、ケーキの製法である説で攻めました。納得です。
決め手の論拠の一つに、「ビスケットは古くなるとやわらかくなるが、ジャファ・ケーキは固くなる。だからケーキである」というのがありました。

サイズがビスケットでも・・・


スポンジ・ケーキがベースです!


ケーキにマーマレードとチョコレートを塗りたくった味です。
苦めのマーマレード。


きのうの、ダイジェスティブ・ビスケットの話題で使ったのと、同じ写真です。マクビティーズのストックポート工場。


ジャファ・ケーキは、すべてこのストックポート工場で生産されています。

15年ほど前、「もうすぐ、あなたのそばまで行きますよ~」といった意味のセリフをつぶやく手脚の生えたジャファ・ケーキの漫画(ゆるキャラ?)をプリントした不気味な横断幕が工場の外壁にかかっていたのを、マンチェスター、ストックポート間のバスの窓からいつも目にしていました。
いつの間にか取り下ろされました。

うちの上の息子はジャファ・ケーキが大好きでした。
ジャファ・ケーキをつくっている工場に親子でいつも親しみを感じていました。

時間によると、ビスケットの焼ける甘い匂いが遠くまで漂っています。



↓↓↓画像をクリックしてください。はい、ありがとう。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 消化を助ける!そんなわけな... | トップ | 今回は、食べた!全身日焼け... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大好物でした! (八幡@やんやーやマクビティーズ)
2017-05-19 16:08:45
この、ビスケットにオレンジマーマレードが乗り、盛り上がってる上にチョコレートコーティングしてあるお菓子は大好物でした。
しかし、この記憶も小学生くらいのもの。
今はスーパーでも見かけませんね。
たまには食べたいのですが…。
Unknown (T子)
2017-05-20 09:41:07
テーマがちょっとずれますが、私は日本の消費税のかけ方については不満なんです。何にでも一律に消費税っていうのが。
お米も野菜も、本も映画も、果ては車椅子やおむつまでも・・・。政府や役人は複雑すぎて無理だとか言って、延ばし延ばししているようですが、イギリス人ができて、細かいの得意な日本人ができないわけはない。
それに、導入時の約束だった「福祉税になる」というのは何処へ行っちゃったんでしょうか?といつも思っているんですよ。
えっ? (kakowaka)
2017-05-20 12:09:32
えっ??
いつ食べたの?
記憶ない・・・。
いつの間にかコメントが (江里)
2017-05-20 18:37:52
八幡君の言っている」、ビスケット、確かに確かに、私も日本で食べた記憶があります。高校時代。実は忘れていました。いてもたってもいられなくて、「ジャファケーキと日本語でグーグルしてみたら、判明!!ロッテの「マザービスケット、ジャフィー」という名のそっくり同じものが1978年に発売されていました!八幡君お見事!やんやーやマクビティという新筆名、いいですね。それにしても、やんやーやって、日本の民謡の掛け声みたいなフレーズ、何なの?
ジャフィーは復活を希望している人多数の、販売停止になって久しい製品です。「奥様は魔女」のエリザベス・モンゴメリーが宣伝してたんでした。今、ビデオを見ると日本語吹き替えしてるのがお笑い。

消費税に関しては、もうちょっとちゃんと書くべきでした。本文にちょっと書きたします。基本的には、福祉、衛生、育児関係と生活必需品が無税のはずなのですが、線引きがあいまいです。マクビティーのケーキ論争はお笑いですが、なぜなぜ論を盛り上げたようです。
私の留学時代、生理用品は無税のはずなのに、タンポンが課税されていて、女子学生が撤廃を求めて署名運動をしていました。私も、どうでもいいと思ったけど勢いで署名しました。私の同居人はマーガレット・サッチャーに直訴手紙まで書いてました。返事が来たと思います。いまでは低い率の課税対象だと思います。調べてそのうち記事に書きます。
そう、いろいろ面倒なんですよ、品目別課税。
一律にしたほうが政府は絶対、楽ですよね。
使い道については徹底議論するべきです。イギリスで不満の声が聞かれない理由は福祉目的で年々使い道が公表されてるから。
ジャファケーキ (八幡@やんやーやマクビティーズ)
2017-05-20 23:32:45
アマゾンで英国製 マクビティ・ジャファケーキが買えました。
1080円でした。
アマゾンで (江里)
2017-05-20 23:57:15
八幡君、買ったの?1080円?あああ、ダイジェスティブ・ビスケットの記事のコメント欄で書いた2800円はよく見たら24個いりでした。訂正。
工場直送だそうですね。
ストックポート製です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。