新世界より

2017-04-25 17:50:30 | Book
貴志祐介はデビュー直後に「黒い家」「天使の囀り」と読んで、あまり面白くなかったためその後は読んでいなかった。
たまたま、図書館で「新世界より」を借りて読んだところ、これは日本のSF史に残る作品だと感じるほど面白かった。
一見、日本の古い農村社会じみた社会の正体が明かされる上巻、平和な世界が壊れていく中巻、怒涛のクライマックスの下巻と、張られた伏線を回収する後日談が、巧みなストーリー描写でSFらしい哲学的テーマを交えながら語られていく。
ネビュラ賞やヒューゴー賞受賞作品と同等のレベルで、海外でも十分通じる。

新世界より(上) (講談社文庫)
新世界より(上) (講談社文庫)貴志 祐介

講談社 2011-01-14
売り上げランキング : 12087


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グレートウォール | トップ | イップ・マン 継承 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Book」カテゴリの最新記事