帝国の慰安婦 植民地支配と記憶の闘い

2017-05-18 17:33:44 | Book
世の中には人の弱みに付け込む人たちがいる。
拉致問題を利用した慎太郎や、慰安婦問題を利用して歴史を修正する韓国の支援団体や、逆の意味で問題そのものを否定して歴史を修正しようとする日本会議など。
そして、真摯に問題を解決しようとする人たちが、逆に非難され貶められるというのは、いったいどういうことなのか。
真面目な人は、真摯に取り組めばきっと理解されると考えがちだが、そういった人たちも、結局のところ支援者やある程度の政治力がないと、結局のところ、本当に助けるべき人たちを助けられないで終わってしまうのではないか。

帝国の慰安婦 植民地支配と記憶の闘い
帝国の慰安婦 植民地支配と記憶の闘い朴 裕河

朝日新聞出版 2014-11-07
売り上げランキング : 9443


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガーディアンズ・オブ・ギャ... | トップ | スプリット »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む