パピヨン&猫~アリオ&りんご&バジルのブログ~

アリオ&りんご&バジルと一緒に愛車で日本全国?はまだまだですが、お出掛けしたことを紹介しています。

第40回「幸村」10/9

2016-10-14 17:18:37 | 真田丸
遂に、幸村誕生!!!

当初から真田丸幸村の名は出てこないだろうと思っていました。

先日、記事にしたように、今ではすっきりとしています。
幸村の名の登場に(^O^)

やっぱり真田幸村だなぁ(´∀`*)ウフフ

幸村の名がくじ引きで決まるという。
こんな描き方も良かったと思います。

村は九度山村の村。
あまり重大な、気持ちのこもった意味を持たせないような感じで
大助が引いた村、面白い
と採用しましたが、九度山村の人達に感謝の気持ち、世話になった気持ちがあるからこそだと思います。

名を変えてまで大坂に赴こうという決断をするきっかけは、
片時も忘れることなく、源次郎を見続けてきたきりの言葉でした。

源次郎自身、解っていても、
一番近くにいて一番見ていて一番の理解者のきりから言ってもらったことで
背中を押してもらったのでしょう。

気持ちが固まると太閤殿下の呼び鈴の音が聞こえ
今までの事が走馬灯のように思い出され
そのすべてが、秀頼の下で家康を倒すことに結びついていたんだなぁと。
回想には出てこなかった場面でも、すべてはそこに、というところがいくつもありました。

真田幸村の運命は、
定説・一般的には、家康を追い詰めるが志叶わず最期を迎える
ということになっていますが、三谷幸喜氏の場合はどうなるでしょうか?

きり佐助も最期を迎えてしまうのでしょうか?

話がここまで来ると、史実(それ自体疑わしいと思うけど)どうとかこうとか関係なくなっています。
希望的観測も含めて、
花の様なる秀頼様を、
鬼の様なる真田が連れて
退きも退いたり加護島(鹿児島)へ

京で流行したわらべ歌のように・・・。

なんて思ったりします。

次回より最終章。
大坂の陣編が楽しみです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年2度目の大阪10/9 | トップ | フリマ10/10 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL