Simplex's Memo

鉄道と本の話題を中心に、気の向くまま綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

樽見鉄道にやってきた元・神岡鉄道の除雪車。

2006-11-26 05:53:23 | 鉄道(地方・専用線など)
両界山横蔵寺からの帰り道。
時間があったので樽見鉄道本巣駅に寄った。

駅構内には役目を終えた車輌が留置されていた。
これらについては別の機会に譲るとして、「うすずみファンタジア号」の廃車体の前に見慣れぬ除雪車が留置されていた。


よく見ると、今月末で廃止となる神岡鉄道の塗装。
という訳だから、入線してまだ日が浅いのだろう。
これが先日紹介した樽見鉄道の再生計画で購入計画が出ていた「除雪車」だった。

その除雪車を少し観察してみる。

何しろ実車を見たのは昨年の現地訪問の時だけ。
しかも、神岡鉱山前駅のホームから遠く離れた検収庫内にいるのを遠目に見ただけだから、実車全体のフォルムを見るのは今回が初めてになる。

再生計画に関する記事では「ラッセル車」と表現されていたが、この除雪車DB1を紹介した種々の資料では「ロータリー車」となっている。
普通両者を間違えようがないので、何か原因があるのだろう・・・と思って反対側に回ってみると疑問は一発で解けた。

反対側にはラッセルヘッドが装備されている。
なるほど、知らない人がこれを見たらどちらでも解釈できる訳である。

それでは銘板の標記はどうなっているのだろう・・・と陸橋を渡って反対側へ回る。
DB1のキャブの下側、銘板を見る。

「ニイガタ軌道モータカー」の下に小さく(ロータリー装置付)とあった。
やはり「ロータリー車」ということになる。

メーカー側の形式はMCR-4A。
両端の除雪装置を外してしまえば、よく見かける「機械」扱いのモーターカーそのもの。
これを神岡鉄道は車籍に入れて「車両」として使っていたが、樽見鉄道でも「車両」になれるのだろうか。
そして、塗装は改められるのだろうか。
見ていて興味が尽きなかった。

神岡鉄道の車両の内、廃止後の働き口を一両だけ見つけたDB1。
新天地での活躍に期待したい(任務上、あまり出番はないと思われるが)。

追記:
今回は11月10日付けの記事に寄せられた情報提供に基づいて訪問してきました。
「名無し」の方からの情報提供だったのが少々残念な所ではありますが、ここにお礼申し上げます。
ただ、次からはHNで構いませんので、記名の上コメントをお寄せ頂ければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 両界山横蔵寺の紅葉を見に行く。 | トップ | かつての専用線は解体線へ。 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私がそのときの情報提供者です (EF58)
2006-11-29 22:57:17
どうも、私が11月10日の記事に情報提供コメントをした者です。
実を言いますと、この情報は「2ちゃんねる」から仕入れて、岐阜県三セク鉄道三社の再生計画について書かれていた、貴殿のブログに除雪車購入の情報を書きこんだものです。
これからよろしくお願いたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
神岡鉄道 (怠け者のどん底日記)
 岐阜の神岡鉄道が30日で廃止になり、最後の日曜日ということで多くの鉄道ファンがその姿を一目見ようと大勢で訪れているようだ。やはり、地元の住民は冷めた目で見ているのであろう。廃止が惜しいのであればなぜこのように廃止間際に大勢で押しかける必要があろ ...
神岡鉄道の除雪車、新天地で再起 (金名線)
廃止となった(復活計画中ですが)神岡鉄道で使用されていた除雪車が、樽見鉄道で初の試運転を行ったそうです。