Simplex's Memo

鉄道と本の話題を中心に、気の向くまま綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高千穂鉄道復旧費の見積が出る。

2005-11-02 22:57:48 | 鉄道(地方・専用線など)
台風14号がもたらした大災害で全線運休中の高千穂鉄道。
今日の毎日新聞にその復旧費見積が出た旨が掲載されているのを見る。

記事の要旨は次のとおり。
○高千穂鉄道の復旧費を試算していたJR九州コンサルタンツは同社に見積書を提出した。復旧費は総額で100億円以下になる見込み。
○JR九州コンサルタンツは災害現場を調査し、過去のJRの災害復旧事例における工事費を参考に復旧額を算出した。
○高千穂鉄道全線にある103カ所の橋梁の内、崩落した第1五ケ瀬川鉄橋(約239m)と第2五ケ瀬川鉄橋(約163m)以外は使用可能としている。
○高千穂鉄道では7日の取締役会で今回提出された見積書の内容を検討し、11日の株主総会で公表する予定。

遂に、復旧費の見積もりが出た。
それにしても「100億円」を下回る金額と言われても、今ひとつ実感が湧いてこない。
この金額から安くなるとはいえ、それでも途方もない金額であることに変わりはない。

ただ、この点については以前に触れたように、専門家に復旧費の算出を依頼して、その結果を存続の判断材料にする事は確認されていたから、スケジュール通りではある。

かくして、高千穂鉄道の存続に関する判断材料が出た。
後は、株主総会でこの数値がどう受け止められるかが次の問題となってくる。

その上で、全線廃止か、最近強くなってきた部分復旧か、はたまた全線復旧かが決まっていく事になる。

理想論としては「全線復旧」という事になるが、莫大な復旧費に見合う経済効果が得られるかという点で現実味は薄いと見る。
費用がかからず、「高千穂鉄橋を行くトロッコ列車」という観光資源をムダにしない案としては被害が少ない高千穂・日之影温泉間の部分復旧という事になるが、次の点が気にかかる。

(懸念1)
日之影温泉・延岡間が廃止される事で日之影温泉への鉄道アクセスはなくなる。
以前、DMVに関連した記事を書いた時に「既存のJR(私鉄)と接続しなくなった鉄道の寿命は長くない」という旨を書いた事があるが、その点をどのように考えるのか。
幸いな事にDMVの実用化のメドは立ちつつあるので、既存車両の更新を兼ねてDMVを導入し、バス・鉄道間で乗り換える必要がない移動を実現するのも選択肢としてあり得る。
しかし、宮崎交通の路線バスとの調整やマイクロバスの輸送力しかないDMVの欠点をどう補うか検討が必要になる。

そして、個人的にはもう一つの問題の方がある意味難しいと感じている。
(懸念2)
日之影温泉・延岡間を廃止する事で線路が無くなる延岡市・北方町は高千穂鉄道へ出資する意義を失う。その事による沿線自治体の足並みが乱れる可能性があること、そしてこの案だと日之影町・高千穂町の二町の間しか線路が残らないため、「広域的な足」としての線路を維持するという名目は成り立ちにくくなる(仮にDMVが走るとしても)。
その結果、企業規模が現在より小さくなる可能性もあり、災害等への対応は現在よりも難しくなる可能性がある。

全線復旧には100億円以下とはいえ、莫大な資金が必要。
しかも高千穂鉄道単独で負担する能力はないため、公金の投入が前提となる。これに加えて復旧までに2年以上の年月が必要になる。

部分復旧だと日豊本線との繋がりが消える上に、政治的な問題も生じかねない。

全線廃止だと観光資源としての高千穂鉄橋をみすみす放棄する事になり、地域振興に大きなマイナスとなる。
また、これまで鉄道を利用していた客を代替バスへ移行させるという大課題が待っている。
そして、廃止になった鉄道は「列車が走らなくなったからOK」という訳にはいかない。
不要となった資産の撤去が必要になる。
今回の事例の場合、高千穂鉄橋を初めとする施設の撤去に莫大な費用がかかる事を忘れてはならない。
これらに要する費用についても、高千穂鉄道単独では負担できない可能性が高い。

復旧に向けて進んだとしても困難が待ち受け、廃止してもまた困難が待ち受ける。
思いつくままに気になる点を書き出してみたが、どの案を選んでも難しい点が見つかる。
楽観視できない材料が出た(誰もが予想していただろうが)今、11日に開催されるという株主総会ではどのような議論がなされるのだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 客車列車が発着していた、15... | トップ | 桃花台線、廃止の可能性も。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まずは部分復旧から (にしじん)
2005-11-06 14:13:51
 全線復旧の可能性を残しつつ、

まずは、部分復旧から。



 営業再開して、どの程度、利用されるかで、

部分復旧で終わるのか、全線復旧への道が

開けるのかを決めればいいと思います。

 廃止という方向が出ないことだけを祈ります。



Re:まずは部分復旧から (Simplex)
2005-11-11 23:14:56
にしじんさん、はじめまして。



廃止するにしても存続するにしても問題が出てくるのであれば、少しでも前向きな「部分復旧」の方が良いと思っています。



今日、高千穂鉄道の株主総会が開催されている筈です。

その場でどんな議論がなされているか、このコメントを書いている時点で知る術はありません。



ただ、にしじんさんの仰るように、「廃止」という方向が出ないこと、今後に繋がる議論がされる事を願って止みません。

コメントを投稿

鉄道(地方・専用線など)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
高千穂鉄道復旧は成るか?Part2 (鉄路的部落)
前の記事で思い切り脱線しちゃいました^_^;。しかし高千穂線のうちの旧日之影線部