Simplex's Memo

鉄道と本の話題を中心に、気の向くまま綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

桃花台新交通「ありがとう列車」を撮る。

2006-10-01 06:30:45 | 鉄道(地方・専用線など)
昨日でその役割を終えた桃花台線。
いつもの閑散ぶりはどこへやら、どこへ行っても賑わっていた。
その最後を飾るべく午後3時代から「ありがとう列車」の運転が始まった。

ただ、この「ありがとう列車」が廃止記念式典に使用された関係上、実際は午後2時40分発の小牧行から運転に入っていた。
このため、陸橋に鈴なりになっていたファンの多くが突然の出現に大あわてする一幕もあった。

この列車を撮り慣れた桃花台センター駅近くの陸橋から撮ってみた。

同じアングルで撮るのにも飽きたので、桃花台センター駅をバックに給水塔とタンクを入れて撮ってみた。
桃花台センター駅の歩道橋からカメラを向けている人は結構いた。
ちょうど自分がいる場所からは正対する格好になる。

「ありがとう列車」に使用されたのは112F。
この種の列車に使われるのはトップナンバーであることが多いが、何故だろうかと思う。

小牧へ向かった「ありがとう列車」が折り返してきた。

この列車が桃花台東に着くとホームページの告知どおりの運行になる。
午後3時16分発の小牧行を皮切りに桃花台東着23時55分まで運転される予定になっている。

桃花台センター駅への短いトンネルに入る前、短く汽笛が鳴る。
甲高い汽笛を聞くのも今回が最初で最後。


この時は駅舎全体を入れて撮ってみた。
電車はトンネルに吸い込まれていった。
反対側には小牧行が既に入線している。
なお、ヘッドマークは先頭車両にのみ装着され、最後尾の車両にはついていないから普通の電車と変わらない。

今回、「ありがとう列車」を一往復撮ったら帰ろうと思っていた。
それがもう一往復撮れたから申し分なし。

最後は一番撮り慣れたアングルで撮って締めくくりとした。
そして、カメラマンの多くは仕事が終わったという風情で三々五々散り始めた。

最終日にこの種の列車を走らせることは往々にしてある。
しかし、普通は始発から最終まで走らせることが多いと思っていただけに、今回のように午後遅くから走らせ始めるというケースは珍しいような気がする。
利用者や沿線住民への「惜別」というより記念式典に合わせたのではないか、と思わせてしまう所が、何とも辛い。
今回は「ありがとう列車」に焦点を絞ってみたが、最終日の様子について幾つか書き残していることがある。
結局、撮影に熱中するあまり桃花台センター駅と桃花台東駅を往復しただけだったが、その時の様子を思い出しながらのんびり書いてみたいと思っている。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 足慣らし中の313系5000番台。 | トップ | 鹿島鉄道の存廃、「10月中」... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (栃木路快速)
2006-10-01 08:47:27
私は最終日の列車に乗車することができませんでしたが、2つの記事から、桃花台線の最終日の様子を知ることができました。書き残しているという記事、楽しみにしています。



ありがとうヘッドマークを飾った「桃キャラ」、優先席やドアなどに使われていたものですね。個人的には結構好きなキャラクターで、このまま埋もれていくのが残念です・・・。
今日からシーンです。 (小牧のフジさん)
2006-10-01 10:11:57
Tbありがとうございます。

今日から当然、走っていません。

なにか桃花台全体がシーンとしているような。

愛知は中日の勝利で元気がいいのに。

天気も雨が降っています。

さびしい1日になりそうです。

廃止から半日経過した後の雑感。 (Simplex)
2006-10-01 13:39:13
栃木路快速さん、小牧のフジさん、コメントありがとうございます。



昨日で桃花台線の電車が永遠に止まりました。

一夜明ければ、電車の来ない高架、駅といった施設が残っています。

そして、今日は雨が降っていて寂しさに拍車をかけています。



車両ですらあまり記憶にない所に持ってきて、車体に貼られていたステッカーやキャラクターはもっと早く忘れ去られる可能性があります。そういった面にも触れてみたいと思っています。

鉄道雑誌などでは目を向けないコトを書いてみるのもまた楽しいものですが、如何せん腕が追いつかないもので・・・。
ありがとうございました (レイ)
2006-10-01 21:06:38
トラックバックありがとうございました。





雨が降っていて寂しさに拍車をかける・・・自分もそう思いました

桃花台にピーチライナーが走ってない姿なんて自分には想像できないもので・・・全然実感が無いです。



ここいらではピーチライナーすら知らないひとがおおいです 当たり前ですが・・・元小牧市民としてもっと知ってもらいたかったのは事実ですが・・



そんなこんなでしばらく、憂鬱が続きそうな予感が・・・;
Unknown (カイダ)
2006-10-02 00:26:04
こんばんは。



昨日、桃花台線へ行かれた皆様御疲れ様です。

私は結局一度も乗らずじまいになってしまいましたが…。



桃花台線廃止、と聞いた時は我が耳を疑いました。

平成開業の新交通システムなのになぜ?と云うのが

正直な気持ちであります。



実は昨日、乗りに行くつもりでしたが、>桃花台線。

どうも気乗りしなかったので断念した次第であります。
Unknown (Simplex)
2006-10-02 19:07:54
レイさん、カイダさん、こんばんは。



レイさんのリンク先の記事を拝見させていただきました。

気持ちが素直に伝わってくる文章だったと思います。

廃止されて二日目になりますが、あの喧噪が夢幻のように思えてくるのは自分だけでしょうか。



カイダさんは最終日行かれなかったとのことですが、流石に最後ということもあって地元のファンはもちろん、地元の方が家族連れで乗りに来ていたのが大変印象でした。

感覚的には地元の人の方が多かったです。



そういった意味でいつもの雰囲気とは全く異なる中で終焉を迎えた訳で気乗りがしなかったのも理解できます。



まだおじゃましても良いですか? (かわかわ)
2006-10-05 21:28:10
おじゃまします(長文になりまするがお許しを)。

30日は私も乗車してきました。今までに見たこともない人また人…普段からこんな状態なら廃線にはならなかったろうなと思いましたが…。



当日限定のフリー乗車券は犬山から始発に乗り込み買いに行きましたが、着いたときにはすでに20人以上が並んでいました。どうやら5時30頃にはすでに25人ほど並んでいたようです(微妙な数字)。各絵柄1枚づつ購入しましたが、枚数が少ないため1人限定5枚とのこと(それでも大盤振る舞い過ぎると言う意見も)。5枚とか10枚欲しいと言って断られている人もちらほら…。



実は最終日に是非やって欲しい企画がありました。それはあのループ上の乗車です。あそこからの眺めはまた格別なものがありそうです。



ところが、それを実際にやってしまったバカップルが居ましてね…。東駅で普通は降車ホームから降りますよね。車両は運転手のみが乗車してループを回るんですが、乗車ホームに入ったとき先頭車両左側最前列より2列目あたりにすでにカップルの姿が(バツが悪そうに)…。先頭乗車口で待っていた家族連れ(おそらく車両を1本見送って先頭をキープ、最前列でベストショットを狙う予定だったのでしょう)は唖然としていました。運転手も係員も警備員もだれも止めなかったのか?、気づかなかったのか?、あきらめたのか?…しかしある意味羨ましい…。
Re:まだおじゃましても良いですか? (Simplex)
2006-10-06 06:13:22
>かわかわさん



廃止から今日で6日目の朝になりましたが、もちろん大歓迎です。どんどんコメントしてください。

いつもと変わらぬひっそりとした最終日を期待していた身としてはあまりの混雑ぶりにしばし呆然としていました。仰るようにいつも多くの人が乗っていれば「廃止」という事態は避けられたのに・・・と思ったのは同じです。



件のフリー乗車券は犬山で買われたとのことですが、いきなり「枚数規制」が出ていたのですか。

自分が買った桃花台センター駅ではそんなコトもなく、順調に両方の絵柄を買うことができました。

こちらは桃花台ニュータウンの人が多かったこともあって無茶な注文を出す人もなく、絵柄違いで二枚という人が多かったようです。



>最終日に是非やって欲しい企画がありました。それはあのループ上の乗車



同じようなことを思っていましたが、流石にそれは無理だろうと思ってコメントを拝見していますと、ドサクサに紛れて実行してしまった人がいたんですか。

警備員は何やっていたんだ、と思う反面で結局見ることがなかったループ線からの景色を独り占めできた訳で、ある意味羨ましくもあります・・・。

一体いつ頃のハプニングだったのでしょうか。

まぁ最終日らしいエピソードと言えばそれまでですが、呆れる話であることは間違いありません。



>長文になりまするがお許しを

とのことですが、管理者個人の見解を書いておくと、内容があって他の皆さんが楽しめるコメントであれば長文でも全然構わない、というのが当方の考え方です。

大変楽しんでコメントを拝見させていただきました。

また遊びに来てください。

お言葉に甘えて… (かわかわ)
2006-10-06 20:12:17
またまた来ました。返信ありがとうございます…

え~と、私のコメントの書き方が悪かったのでしょうか?



>フリー乗車券は犬山で買われたとのことですが…



と書かれていましたが、犬山では売っていません。犬山から始発で小牧駅に向かい、小牧駅で購入しましたと言いたかったのでして…(すいません、別に指摘するつもりではなかったのでお気を悪くなさらぬように)。



その日は2種類の絵柄をそれぞれ1枚づつ購入し、その1枚を使って小牧始発に乗り込み桃花台東へ向かいました。桃花台東で少し散策し一旦小牧駅に戻ってきました。7時半を過ぎたところでしたがまだ並んでいましたね。後からネットで知ったのですが、8時過ぎには完売だったみたいですね。まあ元々の枚数が少なかったから仕方が無いでしょうが。



一旦犬山へ戻り、ありがとう列車と夜景を見るために出直しましたが、実は何時に家を出ようか迷っていました。郵便局が便乗商売で「さよならピーチライナー 記念台紙セット」を発売していたのですが、発売時間が午後3時までと案内されていたので、買える時間に行くか買わないでもう少しゆっくり出るか…と。で、結局買わずにということで3時過ぎに家を出たのですが…小牧駅で…まだしっかり売っていました。5000セットも作ったのに売れ行きがいまいちなんだろうか?と思ったりもしてみて。だって、買う人の列が出来ていませんでしたから。確かに切手自体の絵柄はピーチとは全く関係ないものでしたから。そこから私の心の中に葛藤が始まりまして、「買うほどのものかな~」「まだ売っているのは運命だ」悩むこと30…秒ほどで、結局買ってしまいました~(後でカミさんにブーブー言われましたが)。



先頭車両からの夕日を撮りたかったのですが、そんな時間帯も超ラッシュ。最前列席をキープするどころの騒ぎではありません。1本蹴れば最前列席キープは可能なんですが

日没になってしまうのできっぱり諦めました。それはDVDで楽しみます。もう少し見送って、あたりが暗くなってから、夜景を楽しみながら小牧駅へ向かいました(もちろん最前列席で)。「一度見てください、綺麗ですから」と以前駅員さんに勧められた念願のピーチからの小牧市の夜景、本当に綺麗でしたがもう見られないのが残念です。



ちなみに、あまりにもアホらしくてはっきり覚えてませんが、太陽が夕日に変わる頃よりちょっと前くらい(なんて解りにくい説明なの?!)だったでしょうか、例のバカップルの登場は…。



体力と気力と帰りの心配で最後まで居られませんでしたが、今回のあの盛り上がりはなにかしら不思議な気持でした。それでも今年は桃の花とピーチの写真を撮ることが出来、車両基地の見学も出来てまずまずの思い出が出来たと思っています。良い乗り物なんですがね~。残念!!。
Re:お言葉に甘えて… (Simplex)
2006-10-07 05:11:45
再びのコメント、ありがとうございます。

お待ちしておりました。



・・・と始めたい所ですが、お詫びしておかなければならないことがあります。



「フリー乗車券は犬山で買われた」とのくだりですが、実に単純なタイプミスで、正確には「フリー乗車券は小牧」となります。

「私のコメントの書き方が悪かったのでしょうか?」

とかわかわさんに思わせてしまったこと、大変申し訳なく思います。



私は始発の風景を見たかったので、早朝から桃花台センターからスタート、その後桃花台東に移動しましたが、用事もあったので一時帰宅。

再び「ありがとう列車」を撮るために出てきたのは13時過ぎでした。

桃花台東の駅員さんに「いつ頃車両基地から出てくるの?」と聞いたら「14時過ぎに出てくる」という話だしたので。

同じく「ピーチライナー記念台紙セット」を散々迷った挙げ句買いましたが、結局購入の決めてになったのはオリジナルの消印でした。

これで切手が変わっていれば言うことなし、という所でしょうか。



夕方までいたかったのですが、段々人は増えてくるし、既に乗っていることもあるので「ありがとう列車」を撮った段階で引き揚げることにしました。

言われてみれば夕日を入れて撮ってみれば良かったなと少々後悔しています。

最終日の盛り上がりは廃止路線ならではと言えばミもフタもありませんが、全く関心がなければあんな混み方はしない筈。

そんなことも思ったりしました。







しつこくおじゃまします。 (かわかわ)
2006-10-09 00:48:57
またおじゃましてしまいました…



先日…10月7日(土)は、航空自衛隊小牧基地の航空祭でした。鉄道同様に飛行機好きな私なんですが、航空祭という行事には一度も行ったことが無く、今回が初めてでした。最寄りの駅は小牧線の牛山駅で、基地はそこから歩いてすぐの所です(ちょっとピーチネタから外れてますが)。



牛山駅は小牧駅を出て3つ目になりますが、犬山駅から牛山駅へ向かう途中あれに出くわします。そう、ピーチライナーの高架軌道です。小牧原駅のちょっと手前で大きくカーブして小牧駅まで小牧線と並行します(やっとピーチネタに…)。



今まで何度か小牧線を利用して、そのたびにこの高架軌道を見上げますが、思い返すとピーチに出会った回数ってほとんど無いんです。ピーチ約20分間隔、小牧線約15分間隔で、私が利用する時間は双方うまい具合に?掻い潜ってしまっている様です。だから、たまに出くわすと思わず感動してしまいます。



この7日に見上げた時もピーチを見ることが出来ませんでした。でもそれは今までとは違う理由。そしてもう、あの、「たまに出くわす感動」も無くなってしまいました。残された高架軌道に哀愁を感じたのは私だけでしょうか…。
そういえば・・・。 (Simplex)
2006-10-09 17:09:45
10月7日は小牧基地の航空祭だったのですね。

すっかり忘れていました。



小牧線とピーチライナーの出会いというのは結構難しいもので、自分も小牧原駅で一回見ただけです。

それも犬山方面の電車と小牧原行の電車が併走するのが一回だけ。

しかも一時間に一回だけしか実現しない訳ですから相当難しかったものと思います。



廃止からもう一週間になるのですね。

残された高架や駅、車輌に哀愁を感じるのは私も同じです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
9.17(日)~今日の行程(ピーチライナーに乗りました)【追記あり:普段から乗ってればね。。。】 (ポロと旅する~あさちゃん。と一緒)
【9月いっぱいで廃止になる桃花台ピーチライナー】 10時に名古屋プラザホテルを出て、コンビニで中日スポーツを買って、久屋大通から名城線、上飯田連絡線、名鉄小牧線で小牧に出て、画像の桃花台ピーチライナーを往復。 小牧から高速バスで栄まで、栄から地下 ...
ピーチライナー ありがとう!さようなら! (小牧のフジさんの自由気ままに。)
さよならピーチライナー! 16年間ありがとう!{/face_naki/} ピーチライナーが本日(9月30日)をもって廃止されます。{/kaeru_alone/} 私自身、あまり利用してはいなかったが(少し責任を感じています{/hiyo_shock2/}) 車を運転中などピーチライナーが走 ...
愛知県小牧市  さようなら、ピーチライナー (東愛宕中学校)
さて、第一回の旅記は、僕が年長まで住んでいた愛知県小牧市を綴ります(この記事は30日に書きましたが1日に少し編集しましたご了承ください) 画像うpできてるかしんぱいですが  部活が終わり、祖母と僕は祖父の車にのり可児川駅へ そして13:19発犬山行 ...
ピーチライナー (ヒマ人のつぶやき)
今日で終わりですね。 小牧駅 路線図 小牧原 桃花台東 車庫 3月に乗ったのが最
最終営業日(桃花台線) (桃花台新聞)
9月30日(土)は、「桃花台線(ピーチライナー)」の最終営業日でした。その様子を伝える新聞記事が、多数掲載されていました。 ・愛知・小牧の桃花台線 開業15年、きょう廃止(中日新聞) ・廃線で「ありがとう列車」 愛知の新交通システム(西日本新 ...
最終営業日に、ヘッドマークを付けた車両が運行(桃花台線) (桃花台新聞)
小牧市に関する様々な情報を日々更新しているブログ、「こまき耳より情報」。このブログの記事を読んで知ったのですが、「桃花台線(ピーチライナー)」の最終営業日である9月30日(土)に、「ヘッドマーク」を付けた車両が運行されるそうです。 ・ピーチラ ...
ありがとう列車 を画像やブログから深追い検索! (深追い.com - トレンドなキーワードを深追いします)
トレンドなキーワードを画像やブログ、動画から深追い検索!
桃花台新交通 視察レポート7(まとめ) (tomocky@岡山急行電鉄のブログ)
記事の目次導入編駅・本線編車輌編車両基地編バス編その他編廃止後編まとめ(この記事)視察旅行の所感7月の第1次視察旅行はボーナスを貰った直後ということもあり、金満状態だったのだが、ホテルが取れた時期が金曜日から土曜日に掛けてという時期で、出発がかなり ...