Steve Knightの気ままな日記

趣味の世界、面白いと思ったこと、きれいだなと感じたこと等の記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

印旛沼の落日と逆茜富士

2010-12-04 | Nature

今日はよく晴れて、暖かく気持の良い一日でした。
日中も雲は見当たらなかったので、かなりの期待を持って、夕日の観察ポイントに行ってみたところ、見事な夕日をみることができました。
 
印旛沼の落日
印旛沼北部調整池の周辺に広がる田圃の向こうに沈む夕日
 
 
日没直前
沈む直前の夕日
 
 
茜
夕日が沈んだ場所から右手を見ると、富士山のシルエットが茜色の空に映えていました。
 
こんなきれいな景色を見ることができて、今日はとても良い日になりました。
明日も晴れるかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜の東京タワーはダイヤモンドヴェールだ!

2010-11-13 | City Life
週末の東京タワーは、特別なライトアップ、ダイヤモンドヴェールになります。
20:00~22:00限定のスペシャルイベントです。
先週は寄り道していたら、芝公園に着いたのが22:00をとっくに過ぎてしまい、通常のランドマークライトアップに戻ってしまっていたので、今週は、はずさないように気をつけました。

今月の色は赤のようですが、写真だと白っぽくなってしまいました。

公園の南側、上の広場から見たところです。



いつもの北側の公園にも行ってみました。
プロムナードの街灯の列に彩られたダイヤモンドヴェールです。



やはり東京タワーはどの角度から見ても、どの風景と合わせても美しいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

買占め!

2010-09-30 | Pipe, Cigar & Snuff

明日から煙草税が増税になる。
それに連れて、タバコの販売価格が一斉に引き上げられることになってしまった!
一律、同じ比率で上がるのかと思いきや、値上げ幅はマチマチである。
総じて、パイプタバコは上げ幅が大きく、スナッフ(嗅ぎたばこ)は上げ幅が小さいようだし、葉巻に至っては、千差万別である。
紙巻タバコでも+100円の銘柄もあれば、+120円のもあり、何がどうなっているんだかサッパリわからない。
悲しいことに、僕の愛喫しているパイプタバコは上げ幅が大きいので、財政上かなりの痛手である。
やむなく自己防衛手段として、買い占めておくことにした。
行きつけのタバコ屋さん2軒に電話して、在庫を確保しておいてもらった。
そのラインナップは次の通り。

【パイプタバコ】
・ミロンガ(ドイツ) 100g/缶 ×5缶
・スタッド オードマルスム(オランダ) 40g ×12個
・ボルクムリーフNo.8(スウェーデン) 50g ×12個
・その他4種

【葉巻】
パンター バニラ 5本入り ×5箱

【スナッフ】
・スナッフ18個

占めて4万円以上。一度にこの出費は痛い。



それにしても、これだけ喫煙者を迫害しておきながら、税金はあてにするなんて、ムシが良すぎるぞ!
そもそも、本当に害があるなら、販売するなよ!
正確な害の実体も解っていないくせに、バカヤロー!!!!!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

十五夜

2010-09-22 | 歳時記

今日は中秋の名月、十五夜です。
とは言うものの、日中は35℃を超える残暑で、玉のような汗が流れました。
予報によると夕方から曇って、月は見えないかもしれないとのことだったので心配しましたが、無事、満月を見ることができました。

9/22 18:50 赤坂見附(弁慶堀)

家に帰ってから、一眼レフで撮影しようと思ったら、分厚い雲に隠れて見えなかったので、前日に予行演習で撮った画像を載せます。


(9/21 22:21 自宅の庭 1/2000sec. F6.3 iso-1600 300mm)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大都会の夕暮れ

2010-08-31 | City Life

8月最後の一日、見事な夕焼けを見ることができた。

【レインボーブリッジと夕焼け】



【東京タワー遠景】

同じ場所からやや西寄りの方向には東京タワーが見える。
いつもは間近の芝公園から見ているけれど、離れて見てもきれいなシルエットだと思う!
(露出補正でやや明るめに調整してあります。)


【東京スカイツリー遠景】

さらに北の方には、現在建設中の東京スカイツリーも見えた。
新旧の電波塔の競演である。
両方同時に見られるのは、なかなか面白いなぁ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芝公園オクトーバーフェスト

2010-08-20 | City Life

200年前の1810年から、毎年ドイツのミュンヒェンではオクトーバーフェストという世界一のビール祭りが開催されている。今年は9月18日~10月3日の予定らしい。

この日本版が、ドイツ観光局やバイエルン州駐日代表部等の後援で、日本の各地で開催されているが、8月18日~29日は、港区の芝公園の番である。(8月なのにオクトーバーなのは、この際気にしないこと!)
日本ではなかなかお目にかかれない本場のドイツビールやドイツ料理が楽しめる。
(詳しくは公式HP参照:http://www.oktober-fest.jp/index.html



今日は金曜日の夜だったので、東京タワーはダイヤモンドヴェールになっていた。



会場は、東京タワーの北側の広場に作られた特設会場で、今夜はほぼ満席状態だった。



広場の周りに作られた店でビールや食べ物を購入し、中央のテーブルに陣取って楽しむシステムのようだ。



会場では、ドイツの衣装を身に着けたお姉さんが笑顔で迎えてくれる。
期間はまだ1週間以上あるので、あと何回かは行ってみようと思ってます!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕焼け

2010-08-08 | Nature
久しぶりに夕焼けを見た。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

成田祇園祭り

2010-07-10 | 歳時記

毎年、7月上旬の金、土、日の3日間、成田の旧市街を中心に祇園祭りが盛大に行われる。
子供の頃は、7月7日~9日と決まっていたのだが、ちょっと前から、金~日の3日間になったらしい。

成田の旧市街は、馬の背になっていて、重量何トンもある山車を引いて坂を登ることが多い。特に、最終日の午後には総引きと言って、成田山門前から、仲の町の坂を全ての町内の山車が立て続けに登って行くのはなかなか見応えがある。

今日は、お天気もよかったので、午後からフラフラと見に行ってきた。
薬師堂の前は既に大勢の人で埋まっていたが、なんとか隙間を見つけて写真が撮れる場所を確保!

さっそく山車が上がってくるのでどこの町内かと思ったら、成田山交道会だった。
山車の先頭は、手古舞(てこまい)の少女達が、錫杖をリズミカルに鳴らしながら進んでくる。


山車を引く綱の先頭には、小さな子供達が揃って、掛け声に合わせて力いっぱい引いている。


いよいよ、山車の姿が見えてくる。坂だから、途中で止まるとたいへんなので一気に上るのだが、けっこうスピードが出るので、あっと言う間に上りきってしまった。


間近で見る山車は大きい!よくこんな大きくて重たいものがあの坂を登るもんだと、つくづく感心させられる。



参道の両脇には、屋台の出店がいっぱい!
子供の頃は、これが楽しみだったんだよね!

途中で見かけた、神楽。昔は無かったような気がする・・・・・・



今日はお天気がよかったので、人出も多かったみたい。
明日まで、雨が降らないといいんだけどなぁ!!!!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

七夕祭り

2010-07-07 | 歳時記
東京タワーの足元、芝公園には、徳川家の菩提寺である増上寺がある。
毎年7月7日には盛大に七夕祭りが執り行われる。

今年も七夕当日は朝から雲が広がり、夕方になっても晴れる気配は全くなかった。

夕方、仕事が終わってから、増上寺に行ってみた。
境内には大きな笹飾りが10本以上(もしかしたら20本以上あったかも)飾られていた。この短冊、紙ではなくて、ビニール製で、願い事はマジックペンで書き込むので、雨が降っても大丈夫なのである。早速、僕も祈願料を納めて短冊をもらって、願い事を書き、近くの笹につるした。(何をお願いしたかは、ご想像にお任せします)

【ライトアップされた東京タワーと笹飾り】


【本堂前に飾られたたくさんの笹飾り】


本堂前では、ミニコンサートが催されていて、心地よい調べが流れていた。

それにしても、雲が晴れないので、天の川が見られない。
その点も、ご心配なく。 境内には蝋燭を和紙で包んで何百本も並べて、あたかも天の川が現出したかのようなイルミネーションも用意されているのだ!



【蝋燭の天の川】


今年の七夕も晴れ間には恵まれなかったが、雨は降らなかったので幸いだった。
そして、代わりに地上の天の川が見られたのが、うれしかった。
出来ることなら、また来年も来てみたい催しである。

なお、7月7日は、地球温暖化防止/CO2排出削減キャンペーンのために、東京タワーは七夕ライトダウンと称して、20:00には照明を消しました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨時の採集はたいへんだ!

2010-07-05 | Minerals
先日、所属する同好会のイベントで、採集会があったので参加した。
前日までの天気予報では午前中小雨となっていたが、当日早朝には曇りに変わったので、幸先良しと喜んだ。

朝7:30、新宿駅集合。中央本線特急あずさ3号に乗って、一路茅野へ向かう。
途中、塩山付近から勝沼方向を眺めると、きれいな青空が広がっていた。

【あずさの車窓から見た勝沼方向の景色】


茅野駅には、先発隊と本日案内をしてくれる地元の仲間が集っていた。
それぞれの車に分乗して、目的地の金鶏鉱山跡に向かう。

産地近くの駐車スペースに車を置いて、さぁ出発という時に、雨がパラパラ降ってきた。 あわてて合羽を着込んで、ズリに向かう。


【金鶏鉱山ズリ】


【転石から探す】


【露頭】


採集をはじめてからしばらくすると、だんだん雨がひどくなってきて、とても採集ができるような状況ではなくなってきた。



リュックが濡れないように傘をかぶせて、自分は合羽を着込んで大きな木の根元にじっとしていることおよそ30分。ようやく小降りになってきたので、再開したが、ルーペは曇るし、石は泥をかぶってよく見えないので、案内のUさんとSさんが割ってくれた露頭の一部をもらって帰って宿題とした。

どうにも、梅雨時の天気は判らないもので、帰りの電車からは雲をかぶってはいたが八ヶ岳が見えた。



翌日、同行したTさんからは、セリウムフローレンス石があったと連絡があり、また、Hさんからも自然金が見つかったとの知らせが入ってきた。
僕も今度の休みには、よく洗って、見てみようと思っている。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蒼鷺(アオサギ)の飛翔

2010-07-03 | Bird Watching
ここのところ、Birdwatchingづいている。
前回、小鷺(コサギ)と田鴫(タシギ)を見つけたが、他にもまだいろいろな種類がいるので、暇になると(というか、暇を作って)、カメラを持って近所の田んぼをうろついている。

その成果があって、今日は蒼鷺を見つけた。
よく見ないと、奥のスプリンクラーと見間違えてしまうので注意!

(撮影データ:F/10 1/640sec. ISO-1600 300mm パターン測光 EOS Kiss Digital)

近づいたら逃げてしまった。飛び立つところを撮った。

(撮影データ:F/9 1/500sec. ISO-1600 300mm パターン測光 EOS Kiss Digital)

飛び立ってからも暫くの間、周辺を周回して様子を見ているようだ。
ちょっと鶴のようにも見えるが、間違いなく蒼鷺である。

(撮影データ:F/8 1/500sec. ISO-1600 300mm パターン測光 EOS Kiss Digital)


これは影絵やイラストではありません。れっきとした写真です。
逆光で真っ黒なシルエットになってしまった。飛んでいる時は首を縮めている様子がわかる。

(撮影データ:F/16 1/2000sec. ISO-1600 300mm パターン測光 EOS Kiss Digital)


小鷺もいたので、比較すると、羽の色の違いがよくわかる。大きさは蒼鷺の方がふたまわりくらい大きい。

(撮影データ:F/5.8 1/200sec. ISO-100 80mm 中央部重点測光 Nikon Coolpix S600)


こちらも近づいたら逃げてしまった。やはり野鳥の撮影のためには可動式の迷彩のシェルターが必要かもしれない・・・・・

(撮影データ:F/5.8 1/160sec. ISO-100 80mm 中央部重点測光 Nikon Coolpix S600)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜の首都高速

2010-06-28 | City Life
夜になってから、所用があって西東京市に行ってきた。大学時代にはよくこの辺りを走り回ったものだが、大学卒業以来、本当に久し振りである。それでも道を覚えているもんだなぁ。いささか自分でも驚いた。

夜の首都高速を走ったのも久し振りである。

湾岸線からレインボーブリッジに向かう。この辺りの夜景は、まるで日本じゃないみたい。NYのマンハッタンと言っても信じてしまいそうだ。


【湾岸線下り 新木場付近】 この辺りの夜景は、まるで光の川のようだ。走行車線のテールランプの赤と、対向車線のヘッドライトの白が、流れている。



【湾岸線下り 葛西JCT付近】 葛西臨海公園の大観覧車が見えた。


午前中の公園の緑もなかなかよかったが、たまには、こんな人工的な景色を見るのも悪くない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

成田山公園散策

2010-06-27 | 神社仏閣
夕べの月食は、雨のせいで見られず、残念!けっこう楽しみにしてたのに・・・・・
夜のうちは、けっこう激しく降っていたが、朝起きてみると、雨はあがっていた。

梅雨の休日、雨があがったので、久し振りに成田山公園に行ってみた。

【龍智の池と浮御堂】 公園の一番奥にある池。静かな佇まいを見せている。

【浮御堂】 浮御堂には渡って行ける。池には巨大な鯉や亀が泳いでいる。



【浮御堂から見た龍智の池】 
ちょっとしたパノラマである。
奥のほうに、龍樹の池から流れてくる水が小さな滝になっているのが見える。



【龍樹の池】 別名二ノ池。奥から二番目にある。
池の水面には、周囲の木々の緑が映っていた。



【水琴窟】 
ずっと昔、小動物園と藤棚があったところに、今は書道美術館が出来ている。
その横には水琴窟がある。
水琴窟は、地面に埋めた甕の中に水滴が落ちると反響して不思議な音色を奏でる。



本堂伽藍や古い建造物も良いが、奥の公園は手入れが行き届いており、今の時期は緑が目に鮮やかである。早春の梅、春の桜、秋の紅葉と、四季折々の景色の変化を眺めるのも楽しい。
こういう庭園を見ると、日本文化って素晴らしいなぁとつくづく思ってしまう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の必需品

2010-06-26 | City Life
毎年夏になると、暑くなるので食欲が減退する。
我が家では、夏の休日の昼食は決まってこのメニュー!

ざるうどん with おろし大根

これなら、冷たくて、サッパリしていて、いくらでも入る。
蒸し暑い夏も、これがあれば大丈夫!!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頑張れ、日本代表!

2010-06-25 | City Life
今日は運命の一戦。
予選リーグ突破の最終関門、対デンマーク戦。

東京タワーも応援しているぞ!
いつものダイヤモンドベールとはちょっと違う、青をベースに白をあしらったSamurai Blue バージョンだ!


(撮影データ:2010/06/24 19:35 芝公園 1/6sec. F/3.3 iso-800 Nikon Coolpix S600)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加