「計画人生©」初世代ものかたり The Right Insight leads to the Right Action

120年寿命の「人間」として生まれ…
長年、サルトルまでの哲学は「思考経験」総合分析。今は「科学実証」洞察。

「21世紀の人間に生きている」こと

2017-07-13 09:58:13 | Sapiens
子どもの時、学校で学び読んでいた「国史」や「世界史」は
残念ながら、とても制限されまた飾りも多かった内容であり…、幼かった少女の認識外の、混沌とした領域であった。

しかし、子は必ず大人になり。
自ら探し読み続けられた「人の物語」「社会の事件」「国の出来事」により、少しは「世界」に近づけて分別判断も持つようになったようだ

*

  135億年前、Big Bang                13.5 billion Matter and energy appear.
   45億年前 地球誕生                 4.5 billion Formation of planet Earth.
  38億年前、生命体の台頭               3.8 billion Emergence of organisms.
  6百万年前、チンパンジーと人間の共通祖先        6 million Last common grandmother of humans and chimpanzees.
2百50万年前、ホモ(人)属へ進化、石器の使用      2.5 million Evolution of the genus Homo in Africa. First stone tools.

<The Brief History of Humankind(サピエンス全史)、2014>で、
    38才の著者、Yuval Noah Harari(1976~ )が整理した人類の歴史の始まりである。

       (※これより約37年前、Carl Sagan(1934~96)も 「A Timeline for the Universe(宇宙カレンダー)」を整理したことがある。
         <The Dragons of Eden: Speculations on the Evolution,1977>にて。)
 

 私は、Harariの整理を通じ、

   Big Bang後、地球が誕生するまで、「約100億年」がかかったこと。
   その地球上に生き物が出現するまで、「約10億年」が過ぎ
   その生命体の中、一番勤勉である「人間」が生まれるまでは「約38億年」が、
   そして知力を磨き「ホモ(Homo Sapiens」が誕生するためには、その後また「約3百50万年」に~!

     (※上記のCarl Saganの 「A Timeline for the Universe(宇宙カレンダー)」によると、
      Big Bang以来現在までを、「365日の1年」に比喩し、
      ・モンキー類の兄弟でありながら、世界への好奇心でアフリカを離れる新人類の時間は、たったの「1時間30分の時間」に過ぎないとのこと。
       まして、Homo Sapiensが文字を創り活動してきたのは、「10秒」!)


何事でも、大きな飛躍があるためには
随分「長い年月が必要だということ」を実感する。(私が、「今の私・人間」になるまで、「約11万人のGrandmothers」が生きていたことで…。)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「100年計画人生」の初世代 | トップ | 幼年期―少年期―青年期―中年期... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。