思うままに

あるがままに、思うままに、ゆるゆると時間を過ごしましょう。

普通の人

2017-07-18 | Weblog


最近、新聞やテレビで「発達障害」という言葉をよく耳にします。

先日、新聞の広告で岩波明著「発達障害」が載っていました。
「人との接触が苦手、空気が読めない、同じ失敗を繰り返す、極端なこだわりを持つ・・・。それは発達障害かもしれません」と書いてあります。
私は全部該当します。ひょっとしたら私も発達障害かも知れないと思い、この本を買ってきました。

発達障害のなかでもASD(自閉症スペクトラム障害)やADHD(注意欠如多動性障害)について多く書かれています。
これらの障害は昔からあったのでしょうが、我々が小、中学生の時代は戦後間なしのことで、みんながみんな衣食住に欠乏し、生きていくのが精一杯の時代でした。発達障害という言葉も無ければ、自閉症や注意欠如になっている暇がありませんでした。ただ、出来の良い子と出来の悪い子を区別するしかありません。出来の悪い子が圧倒的に多かったような気がします。

発達障害までいかなくても、特異な分野で才能を発揮する人がいます。たとえば、チャイコフスキーは幼少のころ、初めて聞いた曲を寸分の狂いもなくピアノで再現出来たとか、ベートーベンは楽譜を逆さにして逆からピアノで演奏することが出来たそうです。こういうのは共感覚というそうです。また知能程度は低いものの、特殊な計算能力や記憶力を持つ者もいます。これはサヴァン症候群と言われています。

発達障害と言われても心配する必要はありません。国会議員の暴言や失言を聞いていると、国会や霞が関には「発達障害」の人がたくさんいるようです。また、どうでもいいようなニュースを延々と報道しているマスコミ業界も発達障害の人が大勢います

私も人生を振り返ってみると、明らかに発達障害と思われる出来事が数多くあったように思います。それに上記に書いたような特殊な才能は全くありませんでした。
こういう人のことを何というのでしょうか?
それを「普通の人」といいます。

私の場合は単なる「認知症」かもしれません。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エアバッグの思い出 | トップ | 茶番劇 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たにむらこうせつ)
2017-07-18 17:24:30
どんな障がい者も普通の人です。
私も身体障がい者。
でも普通の人です。
みんなのブログからきました。
Unknown (寝屋川の気楽人)
2017-07-18 22:48:32
みんな同じ人間です。
一人ひとりの神の導きが異なってるだけですよ。
とは言え、難しいもんだいですが!!。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL