Fly Rodder in Europe

日本人駐在員フライフィッシャーのヨーロッパ釣行記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

欧州毛針釣り紀行 最終章

2010-06-28 08:52:24 | Fly Fishing In Germany
6月26日(土)
晴れ時々曇り
気温25度


自分が考えていた赴任よりかなり短くなって帰国が決定した。

そんな時、最終釣行に選んだのは、後々のことを考え、比較的近くで、それなりの釣果が期待でき、今まで釣ったことのない場所ということで、最近良く行っているKyll川。
ただ、ビートはいままで入ったことのない Murlenbach1a。
昨年、悪巧みさんと釣った一つ下のビート。

ブラッセル支部の106さん夫妻との最終釣行である。

ライセンスをいつものホテルでゲットし、Kyll川を下流に向かう。
ホテルの主人の話では、約3キロほどのビートらしい。

全体的に開けた流れの中にフラットな流れ、バイカモの流れ、落差のない瀬が連続する延び延びとフライを振って釣れるフィールドだ。



ライズが少ないもののいろいろなところで反応が良く、とにかく良く釣れた。


川面を乱舞する虫が少ない気がしたので、大好きなグラスホッパーを取り出し、バンク際に流すとこれがまた良く反応し、しかもサイズアップ。ホッパー釣り特有の激しくバシャっと出る。楽しい釣りでたまらなく面白い。



グラスホッパーを旨そうにくわえている


ホッパーに出たからと気を良くし、フライボックスから大型のテレストリアルっぽいフライや、エクステンドボディーのリアルイミテートメイフライ、スティミュレーター、でんでんホッパー等々を試すとこれも反応。
結局はなんでも釣れる。
なんと気楽な釣りだろうか。

フラットな流れをつなぐ瀬


魚の付き場が決まっているのかときおり反応が悪くなるが、しばらくするとまた釣れる。


レインボーも混じる


快調に釣る。3人で釣り上がっているが、何匹釣ったかわからない。
数えるのも面倒、写真を獲るのも意味がない。そんな状況の釣り。


106さん夫妻も快調に楽しそうに釣っている。
条件の良い釣りやすい川とはいえ、一応管釣りではない。

ビートの最後の目印の橋が見えてきたころすでに夜の10時近く。
イブニングのライズも始まりそこかしこで良いライズが繰り返されている。
こんな時間まで釣りをするつもりが無かっただけに、ライトもなくアイにティペットが結べなくなり素直に納竿とした。

わずか2年半の欧州生活の中で、良きキ印たちと出会え、いろんなところでいろんな釣りをすることができた。
修行のOVから始まり、オーストリー、強行軍でいったデンマークのシートラ、近場の癒しの系モンシャウなどなどその内容は濃い。
おそらくこれまでの釣り人生の中で一番濃かった2年半。
やり残したこと、行きたかったところは数々あれどタイムアップとあいなり、良き思い出と7月からは新任地の北九州に上陸。
どんな生活が待っているかははなはだ不明なるも、また楽しんでいけるように精進精進。

これにて欧州版は筆をおくことにします。


















『釣り』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Gerolstein los1Vol.2 | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (悪巧み)
2010-06-28 17:36:10
ついにこの日が来てしまいましたね。いろいろとお世話になりました。

某川にはマダラと呼ばれる丸いパーマークも生息してる(た?)ようです。またヒラ・アジ・手ごろな離島も多いですのでDHでの開拓頑張って下さい。帰省の際は寄ります、近所ですノデ(笑)。
Unknown (スティーリー)
2010-06-28 19:12:12
遂にその日が来ました。
おかげさまで楽しい釣りをすることができました。
北九州で待ってます!
Unknown (コム)
2010-06-28 20:19:14
何はともあれ、お疲れ様でした。
釣りもお仕事も・・・
寂しくなりますが、また日本でご一緒しましょう!
Bozemannの西国の大大名として開拓しておいてください!(笑)。
Unknown (スティーリー)
2010-06-28 20:33:51
コムさん>

ありがとうございます。

西国大大名と改名できるよう精進していきますので、引き続きよろしくお願いします。
Unknown (FJMT)
2010-06-28 20:34:07
っえ、そうだったんですか。
7月とはいきなりですか?

OVだけじゃなくて、シートラとか、渓流も
ご一緒できればと思っていましたが、、、
残念です。
Unknown (スティーリー)
2010-06-28 21:52:58
FJMTさん>

OV以外でもご一緒できればと思っていましたが、本当に残念です。
1ヶ月ほど前に内々で話は聞いていましたが、
確定は最近です。

九州にお越しの節は、是非ご連絡ください。
落ち着いたら釣り場開拓模したいと思います。
Unknown (B)
2010-06-28 22:28:21
さっき帰り際に携帯で見たときは悪巧みさんだけだったので、家に帰ったら早速と思ってましたが既に先を越されました・・・

ともかく、お疲れ様でした。突然のことでちょっと戸惑っていますが、最後、いい釣りで締めくくられたようで何よりです。日本では北九州とのことで距離がありますが秋の北海道などで尾一緒できればと思います。博多湾のシーバスも是非開拓していただけると嬉しいところです。

残りの欧州生活を満喫され、無事にお帰りになるのを楽しみに待っております。

P.S.ちなみに9日(金)の深夜(=10日の午前2時から)東京でシーバスやりますが、横浜に戻っているなどというウルトラC、あったりしませんか?
Unknown (スティーリー)
2010-06-29 01:56:39
Bさん>

急遽帰国になりました。
わずか2年半の任期でした。
しかしながらBさんと出会えて以来の2年半、本当に中身の濃い滞在をさせてもらえました。
感謝感謝です。
まだまだ、釣り残したところは数々ありますが、残念ながらタイムアップということで、これからは北九州市門司区に上陸です。
幸いシーバスをルアーでやっているキ印の部下もいるようですので情報はすぐ集まると思いますのでまた。ただ勤務地は、関門海峡を目前にした門司港なので、まずはそのあたりから。
PS:横浜の自宅にはワンタッチで赴任ですが、残 念ながら1日遅く10日の朝着何です。



スティーリー流西洋毛鉤道 (106&106奥)
2010-06-29 06:04:20
スティーリーさんなくして今の自分の釣り生活はありません。
本当にありがとうございました。
そして、お疲れ様でした。

僕も日本に帰ったら九州遠征に伺います。
ぜひ例の黒くなったシラメに挑戦したいですね。

106奥または妻です。
本当にお世話になりました。
最後の貴重な釣行にもご一緒させていただいて、
最後の最後までいっぱい教えてもらえて感謝しています。
日本に帰ってからも懲りずにご一緒してくださいね。
師匠と魚に会いに九州遠征しますので。
ヨーロッパ生活、お疲れ様でした。


Unknown (スティーリー)
2010-06-29 07:05:28
106&106奥さん>

こちらこそ一緒に付き合ってもらえて楽しい釣りができました。
また、気合いをもらって釣行回数も飛躍的にのびました。
自分だけだったら、ここまで回数は行かなかったかもしれません(笑)。

毛鉤道なんておこがましいですが、まだまだ奥が深い遊びなので末永く楽しんでください。

九州でエノハとお待ちしています。

あら~ (魚屋)
2010-06-30 12:28:39
タイトル見てびっくり!
しかも行先が門司で二度びっくり!!
(当方、小倉っ子)
長らくの駐在生活お疲れ様でした。
落ち着いたら連絡くださいね。
Unknown (スティーリー)
2010-06-30 16:00:42
魚屋さん>

その、あら~です。
急なことなので、拍子抜けしてますが。
小倉っ子でしたか。
みんなからは良いところだと言われています。
でも、住まいは門司港周辺になりそうです。
落ち着いたら連絡しますね。






コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL